DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

2011年05月

台風がいるらしいですが潜ってます

江之浦で潜ってますよ〜。
台風で出発がドキドキでしたが、ばっちり潜ってます。
ちょっと暗めの海なので
ヤドカリがあっちにこっちに大忙しで
ワシわし、ワシわしです。
PIC_0963
 
そして、キュートなこの子!
キュートな子を探せ!
どこにいるかわかりますか〜。
PIC_0971
 
ここです。アイドルにダンゴウオでした。
PIC_0972
 
そして、もう一匹、かくれているのはなんだか
わかりますか?
鼻づらがかわいいです。
PIC_0973
 
photo by TAKEISHI

嵐の前の静けさ!?雲見で洞窟ダイビングヽ(^。^)ノ

この時期珍しいと言われる、台風2号の心配を背に、
雲見に走ること、2時間半

西伊豆の地形ポイント、雲見に到着ですっ

到着してみると、あらあら、穏やかな海が広がっているではありませんか

洞窟へ行くことに問題なしっ


DSC01611


AESのスキルが存分に生かせるところになります

DSC01610


天気は、少し残念でしたが、透明度は、そこそこ抜けていて良い状態

DSC01613

牛着岩の外側を回ってみると、ミナミハタンポの群れがぶわ〜っと群れています!
川のように流れています


DSC01617

岩の隙間には、ノコギリヨウジのペアが見れました

DSC01620


DSC01629

ダイバーが吐く泡がなんとも幻想的です

DSC01634

光が差し込むので、そこそこ明るく、
写真を撮るには、絶好のポイントです

DSC01636

ライト必携の地形です

DSC01638


DSC01643

ダイバー1人が通れるくらいの大きさです

DSC01651

西伊豆は、今海況良好ですっ

ありがとうございました

来週も南伊豆、西伊豆ツアー開催です


1本目
ポイント:牛着岩
水温:20℃ 透明度:5〜10m

2本目
ポイント:牛着岩
水温:20℃ 透明度:4〜8m

スタッフ:Iwatani

穴ぐるぐる雲見デス(^0^)/

47f2f66d.jpg
雲見で穴ぐるぐるダイブ楽しみました。休憩中の甘いものは身体にしみます

本栖湖でダイビング!

新緑が目に染みる初夏、本栖湖(^O^)
中央道からきれいに見えていた富士山も、

本栖湖畔に着いた時には残念ながら雲隠れ。
晴れた時に、ここから見られる富士山は
絶景なのですが、それは次回にお預けです


P1230793

今回はビーチを2本じっくり潜ります
できたら簡単な地図が書けるぐらいが目標です。
は標高
900m。高所潜水での計画と手順、
スキルが必要になります。

P1230795
 


入ってみると海とは違う文字通り水色の世界。
-18ぐらいまでの傾斜の範囲に沈んだボート
和船あり(一応レック?)、砂地からガレ場の
方へ移動すれば巨大な木が横たわってたり、
かなり変化に富んだコース取りが可能です


P1230875 

 


生物も、海のような派手さはないのですが、
水底にはカジカの仲間、カラスガイ、放水口の
囲いのそばには
40僖ラスのブルーギル?
(シルエットをチラ見だったので)などが
見られました
ちなみに、もし西湖の他にクニマスが生息して
いるとしたら本栖湖と言われています(☆゚∀゚)


P1230869
 



ところで気になったのが、あちこちで沈木の
枝の間に張り渡された蔓状の物
何かと思ったら、根掛かりして切れた釣り糸に
珪藻類が付着しているのでした。
落ちていたルアーを一個拾ったらその先に
延々と釣り糸が 釣り客のマナー向上で、
陸に捨てられる糸は少なくなりましたが・・・。

 

潜った後は、お楽しみの「甲斐名物・ほうとう」
ランチです
しか〜し、撤収時から降り出した雨はだんだんと
強くなり一時は滝のように。そのせいか
国道は大渋滞。ほうとうにありつけるのはいつ?


