DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2007年05月

クリーンアップ IN 琴が浜

5月31日(木)    平日クリーンアップ初開催!!

天気予報で雨だったのに、当日に近づくと天気は晴れに。
やっぱりクリーンアップは天気がいいですねー。何と言っても
陸上のゴミ拾いがあるからね 

クリーンアップ開会

 

 

 

 

水中クリーンアップから実行。中には缶・ペットボトル・ビン・
ビニール袋がおもにありました。

清掃中

 

 

 

 

収穫!

水中清掃

 

 

 

 

陸上のクリーンアップ開始。岩の合間にあるのはお弁当の容器や
発泡材の軽いものや、缶など・・・。

陸上清掃1

 

 

 

 

ちょっと歩いただけで見つかります。

陸上清掃2

 

 

 

 

陸上清掃3

 

 

 

 

下記の大きさの袋が結構でました。

陸上清掃4

 

 

 

 

終了後はみんなでバーバキューで空腹を満たします。

修了

 

 

 

 

平日クリーンアップ第2弾計画中。日程はまた後日!

ポイント:琴が浜
水温:18度 透明度:2−6m
スタッフ:TSURUSAKI、WATABE

カード取得です♪

5月28日(月)・29日(火)  

Cカード取得集中コース。今回は福浦。

福浦です

 

 

 

 

準備中。さすが平日。貸切に近い状態の海に潜ります。

セッティング1

 

 

 

 

ドライスーツも2日目になると着慣れてきますねー。

準備2

 

 

 

 

バディーチェックもお互いの為にしっかりと確認します。
もちろん、「ホース類はぶらぶらさせない」を基本に
しっかりとホールドします。

バディ1

 

 

 

 

水中では、プールと海の違いに最初のうち翻弄されていましたが
やっぱり「慣れ」は凄いです。1本目の後半はもう順応していました。

バディ2

 

 

 

 

水面コンパスナビゲーション。見方も使い方もOKです。

バディ3

 

 

 

 

スキルをおこなうのに着底した砂地を移動していたウミウシ。
保護になるものがないところを移動するのは、命がけ??
いままで見たことがないくらい機敏な動きのウミウシでした。

砂地徘徊

 

 

 

 

学科から海洋まで連続4日間、お疲れ様&Cカード取得おめでとう
ございました。
今度は中性浮力を鍛えるべく、PPBに挑戦するそうです。

水温:17−18度 透明度:5−10m
スタッフ:WATABE

沖縄本部ダイブ&水族館の旅♪

美ら海水族館に行きたい!
その希望をかなえるべく、沖縄本部でダイビング!という企画になりました。

ご参加のA田さんは、自他共に認める晴れ人間!!
沖縄は梅雨真っ只中だというのに、ツアー中一度も雨が降らないんです。
むしろ、焼けるほどのいい天気!

沖縄到着当日は、サクッとチェックインを済ませて早速水族館へ!
念願の水族館です!








ジンベイでかい!













ホテルから徒歩10分の場所にある水族館。
隅から隅まで堪能しましたよ〜!
と言っても、あの大水槽の前のカフェで水槽にずっと見とれちゃいました。。

食も忘れずに満喫!








もちろん沖縄ですから、食の堪能も忘れません。
タクシーの運転手さんに聞いたお勧めのお店。
お店の雰囲気も最高!ご飯も美味しくてもススム!!

そして翌日!
やっぱり晴天!そして本部から水納島、伊江島まで
遠征できちゃうくらいの良好な海況!

ぶりーフィング中!!








5/29
/綰偲隋,錣気錣機 水温25℃ 透明度20m
昨日水族館を堪能しましたが、今日は本当の海中水族館!
どこまでも広がる真っ白な砂地がキレイ!
クマノミやガーデンイール、ハリセンボンが見れました!

ハリセンボンです・・・。のりのり♪








伊江島 オーロラ  水温25℃ 透明度20m
海況が良好です。ベタ凪ぎの中伊江島まで来ちゃいました!
ドーンと落ちるドロップオフが素晴らしいポイント。
洞窟やホール、アーチがたくさんある中、上層のミニミニアーチを
潜り抜けました!ネッタイミノカサゴがたくさん。
グルクンの群れに囲まれびっくり!
色取り取りのウミシダがキレイ!
潜降中何かいた?










沖縄の海は素晴らしい!
今夜もビール片手に最高の海に乾杯です!

5/30
/綰偲隋,△里佑虜  水温26℃ 透明度20m
ボートの上から水底が丸見えです。真っ白い砂地がどこまでも。。。
地平線のように広がります。アケボノハゼがかわいい!!

砂地がきれい!














⊃綰偲隋.院璽屮襦/絏坑横供遏‘明度20m
本土と水納島を結ぶケーブル近くを潜るポイント。
ケーブル下にはクマノミがイソギンチャクとともに暮らしていました。
自分の影が真っ白な水底に映る。最高にキレイです!
アジアコショウダイ、ヨスジフエダイ、ヤシャハゼ、タツウミヤッコが
見れました!

ヨスジフエダイびっちり














最終日は、那覇空港でお買い物三昧!
琉球ガラス細工や沖縄のおやつ。。。
最後にソーキそばを堪能し、身もココロもお腹いっぱいです!
さて、次はどこに行きましょう???




