DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2010年09月

チューク 最終日

9月26日(日) 

今日は、飛行搭乗が深夜にあるため、
残念ながらダイビングはお休みです。

ということで、ボートでスノーケリングを
することにしました (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

チュークには、たくさんの無人島があります。
きれい〜の一言に尽きます

1 (2)














突然の「ドルフィン!!!」の叫び声に、思わず
飛び込んで見ると・・・


1 (3)












目の前をいるかの群れがぁw(゚o゚)w オオー!


1 (4)














こっちに来る!?

1 (5)














親子イルカも!!!


1 (6)














そしてぶつかるくらいの至近距離〜


1 (7)














目の前でターンのサービスまで・・・


1 (8)














なんだか満腹な感じに浸りながら、のんびりと
スノーケリングです(^_^)ニコニコ
ここも、とっても素敵なポイントです


1 (9)














サンゴがすごい!

1 (11)














そんなすぐ横を、サメがぐるぐる回っているし。
でも、人間には興味なしって態度100%。


1 (12)














体力の限界までノーケリングするってどう?と
思うくらい動き回り、戻ってくるとバーベキュー
の段取りがすでに出来上がっていました。

1 (13)














社会復帰、できません!∑( ̄ロ ̄|||)
でも、来年また来るために頑張ります!!


1 (14)














沈船にサンゴに、たっぷりと満喫のチューク
でした


水温:30℃
透明度:どこまでも〜
フォト:TUDOさん、ISHIGAKIさん
スタッフ:WATABE

今日も獅子浜ビーチでOW講習っ!!

台風の影響は今日も残っています。
というわけで今日も獅子浜です。
そして今日も満員御礼の状態です。

そんな獅子浜で昨日に引き続き
OW講習の2日目と
ファンダイブのツアーです。


26獅子浜















 

ファンチームはM井さんとO田さん。
それぞれ目標を持っての参加です。


M井さんの目的は脇にもう1本タンクを
抱えてのAESの自主トレと、
きれいなバブルリング作りを極めること。

バブルリングとはイルカなどがよくやる、
排気の泡で丸い輪を作るあれです。
簡単そうに見えて水面まで形が崩れない
きれいな泡を作るのはなかなか難しいんです。

脇にタンクを抱えた状態で
バブルリングを吐き続ける姿は
結構回りからも注目を浴びていました。


O田さんの目標はじっくりフォト撮影。
今日の獅子浜は被写体も豊富で、
いろいろな小魚の群れから
チョウチョウウオ、
中層にはダツやカマスが舞い
イカの群れ、漁礁にはカンパチと
いつになく華やかです。


そして今日の注目はホタテウミヘビ。
昼間なのに穴から出てウロウロと行ったりきたり。
そして最後は私たちの目の前で、
尻尾から砂に潜り込んでいく技を見せてくれました。

それぞれが目的を達成しての
充実した一日だったようです。

OW講習では、初めての海に緊張も戸惑いもありましたが、
2日目にもなると、少しずつ慣れてきました

キンギョハナダイやサクラダイ、チョウチョウウオの幼魚や、
キンチャクダイ、コロダイの幼魚、スズメダイの群れ群れにと、
魚影濃い水中を堪能しましたよ〜

無事、OWダイバーになりましたっ!!
Y根さん、おめでとうございます(*^_^*)

ドライスーツダイブにも慣れてきたということで、
この冬更にダイビングを楽しんで下さいね〜☆彡

皆さん、ありがとうございましたっ!!!


