DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2008年02月

北海道流氷ダイブ第一陣

2月26日(火)〜28日(木)

今年も流氷ダイブスタートしました。
女満別空港は良い天気。

流氷2

 

 

 

 

知床半島ウトロ。
流氷が海が見えないくらいびっしり
着岸していてアイスダイブ日和です。

準備

 

 

 

 

2日目の天候が心配されてしたので
この日は1ダイブの予定だったのを
変更して潜ることに。

氷はキレイな淡いブルー。
水温は・・・マイナス1℃。
でも完全武装で水に触れるのは口だけ。
ダイビングは快適な状態で潜れましたよ。

水中から見る氷の景色と淡水と海水の
混ざり合う神秘的な景観。
勿論クリオネもしっかりと見ることが
出来ました。

そして何と言っても北海道は食!!
ホテルの食事が昨年よりグレードアップ
していて、2泊では食べきれないくらい
の種類の多さにT枝さんとH呂美さんは
ご満悦。
*チョコレートフォンデュのタワーです。

チョコレートフォンデュ

 

 

 

 

昼食のバーベキューも絶品でした。

ホタテバターご飯

 

 

 

 

2日目は朝から吹雪いていましたが、
しっかり潜りましたよ〜。1日目より
余裕を持って潜れたそうで良かった
です。

平日ということもあって海は貸切。
なんだか贅沢な海と陸上に
「来年は3泊だ!!」という意気込み
で2人は帰って行きました。

空港で

 

 

 

 

水中の写真はまた後日アップします
ので楽しみにしていてください(^v^)

明日から来る後半メンバーも良い海
に潜れると良いなぁ。
明日の朝、女満別空港で会えるのを
楽しみにお待ちしています♪

気温:マイナス3℃〜+3℃
水温:マイナス1℃
透明度:8−10m

スタッフ:わたべ

大磯残念!(T_T)魅惑の岩!

前日もかなり吹きました、風が・・・
翌朝、予定ポイント大磯へ海況を尋ねると、
強風のためクローズ(;一_一)
残念ですが、潜水艦はまた今度。
気持ち切り替えて、早速、岩へポイント変更です。

レスキューチームが1ダイブ終えた頃に到着。
早速ダイビング準備に取り掛かります。
ボートで化け根へ行く計画が、だんだん風が強くなり
目の前の海は白波が・・・
またまた急遽、ビーチへ変更となったのです。

でもなんとここは、
岩ダイビングセンターの
T端さんにガイドをして頂きました

大きな体のT端さん、1僂砲睨たないウミウシから巨大ネコザメまで、
あらゆる生物を紹介して頂いちゃいました
ありがとうございます

ヒロウミウシ。
小さいです!カメラに限界が・・・
極小!ヒロウミウシ













 

イロカエルアンコウちゃん!
撮影しやすい場所にいてくれましたイロカエルアンコウ


















そして、ダンゴウオBaby(緑色!)
しかも天使の輪付き〜!

ガイドロープについている緑色のアントクメに、米つぶ並みの大きさです。
いや、米つぶ以下の大きさに、みんなカメラの限界が・・・

でもよ〜く見ると、頭に天使の輪が付いています!
かわいいです〜
このまま成長してくれるといいな〜♪

ハナタツ、幻のホウボウ、ヤギに付くツリフネキヌヅツミガイ、
クロヘリアメフラシのBabyなどなど。

EN・EX付近はすっかり海藻が勢力を伸ばしています。
でも今が一番気持ち良い、海中森林浴のシーズンですよ〜

そして次は、風が止んだのでボートでトライアングルへEN!
ナンジイソギンチャク

















水青い〜!
透明度も良く、気持ちいいダイビングです
ピンク色のイラがたくさんあちこちに
ネンブツダイもソフトコーラルを覆います
マンボウも期待しちゃったりなんかして・・・^_^;

またまた地元の漁師さんにお土産頂いちゃいました。
なんと取りたてのワカメです♪
そして地元でおいしくて知られる塩辛もGET!
ココロも両手もいっぱいのお土産です〜!ありがとうございます!
VIVA! 岩
皆さんお疲れ様でした〜

