DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2006年01月

ドリドリ宇佐美♪

今日も快晴!やや風が吹いています。
今週末は天気も海況もいいですね!

今日は大潮!
ドリフトダイビングを極めるべく、宇佐美へやって参りました。
プールでしっかり練習しましたよ〜♪
今日は実際の環境へ適応させていきます。

まず計画。
今日の潮周り、乗船するボートのタイプ、コース取り。。
押さえどころを確認し、準備開始です!
これからドリフト行ってきま〜す(^O^)/







EN前に潮流の確認。。報告は“強”!(◎_◎;)
風で水面は南へ流れがあるとのこと。
ただいまドリドリ中(@_@)







完璧な浮力調整で潮の流れをつかみます。
ん〜 中はチョロチョロドリくらいかな?
水中ではもちろん、浮上して水面に顔を出してもチームワークは
続きます。そして船への合図。。。
目印やいかに??








上げ潮ですから、午後に期待。
ゴージャスランチプレートを食べながら、2ダイブ目の計画です。

ランチプレート


 

 

 

潜降してすぐ、潮の強さや方向を確認。
ん?微流ですがしっかり流れを捕らえました!
余計な体力を使わないように、潮流に乗りつつ移動開始です♪
南の方向へ後ろから押されるように流れています〜。
見通しが良く広大に広がるエリアを流されながら、途中で
気持ち悪いほどのマアジとネンブツダイの大きな群れに遭遇!
発射!(☆_☆)











無事に船長さんに見つけてもらい、ほっと一息です!

この時期ならではのブルーウォーターダイブ堪能!
遠くで揺れている大きなウミウチワの色までわかっちゃう!
1ダイブでロケーションがグングン変わるドリフトダイブは
このシーズンおススメです(^_-)-☆

透明度20m 水温15度

ダイバーになるぞー&のんびりfun

宇佐美ビーチが初ダイブになるSさん。
ファンダイブで参加のNさんとバデイ。気合充分の2人です。

これから初ダイブ

 

 

 


エントリー・エキジットはコンクリートのスロープ状で移動が楽に
なっています。海は遠浅でなだらかに深くなっていく岩場。
ホンダワラの海藻が海の中に草原を思わせます。
@@でもひっかかると水中拘束になりやすいから気をつけて(^_^;)/

水中の草原みたい。

 

 

 


潜降後落ち着いたら移動開始。浮力をこまめに調整します。

移動

 

 

 


足にたまった空気もくるっとまわってしっかり抜きます。
体制建て直し中

 

 

 

Nさん浅瀬に来たとき浮き気味になっていたのが調整のコツが
わかったそうです。浅瀬の移動もびしっと決めていましたよー。

浅瀬でも浮力調整安定しました!!

 

 

 


イタリアンレストランでパスタランチ注文。もちろん大盛り♪
種類もいろいろ選べて良い感じです。

モッツァレラチーズパスタランチ

 

 

 



充実した2ダイブ。SさんOWDコース1日目無事修了〜
次の海が楽しみですねー。

1日目終ったどー

 

 

 

 

水温:14度 透明度:8M

スキル向上!リールワークの巻&グルメ岩(^_^;)

快晴です!
風もなく穏やかな今日は、岩でリールワークを極めます!

到着後、まず陸上の広いスペースでしっかりと取り扱い練習。

このリール、ダイバーの指標として、はたまた計測器材として、
他の器材と併用して、といろいろなシーンで使える便利グッズです。
ただ使用するからには、他のダイバーへ負担を掛けてしまったり、
環境へダメージを与えるような使用はいけません。
そのためには、使用するダイバーがリールをスムーズに取り扱う
スキルが必要となります。
水中で慌てないように、陸上で伸ばしては巻き、伸ばしては巻き、
繰り返ししっかりと練習です。

ノリノリリールワーク!






しゅっせ〜ん!
練習とはいえ、こんなダイビング日和の今日、やっぱりダイビングは
楽しいっす!FANダイブチームも同行しみんなでトライアングルへEN!



砂を巻き上げないように、ソフトコーラルを潰さないように、他の
ダイバーが絡まないようにトライアングルの鉄柱へ巻いて、内部へ
どんどん入っていきます。
そして、ラインを追い越さないように、リールが絡まないように、
水分を含んだラインをしっかりと巻き上げます。


うっ 美味そう(-_-)






FANチーム、イセエビと格闘中です。。。

ゴージャス!イセエビ!






ランチをはさみ、次はビーチへGO!
のはずが。。。
焚き火周りで暖まっていた漁師の方々からうれすぃ〜差し入れ!
なんと!ゴージャスにもサザエとアワビのつぼ焼きです〜(☆O☆)/

贅沢!サザエ&アワビ三昧!
 