ポイント:獅子浜ビーチ
気温:25℃ 水温:24〜25℃
透明度:8〜10m

スタッフ:Katsuya、Iwatani

チューク7日目


9月25日(土) 

いよいよ今日がラストダイブ。
予備のタンクも用意して準備万端です。
文月(ふみつき)、かんしょう丸、富士川丸
へ。

1 (4)














1 (6)













同じ船でも、ルートを変えたり、まだまだ行って
いないエリアもあって、毎ダイブが新鮮です

1 (7)















1 (8)













船の中へ・・・。


1 (11)















1 (9)















1 (14)




















1 (12)















1















1 (10)















1 (13)














富士川丸で、外チームは、ギンガメアジの
トルネードと、カツオの群れと、アジの群れと
それにアタックをかけてきた本マグロの群れに
圧倒されっぱなしでした。
映像がないのが悔やまれます


(厳遏覆佞澆弔)
乾しょう丸
I抻寮邊
水温:30℃
透明度:30M〜
フォト:TSUDOさん ISHIGAKIさん
スタッフ:WATABE

ダイバーだらけの獅子浜にて

心配していたマラカス君(台風12号)は
房総沖へ通過してしまい、
雨の予報もはずれ、
雲間からは青空も覗いています。
しかし、東伊豆の海面ではまだ波が
サンバやマンボを踊り狂っています。
(本当はこのマラカスというのは
フィリピンの言葉で強いという意味だそうです。)

というわけで東伊豆のポイントは
どこもクローズ。嗚呼……。

いろいろ電話を掛けた結果、
海況は獅子浜だけが上等。
一路山越えです。

 

着いた獅子浜では、
陸も海も伊豆中から集まった
ダイバーで大混雑!


25獅子浜
















わずかな隙間を見つけてセッティング開始。
今日はOW講習の一日目。

昨日プール講習を受講されたY根さん、
セッティングもスムーズです。


今日はいよいよ海の中を初体験です。
ちょっとどきどき。

エントリーすると
10m.以上抜けているいい海です。
日差しも入ってとても明るくいい感じです。


そんな中で講習開始。
陸とは勝手が違うので、
最初はいろいろなことが気になります。
陸での生活は長くても、
水中世界とのお付き合いはまだ2日目。
少しずつ慣れていってくださいね。
そして海とのお付き合いも長く続きますように。

たっぷり海につかり、

帰る頃には海に沈む真っ赤な夕陽を堪能。
長い一日の終了です。

帰りは温泉に寄って疲れを癒し、
明日に備えます。


水温:24〜25℃
透明度:10〜15m

スタッフ:Katsuya

チューク6日目

9月24日(金) 

沈船&アウトリーフにもぐりました。
沈船は「日豊丸」。
積荷の戦車、操舵室にあるテレグラフ、
マストの景観は見ごたえあり!です。

1 (2)












戦車。キャタピラもそのままわかる状態で
残っています。

1 (3)












操舵室。窓から入る光の感じがいいですね。


1 (5)















1 (6)














アウトリーフは、白砂とそこに生息する
ガーデンイールが見ごたえ十分!の
良いポイント。


1 (9)












岩場には、スカシテンジクダイの群れ。
砂地には、数え切れないほど生息している
ガーデンイール。

1 (8)













あまりたくさんいると、結構じっと見ているのは
微妙です・・・


1 (11)














途中の無人島。
サンゴだけで出来ている島。


1 (7)














今度は、サメが見られるポイントへ移動。


PIC_0070














ここも白砂がきれい。まぶしいくらいです。


1 (12)














そして、名前のとおり、サメがぐるぐる。


1 (13)














体長2M以上のサメが近くに来ると、さすがに
おおおーってびくびくしていたり・・・。


1 (14)













明日はラストダイブ。
沈船の船内をぐるぐる探検したり、外観や
そこに住む生物を堪能したり、楽しみ満載
です。


1



















‘豊(にっぽう)丸
▲汽鵐疋僖薀瀬ぅ后
シャークアイランド
水温:30℃
透明度:30M〜
フォト:TSUDOさん ISHIGAKIさん
スタッフ:WATABE

チューク5日目

9月23日(木) 

今日は、神国(しんこく)丸、富士川丸、
五星(ごせい)丸に潜りました。

朝早めに移動開始。

PIC_0453














ポイントにつくと、濃紺の海が広がっていました。


1 (3)













