DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2007年11月

房総の海!西川名2ボート

11月29日(木)

前日、21:00川口店集合。

そのまま、アクアラインを通って、
房総半島、西川名へ向かいます

時間帯の影響もあって、24:00前には到着!

とてもキレイで、設備も整っているお宿です(・◇・)ゞ

朝食も料亭のよう・・・

朝から風がビュービュー音立てていた状態なので、

「西川名は潜れるのだろうか・・・

と不安でしたが、ボートは大丈夫とのこと 

良かった。。。

1本目:V字谷
水温:20℃ 透明度:20m以上〜!!!!

西川名のポイントはとても広く、

1ダイブで回ることは結構厳しいポイントです。

地形は岩場が広がっており、周りの地形も

西伊豆を思わせるかのような豪快さ

今回は、V字谷というヒゲダイ、クエがいるポイントへ・・・

潜降後、真っ青な海の色と透明度にビックリです!

青ーい!!

 

 

 

 

完全ブルーウォーターダイブ

最大水深、20m程で、外海とあって流れが入っていました

下のほうはそこまでではありませんが、

水面近くは、ロープに捕まっていたら、

鯉のぼり状態になるほど

さすが、外海といった感じです!!

ただ、水底には、チェーンが引かれているので、

もし流れに体が持っていかれそうになっても、

そのチェーンをつかんで、進むことができます

群れ多し!

 

 

 

 

水底には岩場が広がっていて、

イソギンチャクの中にはクマノミやミツボシがいます。

勿論、大物は、1m級のクエや、60cm以上のヒゲダイなど、

バラエティに富んだ生物がたくさん!!

ブルーウォーターな海♪

 

 

 


根の上にヒゲダイが群れてます〜♪ 

ヒゲダイの群れ

 

 

 

 

大きい〜!

 

 

 

 

オレンジ色のキンギョハナダイがたくさん!!

スズメダイの群れ〜♪

 

 

 

 

2本目:V字谷
水温:18℃ 透明度:10〜15m

水面での風が強くなってきて、少々白波が見える感じです。

若干透明度は落ちましたが、それでも海は青〜い♪

30cmくらいのコロダイが群れています

房総の海は、大きい魚が本当に多いんです

少々流れはありましたが、1本目より収まってました。

V字谷という、岩場の間には、巨大なクエが!!

あの目で見られると、ちょっと恐いですね〜(*/д\*)

魚影が濃い濃い〜!あっという間のダイビングでした

2本目は、房総の海に慣れてきたのか、
少し余裕ができましね〜!!

潜ったあとは、西川名近辺の食事所へ

刺身、煮魚、焼き魚ありのお店ですが、

結構皆さん絶賛していたのが、磯風味のパスタ

サザエがたっぷりで美味しいらしい

久々の房総半島、西川名!!

伊豆とまた違った海が楽しめるところですょ(*⌒▽⌒*)

スタッフ:Shimada Tsurusaki  Iwatani 

PHOTO BY 藤井さん、若山さん

 

リベンジ!網代ドリフト!

快適ダイビングが堪能できる網代!
前回のリベンジで、ドリフト2ダイブです!

実は、前回のトレーニングツアーでは、波が高く、
透明度がいまいち・・・
とのことで、今日に期待です!

吹き続いていた風のおかげか、透明度は良好とのこと!
さっそくエントリー
モンキーロックを砂地まで出て、進路を北方向へ。
沖は果てしなく広がる白砂です!
ソフトコーラルも大振りのものが多く、本当にきれい!
皆さん、ここはこんなポイントだったのかと、ちょっと驚き

トレーニングの方は、無事終了!
チーム全員でまとまることと、しっかり深度を維持すること、
早く希望のポイントで実践してみたいですね!
お疲れ様でした〜!

透明度:18〜20m
水温:19〜20℃

STAFF:SHIMADA

岩でエンジョイゼミ&AOWコース開催!