“サザエは1人2個、アワビは1個ずつあるかんな〜”ですって!
もう食べれませんっ(T_T) と言うまで頂いちゃいました。。。
サザエ&アワビSP開催〜(^_^;)







さて、ビーチ。。。
平坦な砂地が続くビーチは、所々にポイントとなる手頃な岩や
石が点在。ラインを伸ばしつつそれらにテンションを掛け
沖へ沖へとぐんぐん進みます。


全部で5つのリールを繋ぎ、広大なビーチエリアを端から端まで堪能♪
道中、ドチザメがピュ〜と横切り、キビナゴ大群に巻かれたり。。。
そんな中でFANチームは祝20DIVEです!
祝20DIVE♪






海いいですよ〜(^O^)/
遠くまでず〜っと見えて最高です!
まだまだあったか〜い(^O^)/(^O^)/











施設にも戻ってログ付け。
急遽開催されたサザエ&アワビSP???の余韻も残る中、
DSからはカニ汁の差し入れです〜(☆O☆)/
アツアツのカニ汁です♪







ビバ!岩♪ (^_-)-☆
うれすぃ〜誤算!
DIVEと海の幸を満喫した岩でした!

透明度18〜20m 水温15度

江之浦:一吉丸で海の幸尽くし

グルメツアー3日目はグルメ&早帰りです。
9時前にエントリー。1本目は右手の岩に沿ってお花畑手前まで
行ってきまーす。

すぐに潜降

 

 

 


Tさん初カメラ。ヒメジの目にピントがぴったりです!!体を安定させる
コツは呼吸法。

Tさん初撮影。ヒメジでーす

 

 

 


アライソコケギンポ発見。慎重に近づいて行きます。

「寄り」が大切

 

 

 


小さな生物を撮る時には、できるだけ近づけてピントが合うものが
ぶれも少なくていいんです。Hさん結構寄れてます。

最短1CMまで寄って撮れます

 

 

 


Hさん撮影〜アライソコケギンポ。あたまのふさふさがかわいい♪

かわいいー。アライソコケギンポ。

 

 

 


砂地にあるドラえもんにたわしが着いていました。
コケが生えてスプラッタぎみになっているのでこすってね!って
ことみたい(^v^)

たわしでごいごし♪

 

 

 


江之浦:一吉丸はテレビでも放映された海の幸処。
落ち着く雰囲気の部屋はごろんとしたらそのまま寝ちゃいそー。
ダイバー向けのランチメニューは味も量も種類も満足のできる
品々ですよ。

マグロの竜田揚げ定食

 

 

 



ちらし寿司

 

 

 

 

平日グルメツアー東伊豆編はもういっぱい状態の食べ尽くしで
無事修了〜。今度は西伊豆編が開催されまーす。

ポイント:江之浦ビーチ 水温:14度 透明度:10M

真鶴のお食事処:魚座(さかなざ)に行こう♪

グルメツアー2日目はビーチで潜って、真鶴港にある
町営の食事処でお食事計画。

良い天気?あったかいー

 

 

 

 

快晴・無風・波なしで海況は良いです。福浦ビーチに潜ります。 
駐車場にはサヨリが干物にされるべく、きれいに並べられて
いました。福浦は猫が多いのですが、こんな無防備で大丈夫
なのかなーとこっちが心配になるくらい・・・。 

ひものしてます

 

 

 



1本目イソギンチャク畑付近までちょっと遠出の計画です。
が、アクシデント発生!!Tさんのライトがなくなっているぅー(v_v;)
サーチ&リカバリーで無事回収出来ました。
*自分のライトが浮くのか沈むのか把握しておくのは大切ですね。

急遽お休みが取れたNさん。午後から合流です。

急遽お休みで参加しました

 

 

 

 

最近岩影にじっとして動かないオハグロベラを見かけます。
寒さも関係しているのかな・・・。
カメラの被写体としては最適な存在で、じっと観察していると
出っ歯が何気にかわいかったりします。

オハグロベラ

 

 

 


Hさん初撮影。水が澄んでいて青がキレイ。モデルのTさんが
泡を吐くタイミングを見てシャッターを押します。
顔の表情が泡で見えなくならずにいいでしょ!

シャッターチャンス

 

 

 


ダイビング終了後は真鶴港にある食事処に移動。
マグロのほほ肉&アジ&大エビの入ったミックスフライ定食、
タイの煮魚定食・大エビフライ定食を頼みましたが、どれも
おいしすぎて無言で完食でした。

海の幸 

 

 

 


ミックスフライ定食

 

 

 

 

ポイント:福浦ビーチ 水温:14度 透明度:15M

網代キムチ鍋リクエストツアー ♪

平日グルメツアー1日目は網代のキムチ鍋。
1本目は水底の砂地に平衡して移動。いつものキッテ根が
ひとまわりもふたまわりも大きく見えます。

緊張&わくわく感が入り混じり〜♪

 

 

 

 

潜降。水面から地形丸見え!