空腹MAXで頂いた熱々のほうとうは、

4184cfaa.jpg

根菜たっぷりでたいへん美味でした。
デザート
がわりの小豆ほうとうも気になったのですが、
この後に談合坂SAでボリュームたっぷりの
佐世保バーガーが控えていた為、次回の
お楽しみに


海とはちょっと違った雰囲気の中での、
高所&淡水ダイブツアーでした。


本栖湖ビーチ

水温:13
透明度:5〜7m

OWコース2日目!ダイバーになったぞー!!

OWDコース2日目

ファンダイバーの方が加わり一緒のダイビングです

今日も1日頑張るぞ〜〜


DSC01542


透明度は昨日よりUP


DSC01548


2日目にもなると、水中での泳ぐ姿勢も安定してきました


DSC01552




ファンダイビングでご参加のAさん、のんびフォトダイビングです


DSC01566





DSC01561




水中では、カワハギのペアやアジ、キタマクラの幼魚、サビハゼ、メバルなど・・・・
そして、ダンゴウオも見られました

親指大のダンゴちゃん。じっくり観察できました



DSC01563


浮上後には疲労ダイバーを岸まで曳行するスキルです
今回は、ファンでご参加のAさん、疲労ダイバー役でご協力いただきました

Tさん頑張って曳行しています



DSC01586



スキルもすべて終了


DSC01572



2日間、頑張りました〜〜



DSC01581


NEC_0023


ダイビング終了後はカレー屋さんへGO

焼きたてナンでホカホカのカレーをいただきました


DSC01595

ログ付け中~

NEC_0006


DSC01589



DSC01590



DSC01591



DSC01592



DSC01594

食後のデザートもしっかり堪能

DSC01598

OWダイバーになりました
Tさんおめでとうございます


DSC01601

これからたくさんの海を楽しんでいきましょう

DSC01604

ありがとうございました


ポイント : 岩ビーチ
水温 : 17℃
透明度 : 5〜8m 
スタッフ : Ueda、Iwatani




2日間でダイバーになるぞ!OWコース開催1日目

今日は晴天ダイビング日和
OWコース開催です
短期集中コース。2日間、頑張りましょう


まずは限定水域DIVE


たくさん身体を動かしたので、ボリューム満点のお弁当でしっかりエネルギー補給です



DSC01512




そして海洋実習DIVE

バディチェック中。。。。



DSC01514



海洋実習、行ってきまーす



DSC01515




透明度は少し残念な2〜3mでしたが、

ゆっくり落ち着いてスキルをこなしていきます


DSC01520



DSC01521



水中でも余裕のポーズ


DSC01523



無事OW1日目終了しました



待ちに待った夕食です

ボリューム満点の刺身丼にTさんご満悦



DSC01531




DSC01534



6月までの限定、生サクラエビ丼も美味しそう



DSC01535


DSC01536




海の幸、しっかり堪能しました


DSC01532


明日に備えて早めに就寝です

おやすみなさ〜い



ポイント:岩ビーチ
水温:17℃
透明度:2〜3m
スタッフ:Ueda、Iwatani

熱海ビーチクリーンアップ開催!!

熱海で、ビーチクリーンアップを開催

毎年恒例行事になってきましたが、今年で20回目となりました

今年も、多くのダイバー、陸上清掃担当の方々が参加しました


DSC01434

地元の取材も来ていました

PIC_0212

熱海も市長も来ていました
※左の方です

DSC01439


国土交通省からも認知されています

DSC01440

私達がクリーンアップを行う場所は、第一桟橋といって、
サンビーチの目の前のポイントにある、マリーナになります


DSC01450

DSC01459


PIC_0216

水中清掃は、20分〜30分内で行います!