船の中を通過する際、安全のため予備の
タンクを持つトレーニングを、21日に終了
して、いよいよ本番の船内通過。


1 (4)













巻き上げも起こさないように、フィン先にも
意識を持って移動中。

1 (5)














沈船は、ソフトコーラルなどのカラフルな生物の
宝庫にもなっているんです。


1 (7)














マストにもたくさんの生物が生息していて、
安全停止中も飽きることがありません。


1 (8)














中から見た景観は圧巻です!!
光のシャワーのよう


1 (9)














中をぐるぐると回って、いろいろと見ていきます。
写真を撮るのにも、いいアングルが狙っていけ
るのがうれしいですね(⌒∇⌒)


1 (10)















1 (11)














横倒しの船。
深度が浅いので、のんびり楽しめます。


1 (12)














ダイバーがいると、船の大きさがわかります。
大きい船です。


1 (14)














この船も、船の間を通ったりすることができます。
船も、船の周りについた珊瑚や生物も、時間が
いくらあっても足りないくらい見所いっぱい。


1 (15)













フリータイムは自由奔放〜


1 (16)














船に住み着いた魚たちで、視界不良です


1 (17)














3ダイブ、船内ぐるぐるダイブ満喫です


1














?神国(しんこく)丸
?富士川(ふじかわ)丸
?五星(ごせい)丸
水温:30℃
透明度:30m
フォト:TSUDOさん、ISHIGAKIさん
スタッフ:WATABE

晴れてたはずが、、、

いきなり、突風、流れ、うねりときたため、1本で中止になってしまいました(T_T)


もちろん、マグロはしっかり堪能してきましたよ(^O^)/

まずは、マグロ天丼っ
やっぱり来たら一度は食べなきゃっ


201009231359000











マグロかつ定食と上マグロ刺身っ


201009231359003











マグロとイカミックス丼

201009231359002











またリベンジしましょう!!!

ありがとうございましたっ

スタッフ:Iwatani

日帰り!!城ケ島ツアー開催!

晴れましたよ〜っ

 セッティングです!

城が島20100923











城ケ島にきました!

さいたまから車で約2時間

三浦半島の先端にある城ケ島に到着ですb

途中、東京スカイツリーや、東京タワー、横浜ベイブリッジなどなどを、
横目に見ながら来ました(笑)

これから1本目、へいぶ根に向かいます〜!

城ケ島といえば、岩骨!!ですが、
台風12号による、影響を受け、潜れず。。。
島の北側にある、へいぶ根で潜りますっ!!

水中エントリー後、約水深16m。
その周囲には、カゴカキダイや、イサキの群れ群れ群れ×1000!!!!のお出迎えです!!!






ウチカラマツには、ビシャモンエビが2匹
スジコウイカが目の前を通過し、チョウチョウウオの群れ、
キンチャクダイ、ニシキハゼ、また、ウミウシも多数

アオウミウシ、シロウミウシ、ジボカウミウシなども見れました(*^_^*)

とにかく、イサキの群れ群れに囲まれ、地形も楽しみながらも、
魚群に満足な1本でした


気温:28℃ 水温24〜25℃
透明度:5〜8m

スタッフ:Iwatani

チューク4日目

9月22日(水) 

今日は地図で見ると、チュークの環礁のさらに
下の部分にあるコープ(キミシマ環礁)に
行きました。

PICT0113















移動すること1時間。
穏やかな内側と、どこまでも切り立った、底の
見えない外側。
どちらも、濃紺の、インクブルーの海が広がって
いました。

PICT0024













さすがリーフ。
クマノミはやっぱり癒し系ですね


PICT0030













ハナビラクマノミも

PICT0036













ドリフトスタイル。
でも、のんびりと移動です。


PICT0007














浅瀬は風でさざ波がなければ、水がない様な
きれいな海

PICT0039














今日もまたスノーケリング&スキンダイビング
満喫です(*^_^*) しかも1時間〜

PICT0066













でも後日、とてもつらい日々が待っているとは
思いもしない満喫の笑顔でした・・・

そして、サンゴ&魚に大満足した夜は、
お酒も美味しさ倍増?!