PHOTO BY/AKANE HAMADA

透明度:15〜18m
水温:13℃

STAFF:SHIMADA

レスキューコース

2月23・24日 2日間集中REDコース

土曜日は朝から学科・午後からプール。
頭を使った後はやはり体を動かさないとね。
湯河原のプールでひたすらスキル練習。
自分自身のセルフレスキューと、周りで
起こるかもしれない緊急事態に対して
動けるようになる為の練習&習得です。

レスキューはパワーだけではだめ。
状況判断とそれに対しての対応を考えて
実行・指示が出来るように練習して行き
ます。

小柄な女性や体力に自信のない方なら
ではのレスキューがあるので、無理だと
思わずやっていくのが大切!

海洋は岩ビーチ。
始めたときは穏やかだった水面も段々と
風波が出てきて実践に近い状況で練習
することに。
そんな状況だったからこそ学べたことが
多かったとK一郎さん。

2日間お疲れ様でした。そして事故者役
のH美さんもお疲れ様でした。

プール後に湯河原梅園に立寄りました。
まだ3分咲きでしたがその前に出ていた
出店に釘付け。しっかりお土産もゲット
して帰った2人でした。

湯河原梅園そばで

 

 

 

 


出店でお買い物

 

 

 

 

岩:ビーチ
水温:13℃
透明度:15m

スタッフ:わたべ

2月にパラオ\(^O^)/

今頃ですがパラオ報告です。
ダイバー憧れの?パラオは
太平洋の西端で
日本から南へ約3,600km行ったところで時差はないんです。
簡単に言うと四国ず〜っと下にあります。
大小200以上の散々した島々と環礁からなる諸島群で
人が住んでいるのは9島だけ。残りの大多数は無人島。
700種類以上の魚、
2000種類以上のサンゴ、ギンガメアジやバラクーダーの回遊魚
魚影の濃さは圧巻です!。。。。。。。。。。

今回はコロールだけでなくペリリュにも泊まったんです。
のどか〜なところで、自然がたっぷり。クリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマス
これも簡単に言うと、
ジャングルを切り開いて道を作ってその道沿いに宿がある。
目の前は海で後ろはジャングル。
なのでジャングルと海だけなんです。
夜になると本当〜に真っ暗です。正真正銘真っ暗です。
戦争に
まつわる戦車や防空壕なども点在していて、
歴史的に見ても大変貴重な経験ができるところです
平和祈念公園での夕焼けは空が真っ赤に焼けて、
のんびりと時を過ごすことができました
ダイビングもオレンジビーチやペリリュキャンプなど
サンゴが綺麗な場所が多く、癒しの空間がたっぷりです

もちろんダイバー憧れのポイント“ブルーコーナー”にも行きました。
外洋に向かってV字に張り出したドロップオフは
ギンガメアジやバラクーダのトルネード、
ナポレオン、グレーリーフシャーク、
ロウニンアジ、カメなど見たいものが全て見れる(魚)(魚)(魚)(ペンギン)
と言ってもいいほど。
あまりの魚影の濃さに感動しまくりです
もちろん激しく流れることもあるポイントなので十分注意が必要

“ブルーホール”にも行きました〜。
リーフ上にある4つの縦穴がそれぞれ下に突き抜けていて、
下で大きなドームを形成しているんです。
縦穴から海底に向かって注がれる光の中、
自分の呼吸音以外何も聞こえない空間で、
浮遊感を楽しむ。そんな光景には言葉での説明は。。。。。
言葉で伝えるのは難しい〜。

パラオは本当に夢のようなところです。
まだまだ、一杯あるんですがこの辺で。

熱海の洞窟へ行こう!海人への道

超強風の熱海。
海況が心配されましたが、ラッキーなことに、
目的の洞窟ダイブまで堪能!
いろいろハプニングもありましたが、
楽しいダイビングができて良かったです!
皆さん、お疲れ様でした〜!

SHIGENORI ARAI Wrote It 

2月23日(土)晴れ 
熱海
一本目 ソーダイ根

ドドン!

春一番が吹き荒れ、波も荒れてました
ロープを伝いながら潜降します。
数10mも下へと続くソフトコーラルが付く根は圧巻です
ソーダイ根のソフトコーラル!


