今回、清掃した場所は、空き缶がたくさん落ちていました

PIC_0215

天気も良いので、水中も明るく、清掃しやすい環境でした


DSC01461

K子さん、クリーンアップダイビングで、
ダイビング本数50本になりました

おめでとうございます


PIC_0217

これから、戻って閉会式です


PIC_0218

ここからは、オプションファンダイビングです
沈船、熱海16号のウインチには、ソフトコーラルがびっしりついてます


DSC01466

カゴカキダイや、ネンブツダイ、シロウミウシなどが見れました

DSC01467

ダイビング後は、種類豊富なおにぎりと、
魚介がたっぷり入った漁師汁をいただきます

ce647382

天気も快晴で、清掃後の漁師汁は、身体に沁み渡ります

DSC01472

外で、ログ付けです

DSC01473

そして、これも楽しみの1つとなっている、抽選会です

今年の1等は、熱海BCUを主催の熱海市内ホテルの宿泊券です

何が当たるかな〜

DSC01477

今回は、3等〜8等が当たりました
マスクカバーや、ダイビングナイフ、ホイッスル、タオルなどなど。。
ダイバーにとっては、もちろん使用できるものばかり

特賞は、また次回期待しましょうっ

DSC01479

夏日を思わせる日差しの中、清掃活動に御協力いただき、
本当にありがとうございました

午後は、もう1本潜りに行きました
ポイントは、ソーダイ根です。

DSC01483

水中の透明度は、残念でしたが
ソフトコーラルや、オ二カサゴ、アオウミウシや、キサンゴなど、
見れることができました

次回、BCUの開催日が決定次第、お知らせさせていただきます
ありがとうございました

1本目
ポイント:熱海・第一桟橋
水温:16℃ 気温:25℃
透明度:5〜8m

2本目
ポイント:沈船
水温:16℃ 気温:25℃
透明度:3〜6m

3本目
ポイント:ソーダイ根
水温:16℃ 気温:24℃
透明度:3〜5m

スタッフ:Ueda、Iwatani

岩でのんびりビーチダイビング(=^・・^=)

岩で、のんびりリフレッシュです


DVC00083


岩のビーチには、今、アオリイカの産卵が始まったので、
そんな産卵シーンが見れることも期待して、いざエントリー

アオリイカの魚礁への移動中に、こんな子に砂地で出会いました

カエルアンコウです

DSC01326

えぇ〜 なんでこんなところにいるの〜

と思わず、皆が思った程、砂地にある1枚の海藻に擬態していました


DSC01329

岩場や、カイメンについていることが多い、カエルアンコウ

これは、シャッターチャンスです

DSC01334


こちらは、まったり、のんびり潜っていま〜す

DSC01335

魚礁には、アオリイカのペアが多数、魚礁に集まっていました

アオリイカブログはコチラ
http://d.hatena.ne.jp/misstahitiaoriika/20110514/1305880023


DSC01350

透明度があまり良くなかったので、あまり個体が見れていないのですが、
かなりの数が、来ています


DSC01341

天気も良く、ウエイトの調整なども、次回のダイビングに向けて
調整が完璧です

ランチは、リクエストいただいたカレー屋さんへ


DVC00084


DSC01400

岩ビーチツアーへの御参加、ありがとうございました

次回のダイビング予定は、7月のパラオっ
魚影濃い濃い、ブルーウォ―タ―への御参加もお待ちしています


ポイント:岩ビーチ
水温:16℃ 気温:25℃ 
透明度:5m

スタッフ:Iwatani


ダイバーになりましたヽ(`◇´)/

昨日より引き続きテンションMAXのギャル2人と、
ファンダイビングでカメラのチェックダイブの方も加わり
ますます賑やかに

CIMG6100

 
ソラスズメダイの青さが光でとても際立ちます。
砂地にはちょっと大きめなカレイが・・・被写体には持ってこい。
これから大きくなりそうなイラ、
ハコフグの家族も堪能して無事エキジット。
タコも発見
講習のスキルも安定した状態でクリア 
 
CIMG6094
 
ご飯は伊豆海さんで海の幸を堪能
講習2日間お疲れ様でした。
Cカード、フルに活用してまた潜りましょうっ
CIMG6105

鹿児島ツアーその5

5月5日(木)〜8日(日) 陸上編♪

鹿児島は〜
食〜地酒〜

西郷どん

まずはお弁当・・・

食の旅

そしてお弁当・・・

食の旅2


宿のご飯〜

夕食2


枕崎といったら、カ・ツ・オ
鰹ラーメン絶品!!!