神子元&網代ドリフトツアー

5月27日(日)

昨日からの海況など、様々な問題を考慮した結果、
本日は網代に変更 本日も晴天ナリ 良かった〜。

ドリフトSP2本目開催です。

1本目
ポイント:モンキーロック
水温:18,5℃ 透明度:5〜8m

モンキーロックは、最大水深25mほどのドリフトポイント。
ゴロタから砂地に行くにつれて深くなり、
二ザダイやエイ、トビエイなども見れます

モンキーロックも残念ながら、流れはなく、少し濁りが入ってました。
生物が少ない中で、シマアジの群れが後方で流れてました〜

今回、なんと潜降段階で、チームはぐれました。
チームでまとまって潜るということは、ドリフトにおいてとても重要

反省会後、2本目でSP取得を目指します!

2本目
ポイント:キッテ根
水温:18℃ 透明度:5〜7m

潜降は、ヘッドファースト潜降。無事、チーム合流です(・◇・)ゞ

キッテ根は、群れ!群れ群れのオンパレード〜
タカベやマアジにあんなに囲まれると楽しいですね〜(^З^)♪

最後、安全停止中にやっと流れを体験
流れている中での安全停止は、指標、バディ、ダイコンから目を離せません。

最後、フロートも上げ、ドリフトSP終了です。
トレーニング修了!








N島さん、無事ドリフトSP取得しました〜\(^▽^)/
おめでとうございます

ダイビング後は、美味しい食事

1,000







しかし、この2日間、食べる、潜る、寝るの繰り返し・・・(´д`;)
メタボリック+ドリフト=で、チーム”メタドリ”と命名(笑)
やったぁ〜!









皆様、お疲れ様でした

スタッフ:IWATANI、SHIMADA

神子元&網代ドリフトツアー

5月26日(土)

AM5:00 クラブハウス出発。神子元へ向かいます!

神子元は、伊豆の最南端にある小さな島なので、
朝早くにでなければ、出船時間に間に合わなくなってしまうのです。

しかし、今回はとてもスムーズに神子元に到着したので、出船までのんびり。
ドリフトSPのブリフィング等、念入りに行います。

しかし、朝から真夏のようなカンカン照り紫外線がジリジリしてます。
気合のセッティングタンクびっちり






エクササイズ中(?) 

 

 

 

 

 

1本目
ポイント:ブダイ根
水温:16,7℃ 透明度:5〜8m

エントリー時、水面が少し濁っていましたが、潜降すると少し透明度は良くなりました。
ブダイ根は、神子元の中でも、深度が比較的浅く30mいかないくらいです。
今回、流れは、0に等しいくらい。。。ドリフトSPなので、少し残念

しかし、しっかりドリフトのスキルは学びました
エントリー、エキジット、プラス浮力潜降などを、神子元のドリフト用ボートで経験できるのはスキルアップに繋がります


生物は、テングダイやアオブダイ、イシダイ、クマノミ、タカベの群れなど、結構豊富でした
しかし、さすが伊豆最南端の海!
岩などに見れる海藻や地形など、また違った海が見れました(・∀・) 

浮上後、風がかなり強い状態で、ボートが来るまで波がウネウネしていました。

そんな状態だったので、強風とうねりで2本目はクローズ

時間があるので、器材を洗い、下田海中水族館に行きました


下田海中水族館











土曜日ということで、少し混雑してました〜。
水族館は、思ったより広くて、海の大きな生簀のような所にイルカがいたり、
赤カメ、青カメ、ペンギン、マンボウなど見れて結構面白かったです(^∀^)

赤カメ 

 


 

 

 

餌くれ〜  

 

 

 

 

 

私はダーレ?

 

 

 

 

 

ポケ〜っとしてます

 

 

 

 


辰丸での夕食。刺身、煮付け、最強です

豪華〜☆

 

 

 


明日は、網代に急遽変更!ドリフトツアー続きます

スタッフ:IWATANI

アオリイカ産卵真っ最中!エンジョイ江之浦

今日は日帰りエンジョイです!
海況一番良好な江之浦へ!

8時前には到着し、早速準備開始。
集合の時から久しぶりなので緊張していると言う
面々に、今が旬のアオリイカの話をすると、ちょっと興奮気味。

EN・EXの注意点、中性浮力の維持、フィンワーク等々も
忘れずにエントリー開始です。

沖のドラえもんまで進むと見えてきましたアオリイカの産卵床。
回りを50パイ以上の大きなアオリイカがペアで乱舞しています。


産み立てホヤホヤは真っ白。すずなりです。
すずなり〜♪









茶色いのは、もう卵の中で卵魂がスクスク成長中。
あっちこっちにたくさん!










オスは80僂らい、メスも60僂らいと大きな体。
大迫力です!!
必ずペア









でかくない?









でかいよね?












産み付け中








2ダイブとも、すっかりアオリイカに夢中。

おかげでしっかりリラックスして潜れました。

そしてやっぱりこれ!
やっぱコレ!










次は間を空けずに行きましょうね!