ソーダイ根は、室町時代には地上にあったそうです
当時の階段らしき跡をバディが見たらしいですが、
自分は気付きませんでした(涙)
コガネスズメダイ


















二本目 小曽我洞窟

心配された風も影響なく、
潜降もバッチシでした。
洞窟の入り口と出口は、光が差し込んで、
青白く幻想的な雰囲気です
そこにダイバーがモデルとなって現れる・・・・
ますます幻想的ですね〜
洞窟入り口付近♪


















ハコフグでしょうか
さかなクンの頭です
ハコフグ君


















ウミウシ漂流中
漂流中・・・(T_T)





























イカもいました。
触手を2本出して怒っていました
威嚇するイカ


















非常に充実した2本のダイビングでした

透明度:15〜18m
水温:13℃

STAFF:SHIMADA

土肥でサンケンオブジェクトSP開催!

今週末は、土肥土肥ツアーです

サンケンオブジェクトSPチームと、
ファンダイビング&エンリッチドエアSPチームに分かれて動きます

スタッフ勝谷の報告にもあるように、
今回、Wタンクで潜る方や、じっくり写真を取りたい方、
脇に予備タンク1本をかかえて潜る、
サイドマウントで潜る方もいらっしゃいます

そんなこんなで、こちらはサンケンオブジェクトチーム!

リールを使いながら、目標物を計測していきます

その為に、陸上での計画が重要になってきます。

バディと力を合わせて!!がポイントっ

セッティング中

 

 

 

 

 

 

 

土肥の通り崎ビーチは、ダイビングサービスから、
車で数分移動した場所にあり、岩陰になっているので、
滅多なことがない限り荒れることのない、穏やかで安定している所です

そこに、沈船があるんです
今回のサンケンの対象は、この沈船となります

1本目
ポイント:通り崎ビーチ 湾内
水温: 透明度:10m〜

2本目
ポイント:通り崎ビーチ 湾内
水温:14,3℃ 透明度:8m〜

計測するのに必要なのが、リールワーク。

しっかり練習して、実際の計測に挑みます

サンケンオブジェクトSPの必要本数は3本。

2本のも課題はなんとか達成。。。ε=ε=(;´Д`)

1日目を終え、夕食もしっかりいただいた後は、

今日のデブリーフィング&明日のブリフィング

計画中〜

 

 

 

 

 

 


 

飲んでまーす(^^)

 

 

 

 

 

 

 

隣では、ファンチームが宴会を開始。。。笑

負けじと計画はたてていきます((。-`ω´-)

2日目

昨日から心配だった風もなんとかおさまっていた様子

昨夜の計画どおりに今日は動けるよう気合充分です(っ`∀´)っ

計測中!!

 

 

 

 

 

 


 リールの使い方も、1本目に比べたら慣れてきた感じがします。
絡ませないように、慎重に慎重に巻いていきます。

無事、計測も終わり、サンケンオブジェクトダイブ終了

武藤さん、道明さん、

無事サンケンオブジェクトダイバーになりました(^^)y

2日間のサンケンオブジェクトツアー、
お疲れ様でした!!!

3本目
ポイント:通り崎ビーチ 湾内
水温:13,7℃ 透明度:5m

4本目
ポイント:通り崎ビーチ 湾内
水温:14,6℃ 透明度:5〜10m

STAFF:Shimada Iwatani

土肥でファンダイビング!

1日目

天気:快晴

 

朝の移動中ベタ凪の東伊豆の海を横目に、

少し不安にもなりましたが、

雪の残る峠道を越えて見えた海にほっとした私たち(´∀`)

 

2日間の土肥ツアー、サンケンオブジェクトSPチームと

ファン&エンリッチドエアナイトロックスSPチーム総勢10名。

 

全員がナイトロックスを背負っての参加です。

 

しかもその内ダブルタンクが4名、サイドマウント1名。

半数がタンク2本立て。

さらにほとんどの人のBCDにはリールがぶら下がっているし・・・・・・・・。

心なしか周りの視線を感じます(自意識過剰?)