カツオラーメン


そして鰹バーガー

鰹バーガー


食べてばっかり
そしてこいのぼりは、鰹のぼり


カツオのぼりー


お土産〜鰹尽くし。


物色中。


地酒は、多すぎて選びきれない〜


選びきれない・・・。


いつもの白熊は・・・


いつもの白熊


本場の白熊は・・・すっごーい

元祖!白熊


こんなです〜

白熊コーヒー味


陸上も中身の濃い4日間になりましたー。

スタッフ:WATABE

鹿児島ツアーその4

5月8日(日)  

朝、一面の白。とにかく白い 
これだけの霧は珍しいそうで・・・。
外海は、残念ながら船が出せません

濃霧襲来!


湾内へ。
湾内といっても水深は30m以上軽く取れます。
地形凄いです そして群れも・・・


群れ群れ2


岩の下にタイマイが。甲羅の裾の部分がギザギザ
しているのが特徴的なので、見分けやすいです。


後ろ姿


休憩中、いきなり明るくしてすみません
すぐ移動します。

何か用??


なんだか一段と・・・

霧が・・・。


でも水中が良いのでまあいいか
中層移動気持ちいい〜

ぐるぐる地形♪



ドロップ


ずーっとそばについてきていたミノカサゴ。
ダイビング中、1mくらいの距離をついてきて
いました。


バディ??


漁礁もおもしろかった


漁礁


ラストダイブ、満喫です


ラストダイブ♪


次回は外海アドベンチャーへ行きたいでーーーす!


ポイント:坊津 
 ̄ノ島
タイマイ・ベンテンコモンエビ・ケラマハナダイ
ニシキウミウシ・アオウミウシ・マツバスズメダイ
ミナミハコフグ(幼魚)
漁礁
アキアナゴ・マツカサウオ・ミノカサゴ・オキゴンベ
ニラミギンポ

水温:16〜18℃
水深:〜30m/エンリッチドエア使用
フォト:MIYAUCHIさん・MIZUNARIさん
スタッフ:WATABE

週末集中カード取得コース

5月7日(土)〜8日(日)


57日(土)

福浦でOWコース開催

 


GWOWコース第二弾はとっても元気な二人組み。
昨夜の移動中の車内からテンションマックスです。



海の生物が大好きということで、今日はその対面も
楽しみです(*^_^*)

あいにく朝方は雨。二人のパワーで雨雲もどこかに
行ってしまうのではと話していたら、本当に昼前から
雨があがり日も射してきたのでびっくり

メジナ、スズメダイ、キュウセン、ギンポ、カワハギ、
キタマクラ、サラサエビ、そして穴から顔をのぞかせる
ハナアナゴの前ではしばらく観察会。


もちろんスキルも頑張りました〜!!!!!
その分明日は遊ぶ時間も多めにとれそうです。エヘ


ログ付けも済んだら、冷えた体を温めるために3本目は
温泉に
GO!!

ゆっくりと疲れをとっていよいよ明日は最終日です。

 


福浦ビーチ

水温15

透明度710m
スタッフ:KATSUYA、OKAWA

鹿児島ツアーその3

5月7日(土) 


鹿児島・坊津(ぼうのつ)。見渡す景色は絶景です!


ダイビングポイント


地形おもしろポイントへGo

地形ダイブです〜


岩肌にイソギンチャク・・・。


クマ


どこにいるかわかる???

わかる???


エイでした


こんなです。


トラフケボリタカラガイ。
黄色に黒の模様が目を惹きます

トラフケボリタカラガイ


ウミスズメ。尻尾の丸まり方がキュートでしょ


尻尾がキュート


透き通った体が不思議。

住処はイソギンチャク


ハリセンボンの口がお気に入り

ハリセンボン★


そしてお昼。

お昼


こんな穴のポイントも。

穴通貨


いやーアドベンチャーですねー


穴通貨2


穴の中でばったり!ミノカサゴも驚き顔???