 

 

 


途中キビナゴシャワーがぐるぐる。長い時間囲まれて
ご満悦(^v^) 何日か前にはキビナゴを追ってイナダ
の群れが舞っていたそうです。

キビナゴシャワー

 

 

 


T・Sさんフードデビュー。「フードなくても平気〜」と、
今までなしで潜っていましたが、「つけると暖かさが
ちがーう!」と絶賛。
想像以上に圧迫感が無くてよかったみたいです。

初フード (^v^)

 

 

 


岩の間にムギワラエビ発見!大きさは10CMくらい。
見た目はとちらかというとカニっぽい?


ムギワラエビ10cm

 

 

 


ドリフトポイントの水深25M前後には立派なウミトサカが
多く生息。

ウミトサカ

 

 

 


ダイビング修了〜。船に合図を送って迎えを待ちます。

コースは身になってるよ!!

 

 

 


ダイビング終了後は待ちに待ったダイバーズ定食。
前に来たときに食べたキムチ鍋のあまりのおいしさに
今回はリクエストをして作って頂きました!
具たくさんのキムチ鍋は絶品です!ぜひ食べてみて下さい。

締めくくりは食でしょ。

 

 

 

 

ポイント:.ッテ根 ▲皀鵐ーロックドリフト
水温:14度 透明度:20M〜

本当にいた!ジンベイザメ! セブ視察ツアー ジンベイスイム編

一度は見てみたい大物の上位に入るジンベイザメ。
体長10m程にもなる巨大な魚ですが、私は美ら海水族館の水槽の
ジンベイをガラスにへばり付くようにして見たことしかありません。
そんな誰もがあこがれるジンベイザメと一緒に泳げる所が、フィリピンに
あるということで、早速視察です!

出発日は午後のセブ直行便。到着は夜ですから、すぐに美味しい
夕食を食べに出掛けます。明日のジンベイスイムにために
テンション上げて早めに就寝です。

ジンベイスイムの朝は早く、早朝にマクタン空港からセスナで
ルソン島南部・レガスピまで移動します。朝焼け満喫しながら
約1時間の飛行です。
朝焼け飛行♪







レガスピに近づくと見えてくるマヨン火山。
活火山で年2・3回噴火するとか。。。360度どこからでもこの
形に見えるんですって!素晴らしい!
活火山です!







ココがレガスピ空港。到着したらすぐに車に乗り換えて
一路ドンソールへ約1時間半のドライブです!
レガスピ空港







道中はこんな感じ。繁華街を抜けるとくねくねの山道が続き、
のどかな田園地帯が広がります。
静かな田園風景







到着です!いきなりココだけ立派な建物が。。。(^_^;)
ジンベイショップ入り口







施設内にはWWFのジンベイポスターなどが貼ってあり、隣の
建物にはジンベイグッズのお土産屋さんがあって楽しそう(^O^)/
一気にジンベイ一色です〜!
ビシッとジンベイ!







入り口正面にこんなものまでありました(@_@;)
地域一丸となってのジンベイエリアなんです、ドンソール!!
でも、いるってことですよね〜!!もうワクワクです(^O^)/
施設内にジンベイ像(^O^)







ジンベイスイムの受付はこのカウンター






↑ここで受付を済ませると、こんなチケットをもらいます。
左上には“ブタンディン”と書いてあります。ジンベイザメのこと
だそうです。何語なんだろ。。。(-_-)
チケットです?

 

 




早速バンカーボートに乗り込みます。っが、\(◎o◎)/!
何と、屋根のビニールシートにもジンベイです!
こんなバンカーボートがビシッとたくさん並んでいます。

屋根にもジンベイ!









ボートで湾内を走り捜索開始。驚いたことに、全然沖へ出ないんです。
湾内をゆっくりとボートが走りますが、すぐ目の前には海沿いにある
ローカルな民家が並んでいるんですよ。
ドンソールはとてもローカルな海辺の町







ここに住んでいる方々、海水浴はジンベイザメが泳ぐ海で ってこと?
らしいですね。。。うらやましい(-"-)

海面は湖のように静か。一緒に乗り込んだジンベイスタッフに聞くと、
表層を泳ぐジンベイのシルエットを探すのだそうです。
私も探しましたが全然見えません、影なんて。。。(T_T)
スゴイ眼力ですね!

走ること40分ほど。
いきなり慌しくボートが動き出し、いた、いた!と叫ぶ、ジンベイガイドさん!
そして3点付けて、ビデオ持って、ボートからいつでもENできるように
GOサイン待ち。

合図と共に飛び込んで、ひたすらガイドさんの後を追うと。。。
出たぁ?!ジンベイでっす\(◎o◎)/!







出ました〜 ジンベイザメです〜!!
見た瞬間、言葉を失いました。。
デカイんです!とっても!そして近いんです!!自分がジンベイの
隣で泳いでいるのがとっても不思議です。
体長8m弱程の大きな体。度肝を抜かれます!
デカイ!!