11/25(日)

今日は、岩でAOWコース&IANTD&エンジョイゼミ開催。

陸上は、日焼けしそうなくらい暑い1日でした!!
日焼け止めがまだまだ活躍しそうな日差しです。

海は、昨日の熱海の話を聞いていたので、かなり期待

その期待に答えてくれた岩の海。

ポイント:ビーチ
水温:20℃ 透明度:12m〜

これからエントリー

 

 

 

 

すごい、透明感のある海です

かなり抜けており、夏生まれた稚魚が、
識別できるまで大きくなる、群れとなしてました(^∀^)

水底から、上を見上げると、
キビナゴの群れが、光に当たり、キラキラ輝いてます

エンジョイゼミナールには、先日プールで
リフレッシュされたK賀さんがご参加です。

K賀さん

 


 

 


光が差し込んでくる様に感動です(*⌒▽⌒*)

一方ボートチーム

ポイント:化け根
水温:20℃ 透明度:5m〜

ビックドロップ、化け根!
若干流れが入っていたようです!

ただ、魚影は見事だったそうですよ〜(^▽^)y

化け根は外海にあたるので、多くの回遊魚が見られるポイントです

ポイント:トライアングル
水温:20℃ 透明度:6〜10m

岩のレックポイントといえばココ

トライアングルは、真鶴大橋を作る際に、
いらなくなった鉄骨を海中に鎮めたもの。

鉄骨には、カラフルなソフトコーラルがびっしりとついていて、
その周辺には、ハタタテダイや、スズメダイ、ミギマキなどが
海中遊泳しています♪

鉄骨と鉄骨の間をくぐるときには、
アドベンチャー的な気分にさせてくれます。

今日も、巨大なジャングルジムの中をくぐり抜けたり、
ソフトコーラルに群がる魚を写真に収めたり。。。( ゚∀゚)

1本目と異なり、穏やかな海でした〜!

IANTDコース報告は、しばしお待ち下さい(^^)

そして、本日、ナビゲーションを無事終え、

AOWダイバーに認定となりました、O沼さん、

おめでとうございまーす!!!ヽ(*≧∀≦)ノ

11月下旬で、こんなに暖かいのに驚きで、

すっかり日焼けしてしまった方も。。。笑

みなさん、お疲れ様でした!!

スタッフ:Watabe Shimada Katsuya Iwatani

 

沈船丸見え!透明度最高の熱海!

天気予報から期待できる、今日の熱海!
EN前からみんなのりのり!
AOWレックと期間限定の洞窟予定です!

まず沈船。
ENして下を見ると!すっごいです!沈船が丸見えです!
いいんでしょうか?こんなに見えて?? 
以下ログブックより・・・


海最高にきれい!沈船も全部丸見え!

チョー海きれいでしたね。

結構ボロボロになってしまった沈船。
次来るときはまだ無事でしょうか?

旭16号ぶっ壊れましたねー。船内通過できそう。

台風9号通過後の初の沈船でした。
右側が崩れてしまい台風の強さを実感しました。

AOWこれで修了です。
透明度も良く沈船は最高です!

人気のレックポイント、旭16号は右舷側が崩れてしまいました。
今までの姿を知っている方はその違いがすこぶるわかるくらいです。
でも以前よりも見所も多くなり、また違ったレックダイビングが
楽しめますよ!

ダイバーランチを挟み、午後は小曽我洞窟へ!
風も無く、洞窟内もとっても穏やか。
洞窟の途中で一度浮上し、天井を見てみることに!
洞窟内の水面で、水中に差し込むブルーの光は
本当に幻想的です〜
以下ログブックより・・・


洞窟OPENです。今日は海況も良くてブルーホールでした!

洞窟きれいでしたね。やっぱこの時期海はいい!

リベンジできました!
透明度も良く、前に来たときとは別物!

リベンジの洞窟、通り抜けできてよかったです!

洞窟の中から入り口に向かって振り返ると
海の青のグラデーションがすばらしかった。

洞窟ダイビングは、本当に海況の良い時に潜ることがお勧めです。
青い光に包まれると、本当に気持ちいいですね!
ダイバーでよかった〜と、思える瞬間の一つです!
お疲れ様でした〜!

透明度:15〜20m
水温:18〜20℃

STAFF:SHIMADA

 


福浦3ダイブ!ナイトSP開催!

今日は大潮!
ナイトダイビングまでの3ダイブです!
ここの所、黒潮のおかげか、とっても良好な海が続いています

まずはビーチダイブ。
早朝から動き出し、朝一番ダイブです!
ベタ凪ぎのビーチで、誰も入っていない海は本当にきれい!
約1時間のまったりダイブでした!

次はボートでアオキダシへ。
ちょっとディープなので、休息時間を長めに取ります。
休憩室ではだんだん
これが本当の休息の仕方?

