DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2008年04月

なだらかな地形でダイブ

4月30日(水) 根府川ビーチ

晴れ  昨日に続き、熱い1日です。
海は・・・
久しぶりに潜るダイバーに最適な海況になりました。
水深12−14mの岩場から砂地に向かうなだらかな
地形。砂地に映る光の影が反射してキレイです。

穏やか

 

 

 

 

野外にあるテーブルには大きな日よけが。
雨でも役立つので有難い 

準備

 

 

 

 

今日のバディその1。陸上からとても仲が良くて
意思疎通もしっかり取れている2人です。

バディ

 

 

 

 

砂地で見つけたハナアナゴ。
砂地はどれも同じに見えますが、アナゴには
隠れ易い場所がわかるらしく、尾から徐々に
潜り込んでいきます。

その1

 

 

 

 

その2

 

 

 

 

その3

 

 

 

 

透明度も

水がないみたい

 

 

 

 

ダイビング後はカレー屋さんでおなかを満たし、
しっかりデザートまで平らげました。

食も

 

 

 

 

水温:17-18℃  透明度:15m
フォト:M室さん

スタッフ:WATABE

2008年GWスペシャル!岩でBBQ〜♪

2008年伊豆半島GWスペシャル!!

昨日の福浦に続き、今日は岩でボート&ビーチですっ

ボートチームは、H川さん、B場さん、M室さん、K藤さん、
エンリッチSP受講のK頭さんです。

一方、ビーチチームは、K賀さんがのんびりマンツーマンダイブです。

ビーチは、天気良好なこともあり、
水中はすっごく明るく、しかも抜けてます

水底の砂が白いのが見てわかるくらい明るい!!

カジメ天国

 

 

 

 

 




 
今回、中性浮力を意識しながら、

砂を巻き上げず、中層を泳いでいきます

K賀さん

 

 

 

 

 

 



あちこちに稚魚がいたり、ネンブツダイやスズメダイの群れが見れるので、

思わず、カメラをかまえてしまいます。。。

写真に夢中・・・

 

 

 

 

 

 




このメバル、ダイバーに寄ってきては、
じ〜っとしてこちらを見てました。。

メジナ

 

 

 

 

 

 

 

真正面から

 

 

 

 

 

 


 

ネンブツダイの群れ〜♪

 

 

 

 

 

 



1本目:ビーチ
水温:18℃ 透明度:10〜15m

2本目:ビーチ
水温:18℃ 透明度:10〜15m

ボートチームはエンリッチドエアSP受講者とFUNチーム。

1本目は化け根。壁のような根が一望できるくらいの透明度。
キレイです

化け根

 

 

 

 

2本目はトライアングル。
ソフトコーラルがびっしりと生息していて魚影も濃い!!
アドベンチャー感いっぱいです。

トライアングル

 

 

 

 

トライアングル1

 

 

 



砂地で怪しい動きの二人を発見。何か手渡ししています。
な、何を・・・???
スカシカシパンの死骸でした。Hさん、なぜか今マイブーム
だそうです。(^v^)

GET???

 

 

 

 

1本目:化け根  2本目:トライアングル
水温:18℃ 透明度:15m

そして・・・

今回の一大イベント!!!BBQです!!

良い焼け具合です

 

 

 

 

 

 



外で食べる、バーベキューは格別です(^∀^)

帆立バター

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ渡部、絶賛の帆立バター焼

H美さん

 

 


 

 

 

 

焼の手伝いしていただきました、N谷ご夫妻。

ありがとうございますm(_ _)m

気合で食べてますw

 

 

 

 

 

 


 

日焼けもしっかり・・・

 

 

 

 

 

 



もう動けません。。。。笑
 

今回、エンリッチドエアダイバーになりました、

K頭さん、おめでとうございまーす(*⌒▽⌒*)


次回の岩BBQツアーは、5月5日(月)です。

ぜひたくさんの皆様、御参加お待ちしてます(´▽`)

STAFF:Watabe Iwatani

群れ群れ尽くしの2ダイブ

4月27日(日)天気は ちょっと動くと汗ばむ感じです。

参加した全員が初福浦ボート。
どーんと潜るアオキダシとじっくり潜るリトルシャーク。

1本目。水面から水底が一望〜。
マスク越しでもみんなの目が笑っているのがわかります。
「すごーい!!!!」叫び声が聞こえてきそうなくらい、
ここ最近では良い海況

入って28mを移動。
キビナゴの群れ→アジ・イサキ→ヒラマサが周りを
グルグル。
じーっと見入ってしまった・・・。

2本目に潜ったリトルシャークでは、岩場と砂地の
境目にこれも群れのごとく沢山います。
30cm大でぬいぐるみのようにかわいい

出船して2-4分でポイントに到着するのも魅力的。
リトルシャークはオープンウォーターダイバーから
楽しんでいける深度。
初ボートの方にも快適な所なんですよ(・∀・)

ポイント:アオキダシ、リトルシャーク
水温:17-19℃ 透明度:10−20m

スタッフ:WATABE

2008年GW第一弾は三宅島!!