尾ビレから正面に回りこむまでが長いんです!
鰓なんて頭がすっぽり入っちゃうんじゃないかって。。。(^_^;)
それくらい大きくて、20mmレンズ付けてても全身が入りきりません。

正面!吸い込まれそう?!







体のわりに小さな目がかわいらしい!
大きな口を開けて海水を飲み込む瞬間を見ましたが
開いた口もこれまたデカイ!

餌となるプランクトンが豊富な湾内ですから、水は決してクリアでは
ありません。だからこそ、捕食・繁殖行動のためにここドンソール湾
に集まってくるのだそうです。

現われては去り、現われては去り、一体何匹いるの??
途中、2匹で泳ぐ個体にも遭遇。
2匹同時に写っている映像も撮れました。
パワー全開!フルキック!で計5回のジンベイアタックです!
心も体も?お腹いっぱいです〜(^O^)/(^O^)/

ジンベイスタッフ







去り行くジンベイスタッフに別れを告げます。。。
施設へ戻りシャワーの後ランチ。先程の余韻を思い返し、
食べながらついついカメラのPLAYモードに手が。。。

これに乗ってレガスピへ!
 





陸路でレガスピまで戻り、セスナでセブへと帰路に向かいます。
セスナでドンソール湾を旋回した時、何と水面下を泳ぐ2匹の
ジンベイのシルエットが見えたんですよ、上空から!

本当にいました〜 ジンベイザメ!
ハイシーズンはこれから5月末くらいまでだそうで、多いときは
湾内に80個体以上のジンベイザメが来るそうです。
すごい所ですね〜!

波佐間ボート改め西川名ボートへ!

房総半島ツアー2日目。前日の雪がうそのように快晴〜(^о^)/
強風はおさまらずポイントは再び西川名へ。
前日にいけなかったポイントとヒゲダイにリベンジです。
今日は快晴

 

 

 


太陽はありがたいですねー。移動も幸せです。

移動もあったか

 

 

 


AポイントはV字谷といって水深20m以深から切り立った2つの
大きな根があり、その間を抜けていくと周辺にアゴにひげが生え
ているヒゲダイとコロダイとモロコがうじゃうじゃ群れていました。
小魚の群れじゃなくて大物の群れですよ!
地形いいです

 

 



谷を抜けるとヒゲダイの群れ。でもうしろ向かれちゃいました。

ヒゲダイ 群れ

 

 

 


ヒゲダイ正面です。結構へんな顔ですねー。
ヒゲダイ 正面

 

 



そしてモロコにも遭遇。1mから1,5mクラスの巨体がうろうろ。

モロコ再び

 

 

 


マウスクリーニング中。人の頭がまるまる入ってしまうくらい
大きな口です。
吸い込まれる〜

 

 

 

波佐間は残念でしたがヒゲダイ&モロコ堪能の2ダイブ。
船で2−5分の移動で、しかも水深20m前後で1m以上の
大物に確実に遭遇できるのはすごい海です!
黒潮当たる房総半島の海の豊かさを実感した2日間でした。

ポイント:Aポイント〜V字谷 水温:14度 透明度:15−20m

雪だ吹雪だ西川名(にしかわな)だ!

週末の房総半島ツアーは雪で始まりました。
深々と雪が降り始めた朝に房総半島に向かって出発。
道に積もる前に出来るだけ移動です。
途中うみほたるで休憩を入れた時は強風で吹雪き〜に
なり、木更津では雪が積もり始めていました。
吹雪の海ほたる

 

 


 

この日は内房の西川名に潜ります。
ヒゲダイ&巨大モロコが見所のポイントで、ビックサイズの
魚達が群れているのは見ごたえがあるポイントです。
現地に着くと強い風とともにみぞれが降っていました。
雪ではないところが暖かい証拠ですね。
船が出せると聞いて準備開始ですが、こんな日は段取りの
素早さが暖かい状態を維持するコツです。

セッティング〜

 

 

 



出船。

 

 

 



陸上はさておき、水中はびっくりするくらい青い海&暖かい♪
みんなの動きも一変、とっても活動的です。
水深15mを5分ほど移動して根に着くと、いきなり来ました!
超〜超〜超〜巨大モロコ♪です!!
巨大モロコ

 

 




大きさ比較

 

 

 

 



1ダイブ終了


 

 

 

寒さもどこへ。「1,5mはあったよねー」と興奮気味。
お昼〜

 

 

 


冷えた体もお昼をはさんでゆっくりと暖めます。
2本目は波が大きくなってきたので近場の漁礁に潜ります。
水深は10m前後と浅瀬ですが地形もなかなかのところです。
漁礁

 

 


 

イシガキフグ

 

 

 


体調30−50cmのイシガキフグが群れていました。
かわいいですねー。

温泉

 

 


 

