DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2010年03月

雲見で牛着岩を見る!!

天気:

今日は雲見です!!

のんびり快適DIVEができそうです(^^)

貸切に近いで〜す!

 

 

 

 

 

 
NEWドライスーツを装着っ!!!

今回は、黒で決めてみましたっ

NEWドライ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水中は、春濁り真っ最中っ!!!!
透明度3〜5mくらいで、茶色の海になってますっ。。。

雲見の穴は有名ですが、今回はあまり中に入らず、
外側をぐるっと回りました〜!!

中には、メバルが群れていたり、外側にはマダイがいたりと、
濁っている中でも生物観察できます

穴に入っていくときには、お化け屋敷のような暗い感じがします。。。

がっ!!!!

穴を覗くには楽しいです〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



偉そうですが。。笑

 

 

 

 

 

 

 

貸切状態とのことで、こんなところで
写真撮らせていただきました( ´_ゝ`)ノ


ビッグイチゴ!

 

 

 

 

 

 

 


お昼は、やっぱり魚介っ!!!
定食には、こんなに大きなイチゴまでついてました

貸切雲見っ!!!またぜひ行きましょう〜(^^)v

水温:13℃ 透明度:3〜5m

スタッフ:Iwatani

西伊豆回復

3月22日(月) 

今日は獅子浜にきています。
昨日までの西風暴風がうそのように穏やか。

沼津から見た富士山

 

 

 

 

 

 



マルチレベルSP講習があり、桟橋で計画中。

201003220955000


1本目潜ってみると、春濁り・・・(>_<)
水中は少し暗い感じで、今日は水中ライトが
大活躍です

コウイカやヤリイカの卵やウミウシなど、じっくり
観察できる生物がいっぱい。

1本潜った後はランチタイム。

201003221205000

これ食べてます。おいしいです(^u^)。

201003221206000


チーズ入りハンバーグが旬なのか、お弁当に
入っていたアンバーグもチーズ入り★

2本目はSPチームとハリセンボン捜索チームで
別ルートに動きました。

みごとハリセンボン発見!!でも、すばしっこい
ハリセンボンで、見ていないメンバーも

透明度は残念でしたが、昨日までの風を考えると
厳しいかなーと思われていた獅子浜の海に
ちゃんと潜ることができて何よりでした。

マルチレベルSPも無事修了したKさん、おめで
とうございました(*^^)v

水温:14,5℃ 透明度:〜4m
フォト:KITOさん
スタッフ:TSURUSAKI、WATABE

ダイビング日和〜

3月21日(日)春分の日 

早朝から暴風雨&雷雨でダイビングが
できるのかと、疑心暗鬼の状態で朝集合
された2人。風向きや透明度を考慮して
岩でダイビングです。

天気もすっかり回復して何だかいい方向
に向かっている予感でいっぱいです(^u^)

今日のバディ。

201003210904000


前日の透明度がすでに春濁りで殆どなかった
為、今日の海はどうかちょっと不安が・・・。

すっかり定番になったカエルアンコウの
顔を見に行ってきます!

岩ビーチダイブ

 

 

 

 

 

 

 

エントリーしてみると・・・
あれぇ〜 海良いじゃないですか〜
春濁りの茶色い海はどこへ

青いです!

岩

 

 

 

 

 

 

 

いましたカエルアンコウ。

カエルちゃん1

 

 

 

 

 

 

 

一つの海綿を挟んでオレンジと白が一緒に
いました

カエルちゃん2

 

 

 

 

 

 


一度に2度美味しい体験です(^∀^)
そしてハナタツ

ハナタツです

 

 

 

 

 

 

 

砂地にはホウボウが。地元ではこの魚も
食べてしまいます。そして美味なんです

ホウボウ

 

 

 

 

 

 

 

何かと思えばダンゴウオモチーフ。
実際にダンゴウオも見れたのですが、興奮の
あまり手ぶれが起きてしまったので、下記映像
でご容赦ください( ´_ゝ`)ノ

ダンゴウオもどき??