2008年GW 第一弾

行ってきましたー!三宅島ダイビング&ドルフィンスイム.。゚+.(・∀・)゚+.゚

今回、A井S紀さん、K子さんご夫妻、U田さんの3名で出発します

25日(金)22:30 竹芝出港

明朝5:00、三宅島到着。

宿に到着し、仮眠を取った後、

三宅島人気ダイビングポイント、大久保浜へ出発です。

大久保浜

 

 

 

 

 

 

 

大久保浜は、黒い砂利の浜で、足場を安定するのが難しい所です。

水中は、真っ白な砂地に豪快な壁。

壁には、南のほうにいるようなカラフル魚が付いています(^∀^)

 

いざ三宅の海へ!

 

 

 

 

 

 

 

いざ、エントリー!

おおぉ〜!!!!

海があお――いっ!!(≧∀≦)

 

ブルーウォーター

 

 

 

 

 

 

 

ハナミノカサゴがあちこちで見られます。

ハマフエフキのお出迎えもあり、島ならではの巨大な魚に驚きですっ

ビーチでこの地形!

 

 

 

 

 

 

 

壁沿いには、ツノダシやキンギョハナダイ、
スズメダイ、チョウチョウウオなどの色とりどりの魚が群らがってます

ブルーウォーター

 

 

 

 

 

 

 

クマノミ城のイソギンチャクには、

クマノミやミツボシが生息しています

クマノミ城

 

 

 

 

 

 


 

水底には・・・

 

 

 

 

 

 

 

2本潜って、明日のドルフィンスイムの為に、

スキンダイビングの練習

スキンダイビングをしていても、海の青さにウットリでした。。。


 大久保浜潜りました!

 

 

 

 

 


 

1本目
水温:21℃ 透明度:15〜20mオーバー

2本目
水温:21℃ 透明度:15〜20mオーバー



温泉へ行き、さっぱりした後は、三宅島1周〜

火山島である三宅島では、あちこちの溶岩などの火山の名残が見れます。

ここまで、残っている島も珍しいそうです。

地域によって、自然の有様が全く違います

そして、

ダイビングの楽しみの1つでもある食事です

じゃ〜ん!!!

島で取れた、伊勢えびでーす!!!!!

伊勢えびまるごと!

 

 

 

 

 

 


 

いただきまーす

 

 

 

 

 

 

 

島の食材を堪能した後は、明日のドルフィンに備えて、
早めの就寝。。。。


とその前に・・・

器材を片付けがてら、外にでてみると・・・

まさにプラネタリウムっ!!!!(*≧∀≦)

手が届きそうな、空一面の星空に、一同ボ〜然としてしまいました。。。

しかも、A井さんご夫妻、流れ星まで見たそうです

天体観測☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまいには、道路に寝そべって星を見続ける。。。笑

残念ながら、その後流れずでしたが、こんなに満天な星空に
かなり感動でした*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

4月27日(日)5:30出発

6:30に御蔵島へ行く船が港から出るので、
超早起きです

途中、波がざっぶん、ざっぶんかかり、
まさに、滝に打たれているような海です・・・
修行僧のようになっていたS紀さんでした。。。

約40分程で、御蔵島に到着。

イルカを探して、島の周りを走ります。


ドルフィンスイム開始b

 

 

 

 

 

 

 

いるぞ、いるぞ!!イルカ達っ(*゚∀゚)っ

今回、他の船も少なかったせいか、

水面に顔をだしたり、スパイホップしたりと、

結構絡んでくれました

イルカ

 

 

 

 

 

 

島の周辺を周って、約2時間。

途中、カメに遭遇したり、タカベの群れを見たり、

トビウオを見たりと、御蔵島の海を楽しみました〜

あっという間の2日間でしたが、皆さん

大変お疲れ様でしたm(_ _)m


GW後半の八丈島!!

そして、まだまだ伊豆半島ツアーも募集中です!!