ダイビングポイントから5分ほど走った所の温泉へ立ち寄りです。
晴れていると大島から三宅島まで一望できるんですよ。
ミスタヒチグルメ番付上位に位置する食の宿へ。
食べきれないくらいの海の幸を堪能して翌日の波佐間に備えて
栄養補給も万全です。

ご馳走

 

 

 



宿の前で

 

 

 

 

ポイント:Bポイント 漁礁  水温:15度 透明度:20m 

朝一ダイブ:江之浦ビーチ

早帰りツアー。
いつもより早めの時間に宿を出て、お昼前に2本潜る計画です。
海は前日に引き続き良い状態。
ポイントに着いて速やかな準備。段取りができたらダイビング計画を
立てていきます。
セッティング中

 

 

 

江之浦に初めて潜るNさんに、砂地に目印になるドラえもんがいる
話しをしたら、ドラえもんからどの方向に行くかをきめていくことに
なりました。
エントリー

 

 

 


 

地形に添って移動

 

 

 


エントリー後すぐ潜降。地形に添って移動します。

チャガラ ペア

 

 

 


5cm大のチャガラのペア。オレンジと黄色のラインが印象的♪

水中での目印ドラえもん

 

 

 


石で出来ているドラえもん。江之浦の名物??です。

ヘビギンポ オス

 

 

 


婚姻色のヘビギンポ オスを発見!近くに薄茶色のメス
がいて、一生懸命アピールしていました。が、ごめんなさい〜
近すぎ過ぎてメスが逃げてしまい、オスはえー!!!って
感じに・・・。

アオリイカのまね

 

 

 


2本目はアオリイカの群れに遭遇。Nさん直後にまね?してました。

水温:14度 透明度:15m

マクロ&ワイドの目で潜ろう?獅子浜

朝出発♪獅子浜ツアーは急遽仕事が休みになったNさん。
途中足柄パーキングで朝食をとっているとちらほら雪が。
寒いと思ったら・・・海はどうなんだろう。
朝にしては充分な量のハンバーグ定食でエネルギー補給。
デミソースが絶品。

 

 

 


獅子浜到着〜
海は・・・おお!!良いコンディション!しかも薄日が差して
ます。静かな海ですね。
鏡のような水面。きれいです。

 

 

 


上から見ても中の様子がわかる透明度。1m以上ある大きく
育ったウミトサカが点在していて、見ごたえがあります。
立派なウミトサカ。

 

 

 

 1本潜って昼食です。メニューに見つけたパンケーキを注文。
量も味もいいっす!行ったときは食べてみて下さい。
昼食!すっごいおいしそうなパンケーキ。

 

 


 

1本潜ってまったり中

 

 

 

 

2本目はマクロの視点で潜ります。砂地の生物は保護色で
地味なのが多いのですが、ニシキハゼはとってもカラフル。
大丈夫なんでしょうかね〜??
ニシキハゼ

 

 


水中の黄色やオレンジはカラフルで華やかです。
イボヤギ

 

 

 


午後になってからさらに良くなった天気にも恵まれ
自然を満喫した1日でした。

水温:15度 透明度:10−12M

救急法開催!


レスポンダー(救助する人:手助けする人):Sさん

EFR修了〜

 

 

 


今日は昨日と違い天気が晴れて暖かく過ごしやすい一日です。
今日はS田さんがさいたま店で救急法をやりました。
EFRは日常の生活で役に立ちます。この対処法を身につけて
いくのは自分の大切な人の為。いざというとき自分が対応して
いくことを想定して実習していきます。

ダイバーなら、ダイビング事故が発生した場合にも役立ちます。

冬のドリドリツアー。

網代でドリフト♪

14日夜にクラブハウス入りしたとき、海も大荒れ??
風も強風?暴風?でも朝になったら風のない静かな
状態になっていました。「行いだね?」と意見が一致した
ところで網代に向かって出発!
これからドリフト1本目

 

 

 

ドリフトSPとすでに持っている人のドリフト練習ツアー。
前日の雨で透明度がない可能性を考えて、みんなで
いざというときの計画も立ててダイビング。
計画中〜

 

 

 


準備でのチェックは大切です!


 

 

 


あいにく前日の雨の影響で透明度が2−4Mと一気に
落ちてしまいました・・・。
LEDは明るさ一押し!!

 



 

ライトは相手に自分の居場所をアピールすることも出来ます。
明るいですねー♪そんな海での浮上する手順も習得。
はぐれたことを想定して各自フロート上げ


 

 


船に合図を送ります。確実に見つけてもらえるように
しっかりとたてます。
まとまって船を待ちます

 

 

 

最後は全員がまとまって船が来るまで待機中。
2ダイブ後、特性あったかキムチ鍋で体もほかほかです。

水温:15度 透明度:2−4M ポイント:モンキーロック

OWトレーニング江之浦♪

今日の天気予報はズバリ的中!
午前中は雨降り後の曇り空でどんよりしています。
海はまったくの良好なので予定通り江之浦へと向かいました。

寒いに違いない!と思って厚手のジャンパーを着て行ったのに、
今日は3月下旬の気温ということで、何だかTシャツでも全然OK!
寒さを感じずにセッティング準備できるのはうれしいですね〜!