 

 

 

 

 

 


想像以上の透明度にご満悦(>_<

良い海で♪

 

 

 

 

 

 

 

そしてあまりの西風の強さで黄砂が運ばれて
きました。


201003211032000


水温:14℃ 透明度:5〜8m
フォト:KITOさん 
スタッフ:WATABE

風が強くても(^O^)

3月20日(土)

朝から南西強風。天気予報で、
「山と海は大荒れの天気なので充分注意が
必要。」と言われてしまいブルー

 しかーし、熱海のソーダイ根と洞窟はこの
風向きに強かった(^^)v
水中はすっかり春濁りの茶色い海で、少し
暗い感じでしたが、ソフトコーラルのすばら
しさは健在です!

201003200905000

2本目は洞窟でしたが、透明度から洞窟なら
ではの青さは望めなかったので、途中で一度
水面に浮上して洞窟内部をじっくり堪能しました

201003201117000

またリベンジいきまーす

ポイント.宗璽瀬ず △海修洞窟
水温14℃   透明度1〜3m
スタッフ UEDA WATABE

小笠原便りvol.7

天気がいい海がいい
そしたら、今日も3本潜りますよ〜。
これから3本目です。
今はちょっと休憩中です。
100320_142459

そして〜
今日は3本!たっぷり3ダイブ
ウミガメ、ネムリブカ、バラクーダでました!
これから夕食です。
DVC00001

小笠原便りvol.6

今日は山登りです。
100319_092605

山頂からの景色で〜す。
100319_115616

マンタがでました

小笠原便りvol.5

今日は、6日間御参加の方が一足先に帰られる日

船に乗る前に、せっかくなので展望台やら、近くを散策します

PIC_0116














このははじま丸で、父島へ向かいます。

帰りたくな〜い。。。


PIC_0122














PIC_0123














泣く泣く帰ります・・・・(T T)

見送られるのは寂しいです・・・。。。

そんな別れの後は。。。

今日は朝の天気が雨だったので
2本ダイビングで潜りま〜す。
今はかなり快晴です。

1本目は、向島 小ビーチです

100318_111117


ここは、ハマシコロサンゴという巨大サンゴが群生しており、
サンゴを隠れ家としている魚たちが、数多く生息しています


PIC_0124














サンゴ畑の上や横を通過〜

PIC_0126














ノコギリダイの群れ群れ〜です
ダイバーが近くを泳いでも全く動じません(笑)


PIC_0137














ハマシコロサンゴ畑

PIC_0153














ミゾレフグです(笑)
すんごいまん丸になってますが、今どんな気分でしょう??

?抱きかかえられて嬉しい!
?お腹が空いた〜。
?何すんだよ!と怒っている・・・


PIC_0140
















正解は、?番です。
もちろん、すぐに離してあげました

見た生物
ノコギリダイ、アカマツカサ、アジアコショウダイ、スミツキカノコ、
ヘラヤガラ、メガネクロハギ、ムスメハギ、ミゾレフグ、ユウゼン、
ミスジチョウチョウウオ、フエヤッコダイ、アジアコショウダイの幼魚、
カンモンハタ、ハナビラウツボ、ネッタイミノカサゴ、アカヒメジ、アオノメハタ、他。。。

帰りには、小クジラ、母クジラのブリーチが見れました

2本目は、ザクザクです。


PIC_0165














ベニゴンベです。
あちこちのサンゴの中を覗くと、かなりの確率で見れます♪
とても臆病なので、なかなか外にはでてきません


PIC_0169













コガネヤッコは、目の周りと、体周囲の青い線がポイントです


PIC_0168














タテジマキンチャクダイの幼魚です
とても会いたかった魚なので、かなり嬉しいですね(*´∇`*)
大きさは10cmくらいで、成魚になると、全く異なった模様になります。


PIC_0186














そして、いきなりですがランチです。

100318_133923


良いダイビングの後のランチはうまい
海、良かったんです。



スタッフ:Iwatani

小笠原便りvol.4

おはようございます!!

今日もピーカンですっ


PIC_0062














向島という島で、母島とこの向島の間が、
ザトウクジラの遭遇率が高い所です

今日の1本目は、沈船「西海丸」です!