どんな海の報告が聞けるか楽しみです〜\(^▽^)/

STAFF:Iwatani

 

快適な環境〜♪

驚いた出来事がありました!!
獅子浜に向う途中、赤潮だらけの海岸線を横目
にエントリー場所もこんなだったらどうしよう・・・
と思いながら到着してみれば、水面から水底の
様子が一目でわかるほどのすんだ水。蒼い海。

ここは伊豆かって言いたくなるくらいの良さに、
一気にテンション (^v^)
CHUUKの沈船ダイブやマクタンの海を髣髴
させる海です。

水温も水面は20℃、水中も19℃と暖かい。
潜る楽しみが一段と増して行きます。
テックコースで長めの減圧シュミレーション。
水温大切です

潜り始めた時と風向きが変わり流れが入り、
1か所で滞在するにはちょっとヘビーな感じは
ありましたが水中が見渡せるって、気持ちが
いいものです。

この水温と透明度、ずっと維持してくれると
いいのになぁ。

ポイント:獅子浜   天気:晴れ
水温:19−20℃  透明度:〜15m
スタッフ:WATABE

獅子浜でダイビングの感覚を取り戻そう!

今日は、朝出発のツアー開催です

まだ夜も明けきらぬ明け方、伊豆に向かって出発

K子さんは、伊豆で初ダイブ、そしてドライスーツ初ダイブ

U都宮さんは今回、エキップメントのタンクの取り外し練習を行います

そして、自車で合流のK賀さんは、久々のんびりダイブでご参加です

皆さんそれぞれ目的を持ったダイビングに適した海況が良い所、

獅子浜に決め西伊豆へGO

行くとダイバーでわんさか、クリーンアップ活動を行なっていたり、

モニター会が開かれていたりと大賑わいでした。

潜ってみると、暖か〜い

段々水温が上がってきましたよ〜(。・ω・)ノ゙
GWも期待大です

K子さん、K賀さん、久々ダイブの為、
しっかり中性浮力を取って泳ぎだし、
姿勢を意識した泳ぎを行なっていきます。

U都宮さんは、着底して、タンクの取り外しを練習。

中層には、スズメダイの群れが舞っており、
中は、岩の隙間には、サラサエビがいたり、
K子さんお気に入りのウツボがあちこちにいて、
マスク越しに笑顔がしっかりこぼれていました

20センチくらいのクラゲがあちこちにいて、触手には小魚が。。。
島田いわく、この小魚を写真に撮るのかなり難しいらしい。

だんだん、泳ぎ方が安定してくると、
周りが見れる余裕がでてきます。

ログ付けは、隣のレストランで

皆、口を揃えて、「甘いものが食べたい〜」笑

これらをお供にログ付け開始。。。

ブリュレ

 

 

 

 

 

 

 

 


 

クリームソーダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝早くからのご参加ありがとうございました!!!

これからのシーズン、ぜひまたご一緒しましょう〜\(^0^)/

お疲れ様でした

1本目:シーマンズ裏
水温:19℃ 透明度:8m 流れあり

2本目:シーマンズ裏
水温:19℃ 透明度:8m 流れあり

スタッフ:Shimada、Iwatani

大瀬崎エンリッチドエアツアー

4月17日(木) 
平日貸切♪大瀬崎ツアー

外海希望でやってきました。
天気予報が下り坂というのと平日という事
が関係しているのか、大瀬崎に来ている
ダイバーもまばらでほぼ貸切状態。

海の中は春濁り。水面層は2−4m。
水深10mを超えると透明度は15mくらい
は抜けていました。(良く言いすぎ?(^_^;))

30m付近にあるムチヤギ群に行く計画で
32%エンリッチドエアを使用。
2段階マルチレベルでのんびりダイブ。
エアーだと30mは最大20分。エンリッチを
使っていくと20分だとまだまだ余裕のある
状態なんです♪

大瀬崎

 

 

 

 

 


ミノカサゴの幼魚。
鰭の繊細な感じが良いですね〜。

ミノカザゴ

 

 

 

 

 


2本目は湾内。
使うタンクは同じくエンリッチ。
山越えするし。体にかかる負担を少なくして
潜ります。
ラグビーボール大のアメフラシがいっぱい。
T野田さんは珍しいらしく興味深々でした。

潜り終わるまで天気が持ってくれたおかげで
快適に過ごせた1日でした♪

ポイント:一本松、湾内
天気:曇りのち雨
透明度:2−15m 水温:14〜15度
フォト:U田さん
スタッフ:WATABE

ナビゲーション

4月13日(日)  土肥ビーチ
ナビゲーションSPインストラクターコース。

スペシャルティを開催するインストラクターは
そのスペシャルティの開催資格が必要です。

ナビゲーションは大事です。
基本でもあります。

事前に準備が必要なコースは段取り9割。
スムーズな実行はダイバーにとっても理解
と習得のしやすい環境作りになるんです。

ポイントごとの開催方法なんかも考えながら
実習修了です。

天気:晴れ
透明度:8m 水温:15℃
スタッフ:WATABE

リゾート初島で、のんびりダイビング!