水温は16℃。まだまだ下がりきっていませんよ!!
大潮の干潮時のENでしたが、芝生のような海藻がスロープに。。。
気がつけば、浅場にはホンダワラが少しずつ。。。。
確実に海中は真冬モードへ向かってます。
またあの森林浴のような気分にさせる海藻林が楽しめるシーズンが
やってきますね〜!

OWトレーニングは水面と水中でコンパスナビゲーションを。
それと同時に、Max16.2mまで少しずつ深度に合わせて
ドライスーツでビシッと中性浮力をとっていきます。
日はまったく出ていないものの、水がクリアで気持ちいい
ダイビングができました。

午後は雨足が強まり、結構本気で降ってます。
雨にも負けずたっぷりとトレーニングダイブを楽しみ
無事に修了です〜(^O^)/(^O^)/

間を空けずに頑張って来月も潜るぞ〜!っと気合充分!
伊豆半島の冬の海、まるごと楽しんでいきましょう!
おめでとうございます!!

トレーニング修了♪




OW&AOWコース&FUNダイブ 福浦ビーチで♪

3連休中日の福浦は駐車場がいっぱい、賑やかなスタートです。
アドバンスコースで参加のS藤さんは今日で認定??
朝から気合入っています。

A山さん&N嶋さんはじっくり潜るダイビング。
準備をしているときも良い天気に体はほかほか。
この時期の太陽はとてもありがたいですね。。。

上からみてわかる透明度!楽しみー

 

 

 



潜るどー!!

 

 

 



1本目は新年初潜りということもあり慣れと思い起こしダイビング。
昨日よりも透明度UP してる???
入ってすぐの水の透明さに気持ちいい〜!と誰かの叫び。。(^_^;)
FUNチーム!この余裕!







お正月明け!遊びに来て良かった♪







こちらは昨日から引き続きトレーニングのOWチームです。
ドライスーツにもちょっと慣れたかな?
それにしても、素晴らしいこの泳ぎ!見てくださ〜い(^O^)/
見事な流線型!







とっても気持ち良さそう(^O^)/

 





本当にキレイですねぇ〜海の中!
透明度&水温と、こんなにいい条件が揃っている福浦は
そうそうありませんよ〜♪
ずっと遠くまで見渡せて、キビナゴ乱舞の中の講習は
とっても楽しくなっちゃいますね!

全員一緒にまったりロギング&昼食。
福浦のお弁当はおかずの種類が多くていけてます。
1ダイブ終ってログ&昼食タイム

 

 




2本目はナビゲーション。陸上でのシュミレーションを繰り返し
いざ実行です。びしっと戻れた勝因はやはり絶妙なバディー
ワークでしょうか?
水温:16度 透明度:20m

2ダイブ修了のK田さん。

 

 

 



ナイトダイブに向けて段取り中。

 

 

 



そしてナイトダイビングも決行。明るいうちに出来ることはやっておく!
あわてない秘訣ですね。ミョーにハイテンションの2人・・・。


いい色の夕焼け雲。ナイトが楽しみになってきました

 

 

 



 夕焼けも良い感じに。夜の海はおもしろさ200%??
まずはヒラメに遭遇。寝ているのかそっと指でつついても全く動じず。
次に光の先に発見したのはドチザメ!でかーい!!光に照らされて
迷惑そうに泳いでいってしまいました。見つけたS藤さんありがとー♪
この時期のナイトは透明度が良く光がよく通るので、不安もなく潜れる
のが良いですね。

水温:15度 透明度:15m

OW&AOWで3ダイブ潜るどー! IN 福浦ビーチ

お正月明け第一週目ツアーは福浦です。
今日はOW&AOWコース同時開催となりましたが。。。
超驚きです\(◎o◎)/!
すっごい透明度です!ど〜んと15mは見えます。
いえいえ、快晴も手伝ってそれ以上です!

こちらOWトレーニングのお二人。
こんな最高の透明度の中でトレーニングとはラッキーです!
初めてのドライスーツに悪戦苦闘。でも頑張ってます!
こちらOWチーム







K原さんはアドバンスコースで今日はナイトまで潜ります。
貸切〜の福浦。快適〜。

 

 

 


これから1本目。準備中。

 

 

 



とにかく水が良い!入ってすぐからキビナゴの壁?雲海?
とにかく凄い数の群れが悠々と動いていました。
そんな中をナビゲーションで動くのは何だかもったいないと
いうか贅沢というか、気分のいいダイビングでした。
水温:16度 透明度:15m

2ダイブ終わり、夜を待つだけ。サービスさんがナマコの調理中。サービスさんナマコの酢漬け作成中。








薄ーく切ってお湯にくぐらせていました。そうすると身がやわらかく
なって食べやすいそうです。
お酢としょうゆで味付けして出来上がったナマコを試食させて
もらいましたが、イカの燻製のような歯ごたえで以外においしい♪
K田さんは夜のおつまみにおすそ分けをGET!!