 

1日目は2チームとも通り崎にある沈船を潜ります。

 

船が沈んでいるのは水深約20メートルぐらい、

ビーチから少し移動距離があるので、

通常エアだとどうしても船にいられる時間が制限されてしまいます。

こういうポイントこそエンリッチの効果大です

 

脇にタンクかかえていますb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンケンSPチームの奮闘は別項に譲りますが、

ファン&エンリッチドエアナイトロックスSPチームのテーマの1つは

 

「砂を巻き上げてサンケンオブジェクトSPチームの邪魔をしない。」

 

巻き上げやすい砂と地形なのでフィン先には気を使います

 

でも経験豊富なメンバーが揃ったファン&エンリッチドエアチーム。杞憂でした。

 

移動中にはウミテング、沈船付近はハナダイやキビナゴの群れ、

さらにエンリッチドエアナイトロックスSP受講のS枝さんは、

沈船付近で何か大型の回遊魚系の魚を見かけたとか。。。

 

2本目は少し風が出てきましたが再び沈船へ

 

ファンチームは既にサンケンオブジェクトSPを持っている方が多く、

 

一生懸命にスケッチしているサンケンオブジェクトSPチームの姿に

かつての自分を重ねているのか暖かい目で見守っています。

 

無事2本が終了し、

S枝さんは無事エンリッチドエアSP終了!

おめでとうございます!!!(*⌒▽⌒*)

 

その日の夜は土肥温泉、玉樟園新井で

温泉と料理とお酒とで満足な一日をすごしました

 

これから飲み〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

しかし気になるのは午後から強くなってきた西風です。

宿に入る頃には水面に白いウサギの姿もちらほら・・・・・・。

夜、露天風呂に入っていても気になるのは風の音。

明日ボート大丈夫かな。。。

 

次の日、昨夜の風は弱まり天気も快晴です

あとはボートポイントの海況のみ!!

今日も全員エンリッチ使用です。

 

休息中〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービスへ行ってセッティングをしていると・・・・・・。

あれ、サイドマウントが1名増えている。。。( ・Д・)

ついにシングル組は過半数割れして少数派になってしまいました。

 

ファンチームの1本目の狙いは季節限定の沖漁礁です

セッティング中にもサービスさんから少し荒れているかも

という漁師さん情報が入ってきます。

 

とりあえず準備をして港まで行き、漁師さんの助言を仰ごう(`・ω・´)

 

と一同車に乗り込みます。

運転していただいているサービスのスタッフの方に

「だんだん荒れてくるんでしょうか?」と尋ねてみると

 

「漁師さんの間でも午後から良くなってくるという人と、

荒れてくるという人で意見が別れているんですよ。」

 

うーん微妙。。。。

結局私たちを乗せてくれる漁師さんと話した結論は、

 

「行くなら今のうち

 

沖漁礁は、水深22mぐらいの砂地に2m四方ぐらいの

コンクリート製の穴あきブロックを積み重ねたポイントです。

 

透明度はあいにく5〜8mぐらいでしたが、

ふだん人が入っていないだけあってソフトコーラルが実にきれいです

全然傷んでいません(*≧∀≦)

 

漁礁というだけあって魚も多くブロックの間を抜けると

大きなイシダイが群れていたりします。

 

せっかくサイドマウントを持っている人もいるので

ブロックの間をすり抜けてみたり時間はあっという間です。

 

後半は少しづつ流れが出てきて、安全停止はロープにしっかりとつかまりながら。

 

エキジット後に思ったことは、「今のうちに行ってよかった。。。。」

 

昼食後、土肥ツアー最後の1本はSPを終了したサンケンチームと

一緒に再び通り崎沈船へ・・・・

 

サンケンチームに触発されて?みんなで沈船までリールを引きました。

あいにくの透明度ではありましたが、

そんな中海底を沈船に向かってまっすぐに張られた3本のラインが印象的でした!

 

2日間、土肥温泉宿付きツアー、

皆さんお疲れ様でした!!!!