元々は貨物輸送船で、そのままの状態で沈んでしまい、
水中では、船が砂地に停泊しているような状態となってます

ミスタヒチといえば、沈船っ!!
これは潜るしかない!!

しかし、この沈船、残念ながら画像がありません・・・

なぜなら・・・

ザトウクジラの爆音ソング!!
を聞いてしまったからで〜す∑(`□´/)/


タンクがビリビリ振動しています。。。。

すぐ上にいるのではないかと思うくらい爆音です。。。。

皆、頭上を見上げ、ただただ水面を見ているばかり

しかし・・・・クジラは現れず。。。。(T T)

まぁ、あんな爆音を聴けたのだから仕方ない

なんて思いながら帰っていく、船で見ました!!!

子供のザトウクジラっ!!水面休息中。。。。。Zzzzz

水中を泳ぐ子クジラ見ましたっ!!
ヽ(^ε^)人(^ε^)ノ ★☆★☆

水中遭遇っ!またもや驚きでしたね(^^)v

見た生物
なし(笑)

2本目は、向島 小ビーチです。

ここも魚影が濃く、じっくり写真が撮りたいダイバーにとっては、
はずせないポイントの1つです(・◇・)ゞ

魚影が濃すぎて、大忙しです!!なんてコメントも

見た生物
ベニゴンベ、アジアコショウダイ、ヨスジフエダイ、ユウゼン、
ツノダシ、トゲチョウチョウウオ、フエヤッコダイ、アカマツカサ、
キイロハギ、ヘラヤガラ、ノコギリダイ、ミナミイスズミ、アカヒメジ

3本目は、四本岩。

ここは、地形好きにはたまらないポイントです
地形も良いですが、なんといっても珍しいイソマグロが
回遊しているポイントでもあります!!!

多いときには、30匹近くのイソマグロが壁と壁の間を回遊しています


17小笠原 004














そしてヒレナガカンパチです〜!!!回遊中〜

17小笠原 005














中層には、イソマグロの群れ群れ〜
途中には、直径10m程の穴があり、
そこには、キリンミノがた〜くさんです(*・ω・)ノ


見た生物
イソマグロ、キリンミノ、ギンガメアジ、イガグリウミウシ、
コイボウミウシ、コンガスリウミウシ、キイボキヌハタウミウシ、
ユビウミウシ、カッポレ、ヒレナガカンパチ、アカイセエビ、ヘラヤガラ


帰りのボートの上で、すんごい光景見てしまったんです。。。

巨大ザトウクジラのブリーチング姿っ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

せっかく動画で撮っていたのに・・・
その映像がおしゃかになってしまいました(涙)(涙)
20m先くらいを飛びはねたザトウクジラの姿は
一生忘れられないことでしょう。。。。

夕方、近くの展望台に散策!!


PIC_0064














PIC_0065














1本目:沈船
水温:20,9℃ 透明度:25m

2本目:向島 大ビーチ
水温:20℃ 透明度:20m

3本目:四本岩
水温:20℃ 透明度:15〜20m

スタッフ:Iwatani

小笠原便りvol.3

これから母島でダイビングです。
きたーっ!!
 
真夏のような太陽っ!
絶好調の天気です


 100316_083735

小笠原、初ポイントは、ミズタマですっ!

ミズタマヤッコという、ここにしかいない魚が生息していたのですが、
台風によって、今ではほとんど見られなくなってしまったそうです

水中は、まさにブルーウォーター!!!!!!

エントリーしたときから、ツバメウオのお出迎えっ(^▽^)/

下は、巨大なサンゴで一面広がっています〜
小笠原のサンゴは、他ではなかなかみられないサンゴが
多数生息しています

そのサンゴを隠れ家にしたり、エサ場にしていたりと、
多くの魚が見られます

天気も良いので、水中はライトいらずの明るい世界が
広がっています!!(*≧∀≦)

母島の海を代表する群れがいくつかいます!