初ナイトダイビングはエキサイティング♪

 


 

 

夜です。ナイトダイブです。海いいです。月明かりもきれいです。
夜の海独り占めダイブは、昼間活動的な魚が岩影に身を潜めて
寝ている姿や、寝ぼけている姿はかわいいですよ。
上がった後は器材洗い場に新しいお湯が入れてあって最後まで
寒くない状態で過ごせました。

水温:16度 透明度:15m

年末年始は与論島!尊尊我無!

年末年始を与論島で迎える、贅沢な面々(-"-)。。。
道中の那覇空港は雨。。。与論島も雨。。。

天気はともかく、大晦日で潜り納めとなるチェックダイブに
“沈船あまみ”!いきなり30匹ほどのマグロの群れに囲まれ
新年を迎えます!

北風を避けて南側のポイントが中心のダイビングとなりましたが、
豪快な地形ポイントをた〜っぷり堪能!
今年もいい海潜るぞ〜(^O^)/(^O^)/(^O^)/

与論島探検隊!













洞窟を抜けるとそこは。。。。(◎o◎)!













美しい。。。






アイラインがかわいいメガネゴンベ







こんな水路があっちこちに!!













のりのり〜













安全停止だって楽しい〜♪












PHOTO BY/MASAHIRO TANI

伊東でドボン!伊豆はいいねぇ(^v^)

朝起きたらちょっと寒い。。。(-_-;)
あら?太陽の光はどこへ。。。

さすがの伊豆半島でも、この季節に雨が降れば気温は
一気に下がります。。。
でも海は良好!正月2日目、今日も潜りますよぉ〜♪
到着してみるとダイバーは数える程度。
やった〜!ほぼ貸切!ミスタヒチ占めでっせ!

毎年冬が来ると、伊東の海はマンボウ出没で賑わいます。
でも今シーズンはまだ現れていないそうなんです。
となれば当然狙いますよマンボウ!
さっそく遭遇率高い白根南へENです!

白根南。。。
白根というエリアが広い大きなポイントなのですが、特に南側の
ブイから入るココ、白根南はソフトコーラルびっちり、水路、傾斜
の豪快な地形、そして魚影。。。
それはそれは美しいポイントなんですよ〜(^◇^)

ソフトコーラル満開です♪

 

 

 



まるで山脈のような地形!










今日も透明度は20m〜!しかも場所により16℃!
日が出ていないせいか、水中はクリアなのだけど
少〜し暗め。それでも水路から出てくる巨大モロコや、
根上をぐるぐる回るアジの群れ、等身大の大きなイソバナ。
色とりどりでとってもキレイ(^O^)/

巨大モロコ







あっ。マンボウは??あまりの美しい海中景観に気を取られ
忘れてしまった?遭遇ならず残念でした。。

いよいよ雨が強く降り出しました(T_T)
寒さも増してきます。でも今日はお正月恒例のお餅付き。
休憩中はおやつで我慢し、突き立てお持ちに備えます。
そして冷たい雨の中のボートの移動を短く!という希望の元、
次は満根北へ向け出船。のりのりです♪

出船待ち〜

 

 





の〜んびり潜りながら、結局、満根をぐるりと一周しちゃいました。
白い砂地の水底と、鮮やかなソフトコーラルが付く根のコントラスト
が本当にきれいです。そしてあちらこちらにこれまた鮮やかな
ウミウシがいっぱい!キビナゴやネンブツダイの幼魚の超大群にも
巻かれ、気持ちい〜ダイビングです♪
鮮やか!ニシキウミウシ







本当にキレイなんです〜!
水面のボートだってくっきりなんですから!
見て!見て!水面のボートがくっきり(^O^)/






さぁ!お待ちかねの餅付きです!
DSスタッフさんが私達のためだけに準備をしてくれました!
しっかりと付いたおかげでやわらか〜い美味しいお餅に
仕上がりました。それをお雑煮、きな粉、納豆、からみ。。。
あんことイチゴの大福にまでして頂き、お土産付です♪
冷えた体を一気に暖めてくれたお雑煮は美味しかったですね!

作年の12月に入ってから水温が一気に下がり、白濁していた
透明度が、年末年始には水温&透明度ともに大復活(^O^)/
年末年始の伊豆ツアーは勝ち組でした!