PIC_0426














ポイント:??キミシマ環礁
水温:30〜31℃  透明度:30m〜
フォト:TUDOHさん
スタッフ:WATABE

チューク3日目

9月21日(火) 

2日目は少し風波が出ていましたが、
沈船ダイブには全く影響なしです。

PICT0040














1本目は潜水艦(イ号)に潜りました。
砂地に横倒しで沈んでいます。

PICT0017













この潜水艦は戦争で沈められたものでは
ありません。
どーんと大きい!

2本目は山鬼山丸。
薬なども運んでいて、船内で瓶を見ることが
出来ます。


PICT0010













PICT0082














PICT0051












すぐに外へ出ることができる場所を通過。

PICT0078













光がきれい


PICT0058













水中が明るすぎて、どこまで見えるのかが
わからないくらいです(^^)


PICT0098













水面休息中はスキンダイビング三昧。


PICT0104














けっこう深くまでいきましたよ〜


PICT0106














ポイント:
?潜水艦 ?山鬼山丸 ?ビュー
水温:30,5℃ 透明度:30m〜
フォト:TUDOHさん
スタッフ:WATABE

チューク2日目

9月20日(月) 

朝からいい天気になりました。
今日は肩慣らしダイブなので、1本目は
富士川丸に潜りました(^^)

PIC_0345














海の色が違います!!!
マストと光の感じがいいですね。


PIC_0325




















PIC_0317













PIC_0334













船がそのままあるというよりは、色々な生物で
華やかな印象を受けます。


PIC_0322














横倒しの船も。
リオデジャネイロ丸は、まっすぐ横に伸びた
マストとスクリューが見どころです。


PIC_0352














水深も、トップが5mないくらいの浅い船も
あります。
肩慣らしの1日目に最適な船達・・・。


PIC_0363














透明度は30m以上!!!


PIC_0339














ポイント:
?富士川丸 ?リオデジャネイロ丸 ?ビュー
水温:30℃  透明度:30m〜
フォト:ISHIGAKIさん
スタッフ:WATABE

エンジョイゼミナール開催っ!!

今日はエンジョイゼミナール(経験の少ない方のツアー)で
福浦に来ています


21福浦











透明度は砂地で8〜10メートルくらいで
水温は26度くらいありますよ〜



PIC_0263@















OW取得後の、ファンダイビングを楽しみに来てくれましたが、
耳抜きが難しく、今回ダイビングは断念しました

タカノハダイ、ツノダシ、ハコフグ、チョウチョウウオなど、
水面近くで楽しめる、スノーケリングで海を楽しみました


福浦


PIC_0264@














PIC_0266@















今度は、体調万全でダイビングしましょうね(^^)v

帰りは、金目鯛の煮つけや、アジたたきなど、
魚介を味わいました〜

ありがとうございましたっ!!!!!!


気温:28℃ 水温:26℃
透明度:3〜5m

スタッフ:Ueda Iwatani

セブ マクタン島:祝50ダイブ♪

今日のセブ マクタン島の気温は34℃
久々の雨なしの1日でした〜

本日の直行便で到着後の予定は。。。
2ナイトダイビング

2回目のナイトダイブEN前です
ウヒヒ♪50ダイブ祝い♪

記念すべき50ダイブ目で、ナイトダイバーSP修了しました
おめでとうございま〜す

さぁ〜飲むぞ〜

セブ マクタン島
KONTIKIビーチ

気温:34℃
水温:28〜30℃
透明度:10〜15m
流れ:微流



獅子浜で潜ってますマース♪

20100919獅子浜2














獅子浜で潜ってます♪
透明度いいです!

そんな獅子浜で、今日はアドバンスコース開催っ!
ディープ、マルチレベル、魚の見分け方と3本潜りますよ〜




20100919獅子浜














ただ今、AOW学科中

Y樹くんは、12歳ということで、21mまで潜ることができます!