リクエスト多数いただく初島っ

天気にも恵まれ、この暖かさダイブ日和です

段々と暖かくなってきたので、陸上も気持ち良い(^∀^)

今回は、総勢11名で潜ります〜

K林さん、U原さん、K子さん、K谷さん、F井さん、

T内さん、T野田さん、T沢さん、M井さんです。

久々の方や、初めて初島を潜る方もいらっしゃったので、

楽しみだけど、緊張する〜なんて声もちらほら。。(´・ω・`)

でも、海況バッチリただ、気になるのが・・・赤潮〜

水面を漂っていましたが、なんとか流れてくれると良いな〜と思いながら、

1本目、フタツネへGO

水面はやはり二ゴニゴです。ロープをしっかりつかみながら、

エントリーしていきます。

潜ると、さすが初島透明度15m近く抜けてます!

生物はというと、何かと可愛さアピールしていたのが、

ギンポちゃん

1mくらいの岩の中に穴がいくつか空いていて、

中には、目をまん丸させたギンポがあちこちにいました。

ギンポ団地なんて呼ばれるとこるがあったくらいで・・・(´▽`)

カメラかまえて、皆じっとそこから動きません(笑)

2本目も同じくフタツネへ

更に水が抜けて、おおぉ〜20mは見える〜

ハナミノカサゴが浮遊していたり、

岩場には、ウミウシなどの生物多数〜

皆、寒さにマケズ、しっかりマクロってました。。。

あがった後は、美味しい食事

カサゴの煮付けやから揚げ、

アジイカミックス丼をしっかり補給〜(*⌒▽⌒*)

滅多にみれないという珍しい、キアンコウの幼魚まで、

見てきました〜 

身近なリゾート初島!

これからの時期もますます楽しみです〜

皆さんお疲れ様でした

1本目
水温:15℃ 透明度:2〜15m

2本目
水温:15℃ 透明度:2〜20m

スタッフ:Shimada Iwatani

プロレベルトレーニング

4月7日(月)〜4月9日(水)

インストラクターコース実習。
7・8日で開催予定でしたが、予期せぬ荒天で
8日の海洋はお預け。急遽プールに変更して
スキルとコントロールの強化をしました。

試験は翌週14・15日。
インストラクター試験はスタートに過ぎないので
その後の活動を目標に練習。

台風のような雨風が過ぎ、すっかり落ち着きを
取り戻した9日は海に潜ることが出来ました。
前日の様子から考えると凄い回復力です。

自然を前に予定通りにいかないことも良い経験
になった3日間だったのでは・・・と思います。

天気:暴風雨〜晴れ
場所:湯河原プール、福浦ビーチ
透明度:10m 水温:15度
スタッフ:WATABE

コースもFUNも

4月6日(日) 獅子浜2ビーチ

I上さんのOTD(オリエンテーション・トゥ・ダブルス)コース
3ダイブ目が開催されました。
トレーニングのラストダイブはマニホールドタイプ
の使用。

一緒にFUNチームが周りで潜りますが、この日
の透明度は・・・。春濁りなのか〜!!
ちょっと茶色というか緑っぽいというか、そんな
色をしていました。
水面はすこぶる良い状態なのにね。

獅子浜

 

 

 

 

 


光はまあまあでした。色は・・・まあ自然が相手
ですから。

透明度

 

 

 

 

 


体長10cmのコウイカ。体の色をめまぐるしく
変化させていました。

コウイカ

 

 

 

 

 


オオウミウマ。ここ最近の定番。
じっと同じところにいて、ちゃんと食事している
のかきになります。素早い動きが出来るように
見えないし。

オオウミウマと

 

 

 

 

 


I上さんのスキル習得の確認も出来、無事修了。
帰りは沼津で海の幸で満たされました。

天気:晴れ
透明度:2−6m 水温:16度
スタッフ:WATABE

マクロ狙いで。

4月5日(土) 岩2ビーチ

ダンゴウオシーズン継続中。
自分で見つけたことがない!!というU田さん。

今回はU田さんがダンゴウオとカエルアンコウを
探して教えてくれることになり、後からついていく
ことに。

体長2mm〜5mmのダンゴウオ。目が慣れて
しまえば結構な個体数がいるので見つけやすい
のですが、慣れるまでは・・・。
色も葉と同系色で探しずらいけれど、次回はもう
大丈夫?!のようです(^_^;)

マクロ

 

 

 

 

 


アナハゼ発見。

アナハゼ

 

 

 

 

 


カエルアンコウは定位置にいた個体が移動
して発見出来ず 
でも別個体をしいかり発見できました。
あいかわらずとぼけた感じの表情をしていて
かわいいヤツです。

カエルアンコウ

 

 

 

 

 


天気:晴れ
透明度:10−12m 水温:16度
スタッフ:WATABE

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