ウメイロモドキ・アカヒメジ
ノコギリダイ・ヨスジフエダイ

これらは、私達ダイバーが近づいても動じず、
サンゴの上を多数の群れでいるところが見れます





PIC_0036














見た生物
ザトウクジラ、ウメイロモドキの群れ、ユウゼン、ツバメウオ、
ハタタテハゼ、オグロクロユリハゼ、黒いクマノミ、スカシテンジクダイ、
ホシゴンベ、ヨスジフエダイの群れ、レンテンヤッコ、ホンソメワケベラ、
タテジマヘビギンポ、ヤマブキベラ、キイボキヌハタウミウシ、
オトヒメエビ、アカイセエビ、キイロハギ・・・

2本目は、平島という島の、水浜です

平島は、日本有数(日本一!)のアオウミガメの産卵地で、
アオウミガメに会えてしまう確率が高いところです

ハマシコロサンゴという逆向き鍾乳洞のような、
巨大なサンゴ畑が広がっていきます

最大水深20m程に広がるサンゴ畑なので、
水中に長くいられ、写真もゆっくり撮ることができます(o^∇^o)ノ

サンゴ畑を進んでいくと・・・・
なんとなんとなんと!!!!!!

巨大なアオウミガメに遭遇〜っ!!!
∑(=゚ω゚=;)マジー!!

カメの背をキイロハギや、レンテンヤッコが
クリーニングしているかのように甲羅をつついています。。。

あんまりにもダイバーを警戒しないので、
私達が水中世界にお邪魔します(*´ェ`*)
といった気分になります(笑)

こちらで、アナダイと言われているアジアコショウダイは、
目をギョロギョロさせながら、ダイバーを見てきます
その体をホンソメワケベラがクリーニングしています
あんまりにゆったりしている魚達は、なんとも心地良さそう
 
見た生物
アオウミガメ、アカハタ、バラフエダイ、ノコギリダイの群れ、
ベニチョウチョウウオ、ハマフエフキ、アカヒメジ群れ、キイロハギ、
ハタタテダイ、レンテンヤッコ、ナンヨウブダイ、キホシスズメダイ、
トゲチョウチョウウオ、キイロハギ、ウケグチイットウダイ・・・
今、ランチで〜す
クジラ水面でバンバン出てます!

真夏のような暑い日差しを背に、
島レモンジュースまで飲んでまーすっ

100316_142125

初日から、水面ザトウクジラを見てしまいましたっ
なんと、オス同士が激しくバトルです
水面のボートにいる私達なんておかまいなしです(笑)

夜は、写真を見ながら、お部屋でログ付けです
図鑑を開きながら、あんなの見た!、こんなの見た!
なんて言っている内に時間があっという間に過ぎて行きます・・・

夕食後、あんまりにも星がキレイなので、近くの展望台へ
※水中用、LEDライトが大活躍です(笑)

頭上一面にプラネタリウムが〜!!










新月のため、余計な明かりは一切なく、ただ波音を聞きながら
空には満天の空が・・・・・・
流れ星も見れます!すごいっ!!!の一言です。。。。
これも楽しみの一つですね♪

明日も楽しみーっ!!!(^〇^)/

1本目:向島 ミズタマ
水温:21℃ 透明度:20mオーバー!

2本目:平島 水浜
水温:21℃ 透明度:20mオーバー!
 
スタッフ:Iwatani

小笠原便りvol.2

クジラだあ〜
100315_110447
向こうに見える島影は小笠原の父島です。
もうすぐ入港です。


まるで真夏のような暑い日差しが肌を直撃します・・・(☆_☆)

その時にクジラがでました〜
小笠原丸の上でイエーーーイ

100315_105758

11:30、父島到着です!

100315_120601














あまりに暑いので、パイナップルアイスをかじりっ\(`▽´;)

ホエールライナー(ははじま丸)に乗り換えて、
目的地、母島に向かいますっ!

船上から見える、父島のハートロック!
 ハートの形をした赤岩です。

父島にある美味しいパン屋さんで、お昼ご飯を購入し、
母島にむかう船の中でご飯中


100315_122804

潮風に吹かれて気持ち良くって、
おいしいよ。

船は、定員オーバー状態。。
 
ですが、甲板からしっかりザトウクジラに会えてしまいましたょ!!
 
これは、ヤバイッ!!!
 
クジラが普通に見れてしまうなんて、日常では考えられないっo(><)o
 
もう、暑いなんていってられず、ずーっとクジラ観察です!
 