ばっちり計画も立て、いざ潜水っ!!
エントリーしてみると・・・・魚影が濃い濃い獅子浜ビーチ

サクラダイや、キンギョハナダイ、ハナハゼ、スズメダイの群れなど、
私達は、ディープで潜るのに、周りに見るものがたくさんですっ

そして・・・カンパチ群れ群れデス〜

そんな魚達を横目に深度管理はばっちりっで上がってきましたよ〜

2本目は、マルチレベル。
eRDPMLを使用して、深度、時間を計画っ!!


PIC_0255














ダイブコンピューターを見ながらも、
周りの生物達にも夢中ヾ(´ω`=´ω`)ノ

3本目に潜る前には、
流しソーメンでお腹を満たしました〜


DVC00211@



















魚の見分け方では、今の時期に獅子浜にいる生物を図鑑で調べ、
水中では、色々な魚達を観察


PIC_0240














上がってきた後には、その魚を調べることができましたね(*゚▽゚*)
トラギス、カワハギ、サビハゼ、ハコフグの幼魚、ウツボ、コロダイ、
シマアジ、カンパチの群れ群れ〜


PIC_0238














無事、3本修了!!!

Y樹くん、ジュニア・アドバンス・ダイバー取得おめでとう!!


PIC_0253














これからも、色々な海潜って、多くの経験をして下さい♪

お疲れ様でした!!!!


気温:28℃ 水温:25℃
透明度:5〜8m

スタッフ:Iwatani

チュークに行ってきま〜す

9月19日(日)〜27日(月)

9月19日(日)

これからミクロネシアのチュークに出発です。
今は空港で朝食です。
やっぱり、日本食を食べておかないとね。

朝食


チュークは、グアムで乗り換えをして行きます。
昔、第二次世界大戦中に補給基地として
利用されていた場所なので、地名を知っている
人が少ないのですが、そのときに沈められた
日本の船が沢山あります。

年月とともにソフトコーラルやハードコーラル、
生物たちの貴重な生息場所にその姿を変え
ました。

その沈船に潜りに行ってきます。


スタッフ:WATABE

神津島2日目


DVC00014

















神津島は、新島、式根島に続き、白砂が存在する島です。

 ちなみにお台場の砂は神津島の砂のようですよ\(^^:;)


DVC00015











陸上でこれだけ美しい白砂が見れるんですから、もちろん水中もです!


最終日は、ダイビング後ランチを食べに行きます


DVC00010










ボリュームいっぱいのランチです

帰りは、高速のジェット船で竹芝まで戻ります

乗り場の近くにある湧水は、
地元の人が入れ物を持って水を汲みにきています


DVC00022












DVC00011











気温35℃近くありそうな暑さだったので、天然水が気持ち良い〜


DVC00023











DVC00017











神津島のベストシーズンはこれから

ドリフトDIVEの練習にも最適なポイントがたくさんです(≧▽≦)

皆さんありがとうございました(*´ -`)(´- `*)

スタッフ:Iwatani

神津島2日目!!

今日も朝から快晴

裏作根という島の東側のポイントで潜ります(^O^)/

神津島の漁港は2か所。
島の東側か西側になります!

のんびりしたこの感じが島ですね〜


DVC00009











セッティングしたら、ボートに乗って約15分

裏作根到着ですbbb


PIC_0104














どーんと大中小の根があり、中層にはタカベ、イサキの群れ群れが!!


PIC_0085














根と根の水路は、アドベンチャーDIVEを彷彿させます( ̄ー ̄)ニヤリッ


PIC_0107














壁沿いには、オレンジのキサンゴがたくさん!


PIC_0108














その前をキンギョハナダイが舞ってます(☆_☆)

岩と岩の水路を通ると、頭上にダイバーのはいた泡がf^_^;

そこは通り過ぎ。。

岩の窪みには、マツカサウオ、テングダイ、レンテンヤッコなど、さすが七島を思わせる魚が!!