 

お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目

ポイント:沖漁礁

透明度:5〜8m 水温13.6℃

最大深度:22m

 

2本目

ポイント:通り崎ビーチ 沈船

透明度:5〜10m 水温:14℃

 

STAFF:Katsuya

岩で快適ビーチ&ボートダイビング!!

2月11日(月)

先日の鍋&板盛りツアーから、ご参加の皆様!

今日の海況&天気最高!テンション

風が時折吹いたりと、冬と春を一度に体感しているような天気です♪



陸上は暖かい(?)

 

 

 

 

 

 


 

ボート&ビーチでファンダイビングチームボートチームは、K音さん、K崎さん、U田さん。
ビーチチームは、W辺さん。


セッティング中〜

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、アドヴァンスドゥダブルス(ADD)SPチームのM明さん、M藤さんとオリエンテーショントゥダブルス(OTD)SPチームのI上さんですb

器材を組み立てるところから、講習はスタートし、
ダイビング計画もびっしりと立てて行きます!


M藤さん

 

 

 

 

 

 

 

1本目
ポイント:トライアングル
水温:14℃ 透明度:10〜15m

抜群の透明度です(^^)
トライアングルは超巨大なジャングルジム!

中に入ると、鉄骨に着いたソフトコーラルが花開いているようです。

キンギョハナダイの群れはあちこちで見られます。

穏やか♪

 

 

 

 


 


 

海況は良好な良い感じです(^^)
バックに見えるのが、岩大橋です


テクニカルチーム

 

 

 

 

 

 

 

テクニカルチームがスキルを行なっている間、
ファンダイビングチームは、ベニカエルアンコウ探し。

陸上で、トライアングルで珍しくカエルアンコウがいる
との情報を得られたので、その近辺を探します。

ぐるぐる回っていると、

鉄骨をじっくり見てみると・・・・・

いたー!!!!!!!!!!

カエルアンコウ装着中〜

 

 

 

 

 

 



ベニカエルアンコウ発見っ!!

鉄骨に張り付いて、ピクリとも動かずジ〜っとしており、
大きさ5cmくらいのすこし大きめなカエルアンコウでした!(^^)

 

K音さん!

 

 

 

 

 

 

 

この透明度と魚影に、写真をやはり撮りたくなってきます!
完全に、写真だけを撮る、フォトツアーも行なっておりますので、
お気軽にご相談下さい♪

2本目
ポイント:小田原根
水温:13,5℃ 透明度:7〜10m

小田原根、ロープを降りると水深8mくらい。
そこから、根の周りをぐる〜っと一周回れます

透明度は、若干落ちたところはありましたが、
それでも、根周りはしっかり見えます。

この小田原根は、流れるときもあるようで、
今日は若干流れが入ってました。

ビーチのほうも、透明度は15m以上〜!!!!!

W辺さんは、今回ダイビングの経験を増やし、
ステップアップを目指してご参加いただきました(^^)y

岩ビーチは、講習や久々に潜りたい方、
中性浮力の練習がしたい方には、
とても快適なポイントです!

透明度良い〜!

 

 

 

 

 

 

 

本日、ADDsp認定のM明さん、

おめでとうございまーす!!(^▽^)


2本潜った後は、カレー屋さんで美味しいご飯
今日の記録は、ノーマルサイズのナン4枚を完食のM明さんでした

そして、デザートはコレ

マルチーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マルチーズケーキ
その名のとおりのチーズケーキでした!

次回の鍋ツアーは、3/20(木)の春分の日に行います!!
ぜひぜひ、まだまだ寒いこの季節、
多くの皆様のご参加をお待ちしております(*⌒▽⌒*)

皆様お疲れ様でした!!!!!!

スタッフ:Watabe Shimada Iwatani

OWダイバーになる!2day’s!その

予報的中〜
すっかり晴れてます!
そして昨日とは比べものにならないくらい、気温が暖かいです
海は前線通過後のうねりが残っていますが、風は北風。
やはり福浦が海面穏やかです。ここで海洋自習2日目開催!

太陽が出ているので、水中は明るいのですが、透明度は若干落ち気味
でも今日は海中を良く見る余裕もあります!
たくさんの生物達を観察することができました!