2時間10分後、母島に到着っ!!

そして、いきなり
メバチマグロに逢いました〜(((( ;゚д゚)))

100315_151058 
いや〜暑いっ!!
とにかく暑いっ!!
 
とりあえず、今日は明日のダイビングに向けて、
しっかり休息を取ります♪(∪o∪)。。。

PIC_0030
 














これから、25日までの10日間。
 
どんな生き物達に会えるのかが、楽しみですっ( ^^)Y☆Y(^^ )
 
スタッフ:Iwatani

セブ便りvol.4

“セブのギンガメアジ”すごいです。
PIC_0076

小笠原便りvol.1

行ってきま〜す。

DVC00049


始まりましたぁー!小笠原母島ツアー(^O^)/
 
10:00出港のおがさわら丸に乗って、
約26時間かけて父島に向かいます

おがさわら丸は、竹芝〜父島を結ぶ唯一の船です。

DVC00050


















中にはこんなポスターまで!
 
この船中の操舵室や、エンジンルームなどを見ることができます。

PIC_0001














PIC_0004













散策〜!散策〜!


PIC_0012













 
船長の帽子までしっかりかぶりました(笑)

PIC_0021













 
夜は、満天の星空☆★☆★☆★☆★☆
 
明日は、クジラに会えるかワクワク!ドキドキ((o(^-^)o))
 
皆のテンションは最高潮でっすっo(^-^o)(o^-^)o


スタッフ:Iwatani

江の浦で!

天気: 

今日は、朝出発

道路が渋滞していましたが、今日は江之浦でダイビングっ!!

イェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ

201003131000000

OWコース終了後の、スキルアップの為のダイビングですっ!

水中は、なかなかの透明度です〜!

OWコースで、海で潜ることに慣れた後には、
いかに水中で楽な姿勢で潜れるかが重要っ

中性浮力のコツをつかむ為の2DIVEですっ

ダンゴウオがいるかも・・・
ということで、探しに行ってみましたが、見つからず。。。(T T)

水中では、アオリイカ、クロホシイシモチ、オキタナゴの群れ、
ボラ、メジナの群れ〜など、魚影は濃い濃い

岩礁には、ミノウミウシ、アオウミウシなど、
ウミウシも活動中

インストラクターコースチームも同じビーチで潜ってます!

そして、食事中です。
動いた後には、ご飯が美味いっ!!!!


201003131533000

PPBsp修了〜!!おめでとう

201003131614000

水温:14℃ 透明度:5〜10m

スタッフ:Iwatani、Watabe

セブ便りvol.3

タイトル
“動かざること、山の如し”
PIC_0071

セブ便りvol.2

ナルスアン島 のサンゴ上のデバスズメダイです
タイトル“セブの夏”
雪降ってるのにすみません。。。
PIC_0088

セブ便り

セブに来ています。
今日はヒルトゥガン島とオランゴ島でダイビングでした。
ヒルトゥガン島のツバメウオ、良く撮れました!
 
写真のタイトルは。。。
“銀座の蝶より、セブのツバメウオ ” です。
PIC_0033
すごいでしょ

北海道ツアー後半 食編

3月5日(金)〜8日(月)

食のスタートはやはりビールで♪


NEC_0053










 

チャンチャン焼き。屋外で食べる食事って
さらに美味しく感じます


P1010980











 

骨まで美味しくいただきました。

P1010981














タラバ。
今年は数が少なくてとても貴重だったそうです。
ありがたい・・・。


DSC02159













きれいさっぱり食べつくし。


DSC02163












掟その1:働かざる者食うべからず。
食べるためならせっせと働きますよ〜(^^)


IMG_0105













ホタテ班は美味しいホタテバターご飯を
作成するために絶妙なタイミングを
教わっています。

P1010973














そしてこれフフフッ

P1010977














帰り、空港でもお勧めメニューを堪能です。
豚肉も美味しいそうで、しっかりがっつり
いただきました。

DSC02354














地ビールも種類が豊富です。


DSC02334














来年もまた、海や自然散策に負けず、食も
パワーアップしていきます!!