水温:18℃
透明度:5〜8m

PHOTO BY / TOSHIAKI BABA

伊豆山ボート:群れ群れ群れ群れ〜

5月20日(日) 

朝から良い天気〜。伊豆山は湯河原からすぐ近く。港の雰囲気も
こじんまりと落ち着いた雰囲気でちょっとした隠れ家気分?!
水面静か。沖根は水深22mくらいの砂地から8mくらいを頂点と
した大きな根です。


おだやか

 

 

 

 

マルチレベルSPのT内さんの計画でみんなで潜ります。

その1

 

 

 

 

その2

 

 

 



潜降してすぐ「透明度悪ーい」と思ったら、先が見えないくらいの
ネンブツダイの群れ!群れ!群れ!そのほかにもキビナゴアタック
やメバルの群れ、巨大イセエビなど、まさに「豊かな海」という言葉が
ぴったりの海況でした。

おめでとう

 

 

 

 

マルチレベルSPも無事習得のT内さん、おめでとうございます。

ポイント:伊豆山 沖根
水温:18度  透明度:6−10m
スタッフ:KATSUYA、WATABE

大瀬崎3ダイブデー♪

5月19日(土)  

大瀬崎3ダイブ。ナイトまで潜っちゃうよーツアー 

今日はのんびりナイトまで3ダイブ。
クラブハウスを出発したときに降っていた雨も熱海峠を過ぎるとやみ始め、
大瀬崎ではうっすらと晴れ間が・・・。
うーん、やっぱり日頃の行いが違うと良いのかなー

準備中

 

 

 

 

M本さん、初大瀬崎。魚の多さにびっくりしていました。一方大瀬崎を
知り尽くしたK藤さんはじっくりシャッターチャンスを狙っていました。

デジカメバージョンアップ初使用。

 

 

 

 

ナイトに向けてゆっくりと準備中。空もうっすらと夕焼けに。

これからナイトです

 

 

 

 

富士山が良い感じに色づいていました。

夕焼けの富士山

 

 

 

 

ライトのチェックも忘れずに。

ライトの説明

 

 

 

 

19時の解禁時間が待ち遠しく、時間とともにエントリー。
夜の大瀬崎はエビ・カニがいっぱい。エビはイセエビやセミエビ、
イソギンチャクと共生しているヤドカリなど、甲殻類がとても活発
になります。一方魚達は睡眠中〜 
夜光虫もいっぱいです。ライトを消して手で仰ぐと青い小さな光が
キラキラ  
岩場はガンガゼ・ウニがいっぱい姿をあらわして・・・。
昼間と夜の別の顔を見せてくれる海。神秘です。

ポイント:大瀬崎湾内
水温:18−19度   透明度:5−10m
スタッフ:KATSUYA

沖縄 万座のサンゴを蘇らせよう!

なんと前日に沖縄地方は梅雨に突入・・・
台風2号まで発生したりして・・・
でも負けません!今年もサンゴ植え付けに行ってきました!
これから出発!

 

 

 

 

 

 

 


 



那覇空港は、雨はなくむしろいい天気!
早速、恩納村へ移動します。
今日からダイビングです。万座の海を楽しまなくっちゃ!
ボートダイビングへいってきま〜す!

5/18
.魁璽薀襦 。横粥遏。隠機腺横娃
サンゴの根上をずっと移動していくと、オーバーハングした
ドロップオフに到着。ハングした影にはハナダイやハナゴイが
びっちり!ものすごい地形です!

スゴイ地形

 

 

 

 

 


恩納ポイント 24℃ 15〜20m
サンゴのクレバスやホールをグルグル通り抜ける地形ポイント。
巻き上げないように、サンゴを傷つけないように注意しながら前進。
明日の肩慣らしにななったかな?

酔いしれてます・・

穴もくぐる

 

 

 

 

 

 

 

 

楽すぃ〜

 

 

 

 

 

 

 

しっかり2ボートダイブ楽しんできました!
食事に出たあと、ホテルの部屋でログ付け。
今日はたくさん潜ったなぁ!
いよいよ明日はサンゴ植え付けです。
たのしみだぁ〜!

明日は植え付け

楽しみです

 

 

 

 

 

5/19
今日はあいにくの曇り空・・・でも海は良好です!!
\ノ紐瀬淵ユクイ
まずはサンゴの状況をチェックする観察ダイブ。
万座の海はスクスクとサンゴが育っています。
傷つけないように浮力調整に注意!

ランチをはさみ、いよいよ植え付けについてのブリーフィングが
開始です。実際に水中で使用する道具などを使って、
デモンストレーションが入ります。

植え付けブリーフィングみんな真剣









去年までは、植えつけたサンゴをカバーするカゴは四角くてもっと
小さいものでしたが、今年は丸く、大きくなり3つくらいまで入りそうです。
植え付け完了後はこんな感じ一つ一つ手作業です

 

 

 




植え付け場所は万座ビーチホテルの目の前の入り江。
ボートで移動し、早速エントリー。
まずは植え付け場所へ移動。

▲肇戰藉筺 24℃ 15〜20m
植え付け場所には予めボルトが埋め込まれています。
そこへサンゴの岩盤でできたプレートに乗った稚サンゴを
はめ込みボルトで締めるのです。
まずはプレートを乗せる場所を、金ブラシできれいにします。

植えつける場所をきれいにします

稚サンゴのプレートをボルトに乗せます

 



 





こんな風にしっかりと停まります。

こんな感じ



 

 

 

 






プレートが取れないようにしっかり締めこむことが大切。
そしてその上をカバーすカゴを乗せ、3箇所をボルトで停めていきます。

ボルトで締めます

カゴをかぶせてハンマーでネジをとめます

 

 

 






カゴの上に、番号が書かれたチップをとめます。
これで、自分が植えつけたサンゴの成長状況をチェックできるわけです。
完成♪

 

 

 

 


昨年暮れに植えつけたサンゴ。
あらら、カゴが狭しとはみ出してしまってます。。。

来年はこんな風になってるかな?

 

 






私達が手がけえたサンゴも、無事に成長し、産卵するまでに
大きく育ってもらいですね!