アオキダシもべったべたのベタ凪です。
波一つ、風無しの海面は穏やか過ぎて気味悪い?
イナダが回り、イサキやネンブツダイが群れで泳ぎ、
ダイナミックな地形は真鶴とは思えませんね、ここは!!

そして日没まで待ちます。
ナイトダイビングに備えて休憩です。ここでも  ^_^;

大潮なのでだんだん満月がはっきりと浮かび上がります。
けど明るい!満月のパワーに驚きです!
ナイトSPも開催され、バディーで暗い海の中をナビゲーションしたり、
ケミカルライトが道筋のように設置されたり?盛りだくさん!
水面下からはっきりと見える空の満月の素晴らしさは、
皆さんにもぜひ体験して頂きたいシーンです!

朝早くからお疲れ様でした!
秋のいい海を満喫の一日でした!

透明度:10〜15m
水温:18〜19℃

STAFF:SHIMADA

 

 


 

西風強風!岩ボ&ビ

昨日とうって変わって西風がブンブン吹いています。
西高東低の超冬型
天気はいいのに気温が低め。

ポイントは岩なので風が当たらずにすむかと思いきや・・・
あまりにも強風のため、沖は高い白波が立っています
希望ポイントは化け根だったのですが船が出せずトライアングルへ。
AOWディープもこちらで開催です。

こんなときはすぐに潜降してしまうのが一番!
ENした後潜降ロープまでの水面移動は、BCDのエアも少なめに
レギュレーターで移動するのが得策
水中に入ってしまえば、水面を吹く風からは想像できない
静寂の世界が待っていて、ソフトコーラルも全開!
しっかり楽しめました〜

でも、風は止みそうにありません。
午後はビーチへ変更しました。
岸よりは混ぜもさほど当たらず、EN・EXも楽々です。
のんびりとフィッシュウオッチングやフォトダイブを満喫です!

伊豆や全国の他のエリアでは、ダイバーや船が流されたりと
いうトラブルが何件かあったらしいこの海況。
海に対してはいつでも謙虚で臨むことが必要ですね。
皆さん、寒い中お疲れ様でした!

透明度:12m
水温:18〜19℃

STAFF:SHIMADA

 




 

期間限定ポイントへ!土肥へGO!

伊豆のダイビングポイントには、ある期間だけダイビング可能
と決めているポイントがたくさんあります。
そうすることで、ダイバーが入らない時期ができ、ポイントが良好な状態を
保つことができるんです!(エビ網漁が理由のところもありますが・・・)

西伊豆土肥の“飛島沖パート供匹郎7遒い辰僂い隆間限定ポイント。
しかも、今黒潮がとても近いところを北上中。
風は東よりの風。状況から判断しても、これはもういい海期待大です!

天気も良く、人も少なめ。
“飛島沖パート供匹蓮馬の背状の大きな根回りを潜ります。
当然、ソフトコーラルがびっちりとスクスクと付き、沖のポイント
ですから魚影も濃厚です!
ENすると、それはもうブルーの世界!太陽光も真っ直ぐ射し込み、
流れも程よく、とっても気持ちいダイビングができました!
根回りにはネンブツダイが覆い、イサキ、タカベが川のように
流れ込みます。本当に伊豆って素晴らしい〜!

続けて“サク根”へ!
ここも東西南北に伸びる根周りを潜ります。
頭上は常に群れ群れ群れ!
透明度も良好で本当にきれい!
EX寸前に、根上を流れる激流に捕まり、やや苦戦しましたが、
土肥のダイナミックポイントを2ダイブ潜り倒してきました!

この素晴らしい海中世界、いつまでもこのままであって欲しいものですね!!

透明度:15〜20m
水温:20〜21℃

STAFF:SHIMADA



秋の岩ビーチクリンアップ!

天気は時々・・・
そして海は大荒れです・・・

秋のビーチクリンアップ、残念なことに海中清掃は中止。
その分、しっかりと海岸清掃に力を注ぎますよ〜

開会式のあと、まずは港周りを清掃です。
特に釣り人の多い港の先端は、本当にすごいゴミ。
食べ物や釣り餌の空き袋や、空き缶、ペットボトルが
大量に落ちています。先日の台風によって打ち上げられた
大型のゴミなども取りづらく岩の間に挟まり一苦労
これだけで、かなりの量のごみの回収です。

次は岩海水浴場の方へ移動し、ゴミ広いです。
海は荒れているものの、砂浜から釣りを楽しむ人たちがいます。
一緒にゴミを拾ってくれたりなんかして
良いことはみんなに広がるといいですね!
同時にビーチコーミングも!
海からの贈り物をたくさん回収できました!
詳しくはこちら↓

http://manpuku.livedoor.biz/archives/2007-11.html?p=2#20071111

ご協力頂いたメンバーの方々へ、潜水Tシャツをプレゼント!
お手製の海鮮鍋もついてきます!