最大30m取れれば十分に遊べてしまうポイントですよ〜!

ダイビングの帰りに、こんな洞窟に寄っていただきました(^^)v


PIC_0109















PIC_0119















高さ8mはありそうな巨大洞窟です。
水中は、残念ながら魚はほとんどいないそうです

その内部には、地下水が流れています


PIC_0117














神津島の特産、黒曜石です!!
写真では分かりづらいですが、表面がキラキラしています


PIC_0110














神津島には、14ヶ所くらいのダイビングポイントがあります!

真っ白な砂地が広がる場所や、洞窟ポイントなどなど

次回もどんどん開拓していきまーす!!(^▽^)v


ポイント:裏作根
気温:32℃ 水温:18℃〜24℃
透明度:5〜10m

スタッフ:Iwatani

江の浦デジフォトSP開催。シャッターチャンスを狙え!

今日は江之浦のビーチでデジフォトSPです。

早朝出発したら、まだどこも他のショップさんがいません。
一番のりです 混む前に楽しみます。

「よーし1本目は貸切だー」と手際よくセッティング開始。
あいにく海の中は先日の台風で細かいゴミやドロが運ばれてきてしまい。透明度は今ひとつ。
そのかわり被写体は豊富でニザダイやカゴカキダイは群れているし、
アオリイカも孵化した時期によっていろいろなサイズがあっちこっちで、これも群れ群れ 

アオリイカ














このアオリイカたち、もう少し成長すると沖の深場へ移動してしまうので
この状態で見られるのもあと少し。

群れ!群れ!群れ!














反対に南からのお客様、トゲチョウチョウウオやコロダイの幼魚、
キンチャクダイの幼魚、そして先日来、話題になっているツバメウオの幼魚。
海の中もにぎやかになってきました。
もちろんネンブツダイ、タカノハダイ、カワハギなどの常連たちも健在です。

デジフォトSP中!














今回デジカメ初挑戦のO沼さん。まずはカメラに慣れて、自分のカメラのクセを知ること。
どのように撮ったらどう写るのかいろいろと設定を変えて試してみること。

そのためにはひたすら撮るべし、撮るべしということで、2ダイブで撮った枚数は200カット越えです
せっかく早く着いたのだからと今日は3本潜ったのですが3本目はローバッテリー。う〜ん残念

カゴカキダイ














クマノミ&ミツボシクロスズメダイ














魚を撮るには魚の生態を知っておくと有利という訳で、担当インストラクターの
趣味が多分に入った(?)ブリーフィングの後、2本目ではダテハゼとテッポウエビの共生巣を狙います。
なんとかエビが出てくる瞬間をと水底で粘りました。
 
シャッターを押すときに頭に思い描いていた絵と、実際に撮れた映像はなかなか一緒にはなりません。
でも、だからこそ面白いんですよね。

SP終了のO沼さん、おめでとうございます。これからも水中写真を楽しんでくださいね。
 
伊豆の海はこれから孵化した小魚たちが成長して、にぎやかになってきます。
黒潮に載ってやってきた季節来遊魚もチラホラ見かけるようになってきました。
シャッターチャンスもいっぱい。そろそろスライドショー用の写真を準備しにでかけませんか。

フォトダイバー














3ダイブ潜っても、テキパキ行動と渋滞に巻き込まれなかったため、
夕方にはお店に戻ってこれました
撮った写真を見ながらデジフォトSPのでブリーフィング中
 
NEC_0042











PHOTO BY/M.ONUMA 

江之浦ビーチ
水温23℃
透明度:5〜10m

スタッフ:KATSUYA

アドバンスコースです

セブでアドバンスコースやってま〜す。
これからディープです。
DSC00289

DSC00290


そして、今日は日曜日なので
子供たちが楽しそうに海水浴です。
DSC00292

神津島の夕食♪

ボリュームある魚介料理です

ログ付け中










「盛若」という神津島の麦焼酎も飲んでます

スタッフ:Iwatani
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