スクスク育ってね

 

 

 

 

 

こんな活動が、いつか実を結ぶときがくるんですね。
この植えつけた海のすぐそばで、地元の漁協さんが管理する、
サンゴの養殖場があります。次に植えつけるためのサンゴを
ここで育てているのです。この養殖場の中で、サンゴはスクスクと
育ち、しっかりと増えていっているそうですよ。

たくさんあります

 

 

 

 

 

サンゴを守るだけではなく、再生する!
そんな活動に携われてとても勉強になりましした。!

お疲れ様です

 









最終日は那覇まで出て、国際通りで観光!
もう、お買い物三昧です!

ご参加頂いた方々、大変お疲れ様でした!!
国際通り観光中!
















熱海クリーンアップ開催!

5月13日(日) 

毎年恒例、熱海でクリーンUPが開催されました!
熱海のクリーンUPは、熱海市が主催する、もっとも大きなクリーンUPです。

開会式!

 

 

 


今年も数多くのダイバーが参加する中、ミスタヒチが担当するポイントは、
熱海の海水浴場前のサンビーチ。ここも毎年恒例ですね。

クリーンUP方法は、お馴染みローリング大作戦!!
横1列にダイバーが並び、一斉にゴミを拾っていきます。

ブリフィング中

 

 




大人数で潜るので、ブリフィングが大事です。

かっちょいぃ〜!!


 



陸上班のR予ちゃん。一足先に浜辺に向かいます。

1本目 
ポイント:サンビーチ
水温:18,6℃ 透明度:3m〜5m

清掃中

 

 





最大水深約6m程のビーチを、網袋を片手に潜って行きます。
下が砂地なので、巻き上げないように必死です。
ゴミはそんなにない場所ですが、それでも空き缶など落ちていました。
キレイにこした事はないですね

ゴミの山

 

 

 


熱海の他のポイントに落ちていたゴミの数々。
中にはプラスチック製の大きなイスが4つも落ちていました。

休憩中〜♪

 

 


 

次のダイビングまで一休み♪

お昼は、漁師さん奥様お手製のおにぎりをたくさんいただきました。
マグロのカマ入りお味噌汁まで。満たされます(´∀`*)


2本目
ポイント:ソーダイ根
水温:17,9℃ 透明度:4〜12m

ディープSPチーム、AOW&EAN&FUNチーム、
そしてFUNチームに分かれて潜ります。

AOW&FUNチーム

 

 

 

 

行ってきまーす

 

 





少し流れていたソーダイ根でしたが、根のソフトコーラルは見事!!
根の周りをぐーるぐる、キンギョハナダイの群れなど魚影も濃かった〜♪

3本目
ポイント:沈船(旭16号)
水温:18,3℃ 透明度:8〜10m

来ました沈船!船首部分をじっくり堪能なダイビング。
剥がれかかっている外側の壁。崩れないか心配です。。。

今日は天気も良かったのも幸いし、ウエットで潜っている方もいらっしゃいました。
段々と、海に行きやすくなりますね

特賞こい!!

 

 

 


くじ引きも、熱海クリーンUPの楽しみ。
特賞でないかな〜。

1等賞ヽ(*≧∀≦)ノ

 

 

 


なっなっななななんと、でました!!1等賞ヽ(*≧∀≦)ノ
Yっちさん、先割れフィンゲットです。

お菓子♪

 

 

 


1等賞にはちょっと遠いけど、ダイビングにかかせないお菓子♪

お疲れ様でした!

 

 

 

 

クリーンUP活動、皆様ご協力ありがとうございました。

比較的キレイなビーチでも、ゴミは落ちていましたが、更にキレイになりました。
何気に好評な(笑)今年デザイン潜水Tシャツ、ぜひ活用してください(^∀^)


次回は、5月31日(木)に琴が浜、6月17日(日)に岩で、
クリーンUP活動を行います。ぜひご参加下さい。



 

今日は岩!!

5月6日(日)  

朝からの雨にも負けません!!なぜって??ドライスーツさえ着て
しまえば、雨に降られて濡れても全然平気だからです!
Cカード取得コースの2日目のMさんと、久しぶりダイビングのIさんは
ビーチで潜ります。

ビーチチーム

 

 

 

 

ここ数日の風がうそのように穏やかで落ち着いた海になっています。
ビーチエントリー口から沖に向かってガイドロープが水面に設置して
あり、いざというときに役立ってくれます。ちょうどロープの切れた先
にブイをはって潜降開始になります。
その場所の水深は7m。下は砂地です。

水面移動

 

 

 

 

FUNダイビングチームはボート。期間限定「沖漁礁」へ。
岩のボートは初めてという2人。期待でいっぱいです。

初!岩ボート楽しみ

 

 

 

 

出船5分弱。水深30mの砂地、スタートが26m。
最大水深30mの計画で潜ります。
ここは群れが凄くてそれだけでも満足の行く場所なんです。

沖漁礁1

 

 

 

 

沖漁礁2

 

 

 

 

ここの主。魚の群れに向かって何度も突っ込んでは元の場所に
戻ります。

ヒラメ??