ポカポカ陽気なので、水面休息も今日は外のベンチで取ります。
沖に見える雪をかぶった大室山や大島・・・。

こんなシーズンでもしっかりと
ダイビング楽しめるんですよ〜!
暖かいコーヒー飲みながら、最終ダイブへ気合充分補給です
今日は暖か〜い♪














産卵行動に入りつつあるサビハゼ、いつもいるホタテウミヘビ、
あちこちにいた1cmにも満たないコノハミドリガイ、
マメダコやアオリイカの群れ、そして、メキメキと幅を利かせ始めている海藻達!
EN・EX付近の浅場にはたくさんのメジナが群れていました!
フラフープくぐりも今日は難なくスルー\(^o^)/
ナビゲーションもゴール達成!
無事に2名のOWダイバー誕生です

連休とあり近くの定食屋さんは結構な混雑。
めげずにお土産買いつつ順番待ち。
おいしいご飯も、がんばったあとは格別です!
めまぐるしく変わるお天気の中、雪も心配された真冬の海でしたが、
本当にお疲れ様でした!
暖かい海でぜひ実践してきてくださいね〜!!

透明度:8〜10m
水温:14℃
気温:11℃

STAFF:SHIMADA

OWダイバーになる!2day’s!その

今週末は3連休!
でもこの週末の天気予報はちょっと前から(*_*)
器材を積んだ車もスタッドレス!
北の風がやや吹いているため、福浦でOW海洋実習が開催されました!

今にも雨が降りそうな空ですが、海はベタ凪です!
さっそくセッティング開始ですが・・・
寒いです。気温5℃。体が深々と冷えてきます。
ときどき雪のようなものもちらほらと・・・これはやっぱり降るのか?と
覚悟を決めてENしました。

プールで今まで練習して身に付けてきたダイビングスキルを
海洋という環境に適応させていきます。
プールと違うのは、海へのEN・EX、波や水底の環境、そして水温!
ドライスーツを着てフードも装着し、透明度抜群の海へ行ってみます!

初ダイブとは思えない泳ぎっぷり〜
透明度も最高です〜!


動画でどうぞ
<object width="350" height="370"><param name="movie" value="http://media.video.ask.jp/vcaster/player/decowaku.swf?logoFlg=Y&amp;vendor_id=368fb83e-c387-102a-a4af-0017a4aafc10&amp;video_id=3b06f4cd-7d63-4240-8279-1685849fd65a"></param><embed src="http://media.video.ask.jp/vcaster/player/decowaku.swf?logoFlg=Y&amp;vendor_id=368fb83e-c387-102a-a4af-0017a4aafc10&amp;video_id=3b06f4cd-7d63-4240-8279-1685849fd65a
" type="application/x-shockwave-flash" width="350" height="370"></embed></object>

寒そうにイソギンチャクに包まるクマノミも見てきました〜!
<object width="350" height="370"><param name="movie" value="http://media.video.ask.jp/vcaster/player/decowaku.swf?logoFlg=Y&amp;vendor_id=368fb83e-c387-102a-a4af-0017a4aafc10&amp;video_id=14c397ac-b21d-4cc0-a9d2-062992ea629c"></param><embed src="http://media.video.ask.jp/vcaster/player/decowaku.swf?logoFlg=Y&amp;vendor_id=368fb83e-c387-102a-a4af-0017a4aafc10&amp;video_id=14c397ac-b21d-4cc0-a9d2-062992ea629c" type="application/x-shockwave-flash" width="350" height="370"></embed></object>

タンクを背負い、ウエイトをつけて流線型を維持することにも
慣れてきました!
一生懸命泳げばやっぱりお腹も減ってきます。
ストーブが焚かれた休憩室でしっかり暖まったあと、
さっそく2ダイブ目ENです。

海はやっぱり水底は砂地。
意識しないとどうしても砂が巻き上がってしまいます。
フィンの先端まで、移動中の水底と自分との距離、そしてドライスーツの
浮力調整などなど、課題はたくさん!