海中清掃が開催できずに残念でしたが、おかげで
じっくりと海岸清掃に打ち込むことができました。
海のゴミはダメージが大きく、再利用できないものがほとんどです。
なるべく海にゴミが出ないように努めるのが一番ですが、
機会あるごとにこのような運動と、それについて考えてみることは、
現状を把握するにはとても良いことですね!

ご協力ありがとうございました!
来年のクリーンアップ活動もぜひ宜しくお願い致します!

STAFF:IWATANI・TSURUSAKI・KATSUYA・ONO・SHIMADA

福浦でエンジョイゼミナール

11月10日(土)

今日は、AOWコース&ファンチーム、エンジョイチームで潜ります
ポイントは、福浦。ビーチダイビングです。

アドヴァンスコースの方は、ナビゲーションとドライを選択。

ナビゲーションは、コンパスを使うことで、
自分が水中でどちらの方向に向かうのか、など把握する際に
必要なスキルとなります。

エンジョイチームは、初めてドライスーツを
着用されるK林さん、M沼さん。少し緊張。。。

今日の福浦は、かなり透明度良し(*≧∀≦)

ブイまでの水面移動していく際に、
何種類もの魚を見れてしまいます!

水面では、キビナゴの群れがキラキラ輝いており、
カラフルなスズメダイも多数。

水温も20℃と、まだドライスーツの中に、
厚手のものは、必要なしといった温かさです。

サンゴイソギンチャクには、少し成長した
ミツボシがいました

ビーチを堪能した後、
浮上してきて、波にビックリ。Σ(´д`;)

波が高くなっていました。。。
エキジットの際、1人ずつ、注意しながら上がりました・・・

2本目をどうするか検討した結果、
中止させていただきました。

明らかに、波音も変わってきたので、
安全にダイビングできる確信が持てない状況でした。

透明度が良いだけに、残念でしたが、その後、
温泉に入って帰られる方もいらっしゃいました

また、次回の海に期待です(・◇・)ゞ

1本目:ビーチ
水温:20℃ 透明度:7〜10m

スタッフ:Shimada Iwatani

 

バディ潜水への道!江之浦ナビSP!

昨日に引き続き、江之浦でナビゲーションSPの
最終仕上げです!

今日は行動範囲を拡大!
ドラえもんより沖の砂地のまた向こうまで行ってみます。
ダイビングエリアには、目印になりような岩やケーソン、ロープ、
アンカーなどの物体があり、水底環境も砂地やゴロタなどで
ナビゲーションのツールになるものがたくさんあるのです。
これらの詳細部は前日のうちに完璧のように把握済み
何よりも、ダイバーになって以来、安心して潜れるようにまで
ここで経験を積んできた賜物ですね!

コンパス、ナビファインダー、水底環境をフルに活用し、
しっかりとEN・EX口まで戻ってきました!
バディ同士お互いの移動ペースや、エア消費なども
マメにチェックすることも重要なポイント!
トータルでバディ潜水、無事成功ですね!!

ダイビングスキルに幅が広がり、今日の一吉丸は
一段とおいしく感じます
2日間お疲れ様でした〜!

透明度:3〜6m
水温18〜19℃

STAFF:SHIMADA

バディ潜水への道!江之浦ナビSP!

ホームの江之浦。
ドラえもんが待つ、穏やかな湾内です。
ここでバディ潜水を目指すべく、ナビゲーションSPが
開催されました!今日はAOWフォトコースも同時開催です!

天気は良好
海はややうねりが残っています。
でも負けませんよ〜!

まずはナビゲーションの基本方法を復習。
コンパスを使用して、直線や四角形、
またキックサイクル数のデーター取り。
これを元に、広いビーチエリアを右往左往するのです

次はナビファインダーを使用して、自分達の進んでいる場所を
把握しながら潜ってみます。
そして、このツール、スタート地点に戻るための距離と角度が
いつでも出せるスグレモノ
これは怖いもの無しですね〜!