 

 

 

 

ボートチームは窒素を抜く為、間にお昼をはさみましたが、お弁当が
とっても美味  でした。

昼食中

 

 

 

 

2本目はトライアングルへ。アジの群れを見るのも目的のひとつ。

トライアングル1

 

 

 

 

ソフトコーラルも、川のように群れているアジも、そしてこのポイント
の構造も全てが満足の行く海だったようです。

トライアングル2

 

 

 



ビーチチームに合流。オープンウォーターダイバーコースが無事修了。
おめでとうございます 

リフレッシュ&OWDコース無事修了

 

 

 

 

ポイント:岩ビーチ、ボート(沖漁礁、トライアングル)
水温:16度  透明度:5−15m
スタッフ:OHNO、WATABE

6月17日(日)に岩でビーチクリーンアップを開催致します。
クリーンアップ前にボートダイブも予定していますので、
岩の海を堪能してみてくださいね 

GWセブツアー報告♪

4/28〜5/6の9日間!
まさにGWにフィリピン・セブ島に行ってきました!
さすが、セブ・・・暑かったです・・・(^_^;)
到着したその日は、地元のオシャレなレストランでローカルフードを堪能。
満腹になり、次の日に備えておやすみなさ〜い(-_-)zzz

いよいよセブ・マクタン島でダイビング!
リゾートホテルの目の前のビーチからエントリー
海の中は明るくて、カラフルな魚達がお出迎えしてくれました。


GWセブ









快適ダイビング〜









GWセブ島









エメラルドグリーンの海原を行くこと30分、沈船ポイントに到着。
木造船の枠だけが残っていて、そこはアジアコショウダイや
色々な魚の棲家になっています。

GWセブ島







GWセブ島









いつの間にかチョウチョウウオに囲まれて・・・潮に乗っていると
知らないうちに次々と景色が変わってゆき、
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

ツバメウオの群れ!









GWセブ島







夜は、ハラペコのお腹を満たすべくシーフードレストランへGO〜!
美味しそうなエビ、カニ、魚などを選んで調理場のおばさんへ。
とても美味しくて、つい食べ過ぎてしまいます。ダイエットは考えちゃダメ!!

市場でマンゴーも買いました。南国フィリピンはフルーツ王国です\(^o^)/
海もきれい、魚もたくさん、そして食べ物は美味しい!
本当に大満足(*^。^*)のCebuでした。

モンキーロックへ行こう♪

5月5日(土)

今日は網代。アドバンスコースの方々と、FUNダイビングチーム。

アドバンスチーム

 

 

 

 

快適ボートで出発です。

移動

 

 

 

 

潜降〜。良い透明度!少し流れがある程度で、水面も穏やか。

アドバンスチーム潜降

 

 

 

 

岩にはソフトコーラルや海面など、カラフルな色がいっぱいで水の中を
華やかにしてくれます。

ソフトコーラル

 

 

 

 

岩の影の砂地にじっと隠れていたエイ。

アカエイ

 

 

 

 

くらげが多かった。安全停止中、回りを優雅に通過して行きました。
(*触手の影響はなく、ちくちくした感じはありませんでしたよ(*・ω・)ノ)

くらげいっぱい。

 

 

 

 

ボートも見渡せる澄んだ青。潜っていて気持ちのいい海です。

ボートエキジット

 

 

 

 

アドバンスダイバーになったO木兄弟&T田さん。
おめでとうございます。 

アドバンスダイバーになりました。

 

 

 

 

今度はキッテ根に潜りにいきますよー。

みんなで

 

 

 

 

ポイント:網代モンキーロック
水温:16度 透明度:15m
スタッフ:OHNO、KATSUYA、MOTOKI,IWATANI

岩でAOWコース!

5月4日(金)

初島チームと分かれてこちらは岩2ビーチチーム。
さすがGWの時期、ダイバーがたくさん来ていました。

久々に潜るO木さんファミリー&友人T田さん、
そして急きょ参加されたK子さんはAOWコース。
昨日から、ツアーにご参加のT村さんは、AOWと一緒にFUNで潜ります。

O木さんファミリー&T田さんは、ドライスーツでのダイブも初
でも着脱の練習をバッチリしてきたので、着るのもスムーズです

2ショット

 

 

 

 

初めてのドライスーツに笑顔のH子さん&K久さん(笑)


今日は、2本ともビーチダイビング!
岩のビーチは、砂地がずっと広がっているので、
リフレッシュや、講習にも最適なポイントです

決まってます!

 

 

 


ハゼがたくさ〜ん♪透明度もそこそこ♪


休憩中〜♪

 

 




休憩中〜♪日差しが心地良い(?)


ナビ真剣

 

 

 


こちらは、ナビチーム。
陸上で出来ないことが水中で出来るはずがない!
なんて言われたこともありました(笑)
そんなわけで、コンパスの使い方の練習中です


そんな陸上での、練習の甲斐あってか、
K子さん、T久さん、完璧なナビゲーションで帰ってきたようです
素晴らしいです〜ヽ(*≧∀≦)ノ


ダイビングの後には、美味しいご飯ご飯
今日は、ミスタヒチ御用達、“ティキ”に行きました。

グラタントースト

 

 

 


イギリスパンの器入りエビグラタンは、
ボリュームたっぶりで美味しかったです(*^‐^*)

美味しそう(。→∀←。)♡

 

 


 

T村さんのデザートも載せちゃいます♪

まだまだGWツアーは続きますよ〜


1本目 水温:16℃ 透明度:8m

2本目 水温:16℃ 透明度:4〜10m
スタッフ:OHNO、KATSUYA、IWATANI

イルドバカンス号で行く初島ダイビング。

5月4日(金) 

熱海港から船に乗って25分。初島(はつしま)に渡ってダイビング。
この日、毎年恒例:ところてん祭り開催!
初島のサービスさんでも、ダイバーに無料でところてんを振舞って
くれました。もちろん私達もしっかり狙っています。
でもその前に1ダイブ。

この日の参加者は全員が100ダイブ以上だったので、初島の
100ダイブ以上限定ポイント「イサキネ」にいくつもりでしたが
時折打ち寄せる大きなうねりにフタツネポイントに2ダイブと
なりました。限定ポイントへはまたの機会に・・・。