事前のウエイト調整や、マスクやフィンのストラップ調整など、
次の改善点なども見えてきました。

ちょうどEXして撤収に入る頃にポツポツと雨。
クラブハウスに戻ったら真剣に雨。
ログ付け後に明日のためにコンパスナビゲーションもしっかり予習済み!
そして、冷えた体を温めるべく温泉へGO〜
予報では、明日出発する頃にはピーカンの晴天です!
明日も全開でがんばりましょう!


透明度:15m
水温:14℃
気温:5℃

STAFF:SHIMADA

アンダーウォーターナビゲーションSP!2day's!その


やっぱり降りました・・・雨。
冷たい雨です。寒いです。気温5℃くらいです
こんな日は水中の方が絶対的に暖かいんです!信じられませんが。。^_^;

ナビSPチームは2日目。
江之浦の予定でしたが、風が吹きこれから尚いっそう激しくなるとのこと・・・。
昨日の緻密な計画も虚しく、泣く泣く福浦へとポイント変更になりました。

まず、セッティング前に福浦の水中MAPを使用して潜水計画!
お2人は初めて潜るポイントになりので、深度や水底の環境、
目標物、おおよその距離など、細部に渡り
水中環境の情報をGETします〜!

ここ福浦にもいろいろな目標物があるんです
ガイドロープはもちろんですが、それにつながるイカリやフラフープが
水底のあちこちにあったり、目印用のぺットボトル、イソギンチャクに付く
クマノミ、オーバーハングした岩などなど。。。
ビーチエリアをぐるっと一周して、合計10ヶ所のチェックポイントを通り
ナビファインダーに記入しつつ、スタート地点に戻ってくる計画!
もちろんバディと2人でですよ
進め!進め!




















そして、無事に帰還
こうなったら、次のダイブは、バディでゆっくり写真撮りながらファンダイブ!
で、クマノミのベストショットが撮れました!
ベストショット!














バディと一緒に楽しくファンダイブしつつ、満足いく写真まで撮れちゃったら
もう目の前を泳ぐインストラクターは必要ない??(>_<)
隠れてるのに!!

 

 















そんなこと言わずに、また一緒に潜ってくださいね〜
ゴール!



















途中で会った、AOWナビバディのS藤さんとスタッフTです。
AOWナビバディ♪



















1本目は透明度30mのアオキダシ!そして2ダイブ目は、
ガチガチに震えるほど寒い中でのナビシュミレーション後の
ビーチダイブでしたが、無事にAOWダイバーになりました!
南国セブから一気に水温が下がったS藤さん、お疲れ様です

雨は降り続き、吐く息も凍る寒い気温の中、撤収は早い早い!
ファンダイブチームと合流し、その後は辛いカレーで暖まるべく、
ナンカレーのSARAへ!食べましたよ〜がっつりと!

昨日から都心は雪が降っているとのことで、帰り道相当な渋滞を
予想したのですが、道はガラガラ
20:00前にはさいたま店に到着しました!
みなさん、お疲れ様でした〜!


透明度:18〜20m
水温:13〜14℃

PHOTO BY /KEIICHIRO NAKATANI
          HARUMI NAKATANI


STAFF:SHIMADA


アンダーウォーターナビゲーションSP!2day's!

『やっぱり2人で潜る時は、きちんと帰ってこれないといけないからね〜
と、ナビSP受講のきっかけを教えてくれたN谷夫妻。
そのゴールを目指すべく!2日間に渡り、江之浦でみっちりナビSP三昧です♪

今日はお日様も出て、外にいてもポカポカと感じます。
明日は予報では雪 ・・・(゚д゚)
明日は寒いんだろうなぁ・・・と、今日のうちにこの陽気を楽しんじゃおう!
ということで張り切ってます!

まず1ダイブ目。
AOWコースで受講した時の、キックサイクル数と所要時間を再計測。
そして、コンパスを使用したナビゲーションをしっかりと思い出します。
バディダイビングでは、ダイビング中のお互いのコミュニケーションも
いつもよりしっかりとることが必要です

“コンパスなんて
AOWコースの時以来さわってません・・・
と、よく
耳にしますが、一度使用法がマスターできるとダイビング中は
もう手放せないツールなんですよ〜

さすが冬の海!透明度すこぶる良好です
透明度にストレスがない分、
シュミレーション通りのアクティブなナビ^_^;・・・
とにかく、ナビゲーションダイブで必須な基本を復習、無事完了
ランチしながら、次のダイブの綿密な計画に入ります!