恒例!年末年始は伊豆大島

潜るゾー食べるゾー飲み尽くすゾー大島ツアー

12月30日夜竹芝集合。大島で渋滞しらず♪
のんびりと年末年始を過ごしに行きます。
東海汽船も満席といっていたけれどそんなに混雑している
感じは受けませんでしたね。

31日大晦日早朝、大島岡田港に到着。天気はよさそう。
心配なのは風が強いこと・・・。
サービスについて器材セッティング後ポイント探しに出発。
野田浜は赤旗がひらひら。秋の浜、大野浜、トウシキ、
ケイカイと回りましたがどこも厳しいー。ので食事です。

海待ち食事中。





 

野田浜行けるどー

 

 

 

 

午後になって海が落ち着いてきた〜やったー
早速野田浜に。透明度のよさに思わず笑が・・・
ポイント:野田浜アーチ、水温:17度、透明度:15m

準備中


 


 

 

野田浜アーチ

 

 




2005年最後の夕陽

 

 

 

 

心配された年越しナイトはもっと穏やかな状況でした。
カウントダウンと撮影のシュミレーションも済ませエントリー。
他のチームのライトの明かりで水中は予想以上の明るさに
初ナイトのメンバーも安心です(^о^)★
いざ水中カウントダウン、打ち合わせどおりに行かないのも
また面白かったですよ。本年も宜しくお願いします。
ポイント:野田浜、水温:18度、透明度:15ー20m

新年にカンパーイ♪

 

 

 

新年明けて1月1日。あけましておめでとうございます。
秋の浜直行です。

出発イエ〜イ♪

 

 

 

 

サービスさんで

 

 

 

 

透明度は・・・上からそのよさが一目瞭然!「すごーいっっ」
イザリウオ狙いでマクロダイブ。じっくり潜る2ダイブでした。
ポイント:秋の浜、水温:17度、透明度:20m〜

いいねぇ秋の浜

 

 



 

クマノミ城

 

 

 


 

1日もやっぱり宴会

 

 


 

1月2日はケイカイに。深度は浅瀬ながらその地形は一度
潜ると病みつきになるくらい変化に富んでいます。
今年初物テングダイに遭遇。水温も温かく快適なダイビング
になりました。
ポイント:ケイカイ、水温:18度、透明度:20m

ケイカイ バディーチェック

 

 

 

ケイカイ サイコー!

 

 

 

 

遠くは名古屋から参加して頂いたI上さん&S木さん楽しい
リアクション&トークありがとうございました。
E沢さん、K津さん、S藤さん、S野さん、U田さん、Tじさん、
T木さん、K原さん、個性豊かな?!面々で新たな年を
迎えた大島ツアーでした。

そして帰りもやっぱりビール!!!

 

 

 

 

@@記念撮影イエ〜イ@@

 

 


 

NEW YEAR!元旦は初島で♪

もしかしたら雪?(□_□;)などと心配されましたが、
やっぱり晴れちゃいました〜!

元旦だから初島行きの船中も大混雑かな?と思ったの
ですが、人はまばら。ダイバーも少なめです。
今日はサクっと潜って元旦にふさわしい?美味しい初島料理を
堪能するぞっ!と気合充分♪

DSのボードには透明度25m。
えっ?(@_@)25m???
しかも17℃ですって!もうわくわくしちゃいますね〜。
目の前フタツネにENしたら、もう大フィーバーでした!
ものスゴイ透明度です!!フタツネの端から端まで見える勢い!
まさに透明度25mとはこのことですね〜!
こんなフタツネ初めてです〜♪
おおっ!25m透明度!







もう、海の中にいるという気がしないんです。
大きな大水槽の中でダイビングしているみたい。
明るくてきれいでお魚いっぱい!HAPPY DIVEですよ〜!
オルトマン







ダイバーに人気のピカチュウウミウシ。
本名はウデフリツノザヤウミウシというのですが、至る所で
見られましたよ。Bigなナヌカザメの姿も!人気者の宝庫です♪

何だか、たくさんいた“ピカチュ〜”

 

 





もしかして妊娠中ですか?ナヌカザメ







1ダイブEX後は恒例お餅付き。
ちゃんと付けよ!(-_-)と、厳しい目で見守られる餅付きマスターの
努力のおかげで?美味しい餅入りお雑煮を頂くことができました。
そしてもう1ダイブ。
キビナゴやアジのトルネード♪タカベだって横切っちゃう!
トビエイも出てきましたよ〜!

餅付きとランチは別。。。当然ですね(^_^;)
ん〜 めちゃうま♪







アジイカミックス丼、初島定食、カサゴの唐揚げ、岩のりラーメン。。
無事においしい磯料理も食すことができ、帰りの船中は爆睡。。。

元旦からいい海で遊びました!



 

 

初島から熱海に戻るために、この船に乗ります。

 

 

 

 




元旦初潜りにふさわしい、すばらすぃ〜ダイビングができました!
幸先のいいスタートです!
今年も海況に恵まれて、いいダイビング三昧になるといいなぁ〜♪

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