準備

 

 

 

 

サービスの目の前からエントリーしていきますが、水中はわかりやすい
ようにガイドロープがひいてあります。
ちょっと行くと、ネコザメの若魚??サイズが岩の隙間に。

移動

 

 

 

 

テングダイ発見。でも体が傷ついてなんだかふらついているように
見えました。

テングダイ

 

 

 



鮮やかなウミウシを発見。キレイな色合いですよねー。

ウミウシ

 

 

 

 

そしてネコザメの卵も。この中にネコザメの赤ちゃんが入っている
なんて、想像できませんよねー。

ネコザメの卵

 

 

 

 

小さなウミウチワの近くにはムギワラエビが隠れていました。
左に伸びてきた手?は近づいたカメラに向かって伸ばしています。

ムギワラエビ

 

 

 

 

じっくりと生物観察をした初島でした。

浮上

 

 

 

 

この日の初島への人出は、1年の中で、毎年一番多いんだそうです。
帰りに乗った船は、急遽臨時で出ることになったんですよ。
船の中も、凄い人ごみでした。でもダイビングはそんなに窮屈な
思いもなく、のんびりと出来ました。

記念に

 

 

 

 

ポイント:フタツネ
水温:16度  透明度:10−15m
スタッフ:MOTOKI、WATABE

三宅の土産!

三宅の土産
〜旅の恥はかき捨てで・・・海の失敗ほっといて・・・
   後は酒に任せて夢の中〜 
                       by KIYOKAZU MUTO

いよいよ出発、憧れの伊豆七島(SEVEN IZULAND?)の三宅島。
参加者は島田隊長率い旅姿9人衆。
島田隊長、島村おじさん、浜ちゃん&茜嬢のご夫妻
黒烏龍茶の宮内、スマイル井上、未来ティー(三宅WINDSリーダー)
カレー衆の吉澤(三宅WINDS2号)、誰なんだ武藤(三宅WINDS1号)
ですが、まあまあ、濃い面々であることは間違いなく、一癖も二癖もある
メンバーです。(簡単に言えば・・・?知っている人は知っている往年の
高橋留美子漫画の?メゾン一刻)

集合時間は黄金週間(GW)の5/2の夕刻を過ぎたPM 9:30、
竹芝桟橋の集合となったそうな。
大型連休とあって、竹芝の旅客ターミナルは異常な人混みで。一番乗りは
武藤でして、缶ビール片手に集合時間を待つ身です。

三々五々に人が集まり、それぞれが買い物と右手に飲料、左手に
食料です。まぁ7時間近い船旅ですから・・・さあ、みな揃って出発ですが、
この時、三宅島の恐ろしいEN・EXを予想せずに楽しみを旨に過ごす
船旅の始まりとなりました。

船に乗り、それぞれ席が決まりつつ、身体が楽な特2等への切り替えも
上手くいき、武藤・隊長の2名が椅子で・・・。一段落して船の後部デッキで
小宴会となりました。明日の海に思いを馳せながら夜は更けつつ、潮風が
気持ちよい夜でした。潮風にビールは良いやねぇ〜。

5/3、朝5時の下船を前に、座席で2人寝る武藤と隊長のラブラブ?状態
に、隊長が起床を促すように肩を揺する?武藤は目覚めるが・・・?
なんと???隊長は起こしたのではなく、手を動かしただけで、それが
武藤に当たっただけのことでした。

デッキに行けば、すでに全員起床済みで下船の準備OKです。三宅島が
近くに見え、島の頂からは噴煙が昇り、ほんのり硫黄臭?山肌は
禿山で噴火の爪あとは今だ癒えない風景です。
これから三宅島の海が始まります。まずは仮眠zzzzzz

噴煙上がる














5/3
‖腟彿殄諭。横院遏。隠機腺横娃
大波、小波でザッパーンと大きな音を立てつつ、天気は良好、
海は青、蒼、藍の海況は良好です。

大久保浜!

 

 

 

 

 


ダイビング車両は2台。
1号車は島田隊長・・・浜田御夫妻、島村さん、宮内さん
2号車は武藤飲兵衛・・・吉澤爺、井上さん、未来ティー
朝食食べて出発です。
三宅島の集会道路を走り、一路大久保浜へ。
細かい砂利の砂浜に大きな波が打ち付けつつ、車を海岸線の駐車場に
滑り込ませ、隊長のブリーフィングで開始です。
大波小波が打ち寄せて、波間を漂う未来ティーは沖に出られず苦戦する中、
何とかENが開始でしばし水中へ。砂地の砂紋と大小さまざまな岩と
根が連なるポイントです。マクロ系の生物から南国チックな魚、
美味しい食材、テーブルサンゴ、青い海です。シンデレラウミウシ、
クマノミ、小アジの群れ、ヤガラ、ミノカサゴ・・・大満足!
・・・・がしかし、EXは大苦戦、細かい砂利に足を取られ、水中から
陸上に上がりつつタンクの重さの現実に気づきつつ、波打ち際で
ドングリころころ・・・で“ゴローターズ”です。まあ、何とか無事の1本目。

これがシンデレラウミウシ!

きれい!