次のダイブでは、ナビファインダーというツールを使用します。
ナビファインダー♪





これがなかなかのスグレモノ
今まで通って来たルートを、このファインダーに書き込んでいけば、
どんなに遠くまで行っても、戻りたいと思った場所へビシッと
戻ってこれるんです!
でもそのためには、そのルートの距離と角度を正確に割り出すことと、
正確にナビゲーションし移動することが必須です
次はどっちへ???




















ここ江之浦のビーチエリアには、水中に目標物となるものがいろいろあります。
ガイドロープ、漁礁となっている岩、ケーソン、ゴロタエリア、砂地エリア、
そしておなじみドラえもん!動くことのない動植物などなど、それらは
私たちが水中をぐるっと回って戻って来たい時に、良い目印になるんです!


こっちかな?




















そんな目標物やコンパス、計測した自分のキックサイクル数を駆使して
江之浦ビーチをぐるっと回って帰ってこようという計画!
水中MAPを使用して、バディ同士かなり熱の入った打ち合わせ
そのかいあってか、無事に帰還です!
こんなのもいました・・・♪





















その後クラブハウスに戻り、明日の計画!

47b0c301一日目、無事終了です!
明日はもっと沖まで出て
バディダイブです!
只今、緻密な計画中!!



明日が楽しみです!!

透明度:15〜18m
水温:13〜14℃

PHOTO BY / KEIICHIRO NAKATANI
           HARUMI NAKATANI


STAFF:SHIMADA








 


 

熱海でAOWのディープとレック!!

今日は、熱海でAOWコース開催ですっ

週の頭の寒さが少しは和らいだような感じの暖かさです

AOWはディープとレックで潜ります(・◇・)ゞ

今回、AOW受講のT内さん、E美さん。
そして、A井S紀さん、K子さんがご参加です

A井さん御夫妻、なんと新品ピッカピカの器材で初ダイブです!!

MY器材の初ダイブ前は、ワクワクしますね〜(´∀`*)

しっかりご自宅で、器材を装着してきただけあり、
ドライの装着が早い!早い!(笑)

器材は、どこに、どんなシステムがあるかを再度確認
バンドの位置など、確認して行きます。

AOWはディープ!!

ダイブテーブルをひいて、最大28mで計画し、
18分の潜水時間で潜ります。

ディープは、最大水深30mまで行く事が可能なので、
ソーダイ根をおおいに楽しむことができますよ〜

1本目は、皆さん、問題を色々抱えたダイブとなりましたが、
しっかり、ディープを体感し、
様々なコンピューターの特性を知るというスキルを終えました

しかしながら、ソーダイ根の浮かび上がるソフトコーラル、
相変わらず、キレイですっ(^∀^)


1本目
ポイント:ソーダイ根
水温:14,7℃ 透明度:20m

NEW 器材!!!!

 

 

 

 

 

 

 

来ましたよー!!!沈船!!!!

熱海の沈船に潜るのが初の方、3名。潜っている方、1名。

この時期の沈船は、
あの青さとはっきりと見える船体に
驚かされますっ(*⌒▽⌒*)

AOWのレックとあり、
沈船の前部をぐる〜っと周りながら、
じっくりと観察して行きます。

途中、キンギョハナダイがウインチの辺りに群れていたり、
沈船にもたくさんのソフトコーラルが!!

階段の中も、上から分かるくらい透明度抜群で、
沈船の内部をのぞきたくなる海です(・∀・)

初めての沈船ダイビングに、
ボート上で笑顔がこぼれてました(´∀`)

無事、AOWのディープとレックを終えた、T内さん。
同じく、AOWのレックを終えた、S藤さん。
NEW器材、初ダイブとなった、A井S紀さん・K子さん。

お疲れ様でしたー!!!!

また、ぜひ熱海に潜りに行きましょうー!!\(^^)/

2本目
ポイント:沈船 旭16号
水温:14,6℃ 透明度:20m

STAFF:Tsubura Iwatani

PHOTO:S藤さん

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