ナビバディが一生懸命がんばっている間、AOWチームは
カメラ片手にギンポと格闘です。
とにかく、体を固定させてなるべく近づいて撮影!

安定した撮影ポジションには、呼吸リズムも重要です。
まずは動きの少ない生物からトライすると上達しますね。
2ダイブじっくりと、撮影に専念できました

おなじみ一吉丸で遅めのお昼を取った後、
クラブハウスで明日の計画。
いよいよ江之浦ビーチをバディ潜水で戻ってくるのでありました!!

透明度:4〜5m
水温:18〜19℃

STAFF:SHIMADA






ド〜ンとディープ!熱海!

ディープなダイビング希望!
といえば熱海ですね!
30mへの計画でディープダイビングの経験を積んで行きます。

まずは沈船。
深く行けばいくほどなくなる浮力。ドライスーツとBCDで
きちんと相殺し、しっかり浮力維持
今までは、潜降をスムーズにするためといって
なんと5キロもオーバーウエイト(>_<)
体がすっかり身軽になり、快適に沈船を満喫できました

当然、身軽になればエア消費も変わってきます。
次はソーダイ根でディープ!
50気圧以上も消費量が変わり、驚きです

苦手とするスキルはぜひご相談下さい!
ダイビング、トレーニングによってどんどん快適になりますよ〜!

透明度:10〜11m
水温:18〜22℃

STAFF*SHIMADA

 



 

熱海でDeeeepSP開催

11/4(日)

昨日に引き続き、今日は熱海でディープSP&IANTD開催です。

天気は良好 明るい海中世界を期待です!

期間限定ポイント、小曽我洞窟がOPENしたので、
熱海はダイバーでごった返しています。

1本目:ソーダイ根
水温:20℃ 透明度:5〜8m

ソーダイ根の美しさは、
その大きい根が姿を現したときにわかります!

ソフトコーラルの鮮やかな色が浮かび上がってくるようです
あの瞬間がたまりません+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

水中では、39mの深度に向かいます!

39mの世界は、暗い!!とB場さん、M山さん(´∀`)
 
講習をしている私達に関係なく、
根の周りには、魚影が舞っています

2本目:沈船
水温:20℃ 透明度:4〜7m

沈船の前部をぐる〜っとまわるのにも、
1ダイブじゃ足りないくらいの大きさです!

ただ、やはり台風の影響を受けて、
船体の壁が横たわっている箇所があります。

その倒れたか壁の部分も充分巨大ですが・・・。

少し、にごりはありましたが、しっかり船体は見ることができます!

船の中を覗けるような穴の中には、
スズメダイなどの群れがおり、周りには、ハタタテダイなどの
南洋の魚を見ることもできます

ゆったりとした、アドベンチャー的要素を含んだ
ダイビングを可能とするポイントです

深度がそれほど深くない洞窟ポイントも備える熱海!

透明度も回復してくるともなれば、行くしかない!!・・・ですね

スタッフ:Shimada Iwatani Tsubura

獅子浜でDeeeeepSP開催

11/3(土) 文化の日

今日から2日間、ディープSP&IANTD開催!

初日のポイントは獅子浜です!

ディープSPは、時間と深度の管理が極めて大事なコースなので、
しっかり計画をたてて行きます

海は、透明度抜群!!

8m以上〜ヽ(*≧∀≦)ノ

獅子浜は、大きなすり鉢状のビーチで、
トレーニングなどでよく使われるポイントです。

Oリングの確認、ウエイト量の減説、ゲージの確認、
再度チェックしていきます!!

潜降の段階で、はぐれていないことが重要です

中性浮力、フィンキック、圧力の変化を見ていくこと、
浮力の確認などを行って行きます。

ウエイトは、1キロ変わるだけで全然変わってくるので、
ウエイト量の調整は、とても重要なスキルになります!

今回の獅子浜では、そのウエイトがいかに
重要かを学びました

フードがあるとどのくらいの浮力になるのか。

どの位置につけると、自分の体が安定するのか。

皆様が実感されたようです。

明日もディープSP&IANTDが続きます!

 

1本目
水温:21℃ 透明度:8m〜

2本目
水温:21℃ 透明度:3〜10m




スタッフ:Shimada Iwatani Tsubura

 

 

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