 

 






 

大久保浜 21℃ 15〜20m
海況は変わりなく、天気は上々、気分は上々で・・・EXに不安を抱く面々
が多々いる中ででの2本目です。大久保浜で何が出るかな?の不安と
期待のENですが・・・大波小波に揺られてOKサインでバディー潜降です。
水中は揺られ揺られの状況なれど、水は青色、水温は高く、気分は上々
の2本目の開始です。
岩場のマクロ系のウミウシに、テングダイ、ミノカサゴ、マツカサウオ、
ソフトコーラルに付くウミタケハゼ、岩場のウツボ、イシガキダイetc。。
マクロからワイドまで写真の被写体は多様多種で、水中で揺らぐ太陽光に
輝くテーブルサンゴの美しさは、最高の眺めで、岩場から顔を出す様々な
魚に、舞う魚の群れはステキなダンスです。
何気にクマノミは世代交代をしつつ、ミツボシクロスズメダイもかわいいと
思いませんか?

たくさんいるいる!

 

 

 

 

 


EXで事件です!1本目にもまして波が強くて、隊長以外はドングリころころ
で・・・波間に漂うフィンが???捕まった宇宙人状態のEXの未来ティーが
引きづられて・・・フィンは捜索隊のおかげで無事発見になりましたが、
何ともトラウマのEXでした。
ミナミハコフグ幼魚です♪もうマクロ三昧!




 

 

戦闘終えて日が暮れて、帰りにお買い物です。島一番のスーパーで
飲み物をあさる武藤と宮内・・・そうです黒烏龍茶探しで何と奇跡が!
黒烏龍茶発見です。スーパーの黒烏龍茶は2人で完売となったそうな。。
めでたいなぁ。

宿の前で舞ったりと、椅子に座って眼下を見れば、大波小波の海に
沈む夕日が美しく、ビール片手に乾杯の男子諸君であったそうな。
もちろん飲兵衛吉澤、馬鹿武藤を筆頭にした面々は、物干し3分の
速攻でした。
宿の食事は美味しくて生ビールが進む、ご飯が美味い。女将さんが
親切です。夜は、ログ付けに、浜ちゃん&隊長が撮影したビデオ
鑑賞、飲み会と盛りだくさんに更けていく。

5/4
‖腟彿殄諭。横院遏。隠亜腺隠毅
本日の1本目も大久保浜で、EXのトラウマを感じつつも、高い低いの
あーだこーだの9人衆です。
この1本目は、島村さんの誕生日記念、井上さんの100本記念、
宮内さんの200本記念でした。このダイブのフォーメーションは
演出家浜田が企画しました。なんとも見事な企画書、陸上で演出を
確認しつつEN開始です。(詳しくはビデオで)
水深15mの砂地でフォーメーションスタンバイOK。隊長の呼吸の
指示に合わせて記念ダイブです。
吉澤の「44」から井上さんのマスククリア付き「100」の一文字、
全員参加の「200」の一文字に宮内さんが「命」で浮上・・・
見事フォーメーション終了です。
その後は、アオリイカの産卵床にてアオリイカを発見するも、
宮内さんが襲撃して逃走に走り、ミノカサゴ、ウマヅラハギ、ハマフエフキ
など魚が多かったですよ。

産卵してたのに・・・

 

 

 

 

 


海は青く、水中を気持ちよく泳ぐダイバーは、約1名に悪魔が忍び寄る。
そうEXです。しかし、今日は昨日より楽でしたが、井上さんは水中疲労で
EX後ぐったりでした。
皆さんの記念ダイブのフォーメーションの企画、演出は劇団「浜田」まで?

でかいぞ、クマノミ!

ミノカサゴもでかいぞ!

 

 

 

 

 


島のスーパーで昼ごはんのお買い物・・・弁当にいつもの黒烏龍茶で?
海を眺めながらご飯を食べつつ、食後は浜辺でお昼寝タイムです。
天気も良く、潮風が気持ち良い時間でした。

釜の尻 20℃ 15m
このポイントは、EN口が下にあって器材を背負って歩くのが辛く、
EX後に上がってくるのも辛かった。また、ENから根を逆ドリフトで
延々と泳ぎ、残圧が〜?と叫ぶ武藤と吉澤で、空気の消費量が少ない
島村さん、未来ティー、茜嬢は・・・武藤のポニーボトルはどこへ?
水面移動で沖に出て、水中を泳ぐこと100m?ドロップオフを沈み込むと
キンメモドキ、小アジの群れが壁のようになっていて圧巻です。

大群です!

 

 

 

 

 


帰りはドリフトで流れに乗りつつ、浜へ浜へと流されて、途中で魚を見つつ
残圧を確認し・・・。
浅場に戻って、緊急事態発生です。未来ティーが足から浮上の・・・
水面に助けに行く武藤と吉澤にOKサインの未来ティーは再潜降で
隊長と合流のEXでした。
しかしEX後は、また器材の重さと戦いで、何とか車まで戻ったそうな。

クダゴンベ!

 

 

 

 

 

EX後は、スーパーに買い物です。アイスを頬張る面々に、アルコールを
買う仲間達、明日のイルカの前に食べる朝ごはんを買う者(武藤&吉澤
は不参加?)など、やっぱりラストは黒烏龍茶の宮内&武藤でした。

さて、本日も宿に着けば干し物3分、すぐ飲み会の武藤&吉澤に、
順番に入浴タイムとなりました。武藤、吉澤の入浴中に外の物音
(話し声と笑い声)が気になり、上半身を乗り出し風呂場の窓全開に
宮内、隊長の両名が大爆笑です。これで宮内さんのデジカメには
おぞましい魔除けの写真が記録されたそうな。

やばくないこれ?

 

 

 



さて、ステキな夕食タイムは、今日も生ビールが美味しいステキなご飯。
新鮮な海の幸と地の野菜です。
こんな飯!


