フォト:KAWABATAさん、MIZUNARIさん
    MIYAHARAさん、YOSHIZAWAさん
    MUTOさん

北海道ツアー後半 自然散策編2

3月6日〜8日 

今年は残念ながら海が浜が見えています。
そう、浜といえばコーミング資材部が動きます!


CIMG4632












少しの時間でここでもビーチグラスをゲット
です(*^_^*)


NEC_0029











3日目の朝に現れた流氷。
最終日はさらに間近に。雄大だなぁ〜


IMG_0258












珍しく、凍っていないオシンコシンの滝。
この時期の写真としては、かえってレアな
映像かも〜


NEC_0073


















白鳥のペア。普通に白鳥が飛んでいる
姿を見られるのは不思議な感じ??


IMG_0282












今日、帰りま〜す。
もうすぐ搭乗デス。

201003081057001


来年 はヒグマ狙い???
昨年出たっていうし・・・。車のタイヤを
ハグハグしていたそうです。
会えるかも〜

スタッフ:WATABE

北海道ツアー後半 自然散策編1

3月6日〜8日 

世界遺産知床半島に来たならばやはり
大自然もじっくり堪能しなれば・・・(*^^)v


NEC_0042











エゾジカのペア。といっても2匹ともオス。
しかも立派な大人の角が生えています。


IMG_0173














持っていたアイテムをかぶるM成さん。
ん〜〜微妙な反応。


PIC_1135











 


枝の上にいたオジロ鷲。


IMG_0014














飛び立つ姿も見れました。


IMG_0034











 

今年はちょっとサービスしすぎでしょーと
思うくらいに遭遇したキタキツネ。
人里に近いところにいたこのキツネは首の
後ろに大きな傷がありました。


IMG_0060

 

 

 

 

 

 



このキタキツネは一番愛想が良かった


IMG_0140













みんなでシカに夢中になっていると視界に
わざわざ入ってきて、目の前で座ったり
していました フフフ〜


IMG_0204













オスのシカがカチカチと角を合わせて
力の優劣を決めています。
何気に近いところなので、迫力満点!!


CIMG4694















最初は様子見なのか、ちょこちょこと
合わせる程度。


IMG_0227









 


だんだんと激しくなって


IMG_0229













凄い・・・超〜ガン見です・・・


IMG_0223













2匹の鼻息や唸り声がリアルでした。


IMG_0236













何度も何頭も見てきたエゾジカですが、こんな
シーンは貴重。
ここまで近くてじっくり見れたのは初めてで、
感動でした

スタッフ:WATABE

北海道ツアー後半 その3

3月5日(金)〜8日(月)

3月7日(日)   

朝、海の向こうに白い物体が・・・。
光が海面に反射して白く見えるのかと
思っていましたが、ズームしてみると
流氷です!!戻ってきました(*^^)v


IMG_0159










 

お昼くらいには到着するんじゃないかなぁ
なんて、朝からテンション一気に上がり、
楽しみに海に来てみると、そんなに上手い
話はありません
海辺からは、全く見ることもできず、海からの
凍りそうな風を受けながら準備をしていきます。


CIMG4621












でも海は貸切で、ちょっとうれしい(*^_^*)


IMG_0136












水中の生物も豊富。
人がいない分、のんびりと見て写真撮って
潜ることができました。


DSC02272













コモチイソギンチャクのオレンジと綿帽子
のような白いふさふさした感じがいいです。


DSC02266













何気にカラフルなウミウシも。鮮やかな
黄色いボディー


DSC02247














DSC02265













もう、ダイビング中はあきらめモードで
いましたが、お昼を食べている間に、
肉眼でしっかり見えるところまで近づいて
きました〜


IMG_0168












お昼ごはんも進みます。
すっごく食べてます(´∀`*)


201003071343000

氷の下には潜れませんでしたが、流氷を
見ることができてよかった!
また来年リベンジです!!そして日程が
決まりました〜(^u^)って早っ

2011年2月25日(金)〜28日(月)4日間。

ポイント:知床半島サイハテチャネル
水温:ー1,5℃  透明度:〜6m
スタッフ:WATABE

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