ステキな食事に、今日の海の反省会と思いで話やらで、明日のイルカの
打ち合わせ等・・・後はログ付けと飲み会か?
今宵、空は曇り始め、明朝は大荒れの海になるとは・・・

5/5 ドルフィンスイムへお見送り
起床はam5:00、集合出発で、武藤、吉澤を除く7名は、ドルフィンスイム
へ出発らしく、武藤、吉澤も港までお見送り。波は高く、風強く、御蔵島
まで前途多難です。森林浴中

 

 

 

 

 

 

御蔵島

 

 

 

 


それでも7名は船で出発し、武藤、吉澤は宿で夢の中へ。。。
ドルフィンチームは船酔いと戦いながらも、イルカと会えたそうな。
全員撃沈なれど、宮内さんだけは元気に写真を撮影していたらしい。
恐るべし!
たくさん!近い!







よくがんばりました!


 

 

 

 

 

さて、三宅島ツアーも最終段階に入り、浜田夫妻を残して6名は
帰宅準備です。器材をパッキングして送り、遅い朝食、その後は
島のお土産牛乳せんべいを買いに行き、周回道路で港に向かいます。
途中、禿山のような枯れ木の丘に、火山灰の山、硫黄の匂い、
廃屋や工事中の港、今だ三宅島は復興途上です。それでも
島の皆さんは心優しく、海は力強く僕らを待っていて、魚は元気に泳ぎ、
海と風が近くにいる島です。
御蔵島のイルカも穏やかな海で行ける日々が続く夏が近づき、
イルカも元気に泳ぎます。
夏に向けて、三宅島の限ポイント「めがね岩」が開き、スーパードリフト
ポイント「三本岳」にも行けます。三宅島の海は優しく、伊豆であって
伊豆じゃなく、一番近い南国です。
ぜひ一度訪れてみては?
お疲れ様でした!



















PHOTO BY /KATSUHIDE MIYAUCHI
           YOSHINOBU HAMADA



 

琴が浜バーベキュー

5月3日(木)  

今日は根府川で2ダイブ後にバーベキューの予定でしたが、風向きの
影響で琴が浜にポイント変更となりました。
朝から電車の遅れや渋滞などハプニングはありましたが、全員無事
揃ってダイビングがスタート出来ました。 

リフレッシュチームとFUNダイビングチームの2チームに分かれて
準備開始。
情報によると、ダンゴウオが10匹くらい目撃されているらしい・・・。
ダンゴ捜索方法が綿密に打ち合わせされ、海に臨みます。

その1

 

 

 

 

とりあえず、初ポイントの面々は、エントリー口のチェック。大潮で
干潮の時刻の為、結構陸上の移動が長く、岩のコケが出て滑り
やすくなっているので、快適なエントリーエキジット方法の練習も
兼ねて海へ入ります。

エントリー口偵察

 

 

 



水面でバディが揃ったら潜降。

水面集合

 

 

 

 

岩場からサザエ根周辺の砂地にある壁沿いをくまなく捜索。
すると・・・

ダンゴウオ捜索中

 

 

 

 

いました!!ダンゴウオ〜しかも2匹も〜

ダンゴウオわかるー??

 

 

 

 

上手に同化しているので写真分かりづらいですが、真ん中へンにいます。

見たぞー

 

 

 

 

久しぶりのダイビングでダンゴウオ遭遇。おめでとうございます。

群れ

 

 

 

 

浅瀬に戻る途中では、スズメダイやアオリイカ、ボラなどの群れが
通り過ぎていきました。

浅瀬はボラの群。

 

 

 

 

FUNチームも2本目にダンゴウオ発見したそうです。これで今回
参加された皆様、ダンゴを見ることが出来ました。

2ダイブ後は海の幸&肉肉野菜バーバキュー。
具材はアジ・ホタテ・エビ・サザエに始まり、満腹過ぎるくらいの
量と内容に満足の面々・・・。

バーベキュー終了。

 

 

 

 

夏日の中、2ダイブ&バーベキュー無事終了です 

記念に皆揃って

 

 

 

 

ポイント:真鶴半島 琴が浜ビーチ・サザエ根
水温:16度 透明度:5−10m

江之浦アオリイカ狙い

5月1日(火)  → 

天気はあいにくの雨。でも今日はひとつの目的に向かって潜ります。
アオリイカの産卵が始まったんです!!まだアオリイカを見たことが
ないということでアオリイカの産卵狙いで潜ります。


今日のバディ

 

 

 

 

岩場から砂地まで一気に進んで、サービスさんが設置した産卵床に
向かいます。
産卵床の手前3−4mのところで着底。少しにじり寄りをして、あとは
アオリイカをじっと待ちます。

うーん、ちょっとわかりづらいですが、50cm大のオスのアオリイカ。
その近くにひとまわり小さなメスのアオリイカ。

アオリイカ産卵はじまりました

 

 

 

 

下は産みつけられた卵です。乳白色でキレイでしょ。

透き通る卵

 

 

 



ムカデミノウミウシの交接。ウミウシは雌雄同体といって、
ひとつの体にオスとメスの機能を持っているんです。

交接中

 

 

 

 

2ダイブ満喫です。これからアオリイカのシーズンです。卵からの
ハッチアウト(産まれること)も狙って見に行きましょう!!

穏やかな海

 

 

 

 

昼食は一吉丸。雨でも海況がよければ問題なし。
そして平日の海は混雑もなくてサイコーです。

江之浦といったら、一吉丸で海の幸♪

 

 

 

 

水温:16度  透明度:6−12m

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