びっくり!!


イタチウオと奥に伊勢海老。
暗がりにさりげなくいました。

イタチウオと。


ポイント:坊津 
々子島(ふこじま)
タチウオ・チンアナゴ・アカホシカクレエビ・ミカドウミウシ
イシガキフグ
⊂樟
キビナゴ(群れ)・イサキ・ワニグチ・ヒラメ・ウチワエイ
ゼブラガニ・ニシキウミウシ・サラサウミウシ
リエチャン岩(亀ヶ浦)
アカマツカサ・コロダイ・クダゴンベ・ボンガラカワハギ
トラフケボリタカラガイ・カシワハナダイ・ミナミハタンポ
ベニキヌツツミガイ・ウミウシカクレエビ・タカサゴ(群れ)

水温:16〜18℃
水深:〜30m/エンリッチドエアダイブ
フォト:MIYAUCHIさん、MIZUNARIさん
スタッフ:WATABE

2011年GW!!小笠原ツアー

おはようございます

毎朝、近くの公園に体操しに来ていたI垣さん。

最終日は、私達も。。と早起きして、ビーチへ行きました

DSC01144

DSC01147

アオウミガメの産卵地にもなっているビーチです

DSC01155


DSC01173


朝から、日差しが強い中での、ビーチコ―ミング

ここのビ―チは、サンゴと白砂だらけ
見ているだけでも、色々な形があって楽しい

DSC01177

DSC01181

朝御飯です

DSC01183

まずは、パッキングし、港にある集配所へ

DSC01184


その後は、父島でショッピングしました

DSC01199

クジラというところが、小笠原らしいです

DSC01202

DSC01203

DSC01204

DSC01205

DSC01207

こんな浮き玉を発見

DSC01208

ランチした後に、こんなところで、ゆっくり休息なんて、
過ごすのも楽しいですね〜

DSC01213


DSC01214


ランチは、ラーメン屋さんへGO

ここのラーメンは、前回食べられなかったので、
今回はと、再チャレンジ

海鮮たんめんです

DSC01216

サンマ―メンです

DSC01220

あかばが入った、あかばラーメンですっ

DSC01221

地元でも人気の中華レストランなので、
こちらに来たときは、ぜひ1度は、食べたいものです

これから船に乗りまーす

DSC01229

次は、ザトウクジラに会うぞ〜

DSC01231

父島での見送りです

DSC01236

おが丸内で、夕食&ログ付け

DSC01240

DSC01241


ラウンジで、団らん

DSC01250

船内で焼いた、カスタードプリンは、はまりました

DSC01277


レインボーブリッジが見えてきました。。。

DSC01305

竹芝、到着〜
25時間の船旅は、うねりもなく、穏やかでした

DSC01315


皆様、10日間の小笠原ツアーへの御参加、ありがとうございました

7月に、世界遺産登録となる小笠原

今後もまた、ツアーがありますので、ぜひ1度は東洋のガラパゴスに、
足を運んでみてはいかがでしょう

お疲れ様でした

おがさわら会を、19時半から行いますので、
ツアー御参加以外の方も、お時間ありましたら、ぜひお越し下さい


スタッフ:Iwatani

鹿児島ツアーその2

5月6日(金)  

桜島のすぐ近くでダイビングです。
そして、何とサプライズ〜
桜島噴火のお出迎えです〜
そんな状況に興奮気味の2名・・・。

201105060927000


     
そばで見ると迫力が違います・・・

桜島噴火


超巨大伊勢海老!
ひげまで入れると腕を伸ばした長さです


伊勢海老


ウミテングも1個体が伊豆で見るよりも
ふたまわりは大きい!
おかげでとても見つけ安かったです〜

ウミテング白



ウミテング


イソギンチャクを背負っているヤドカリです。
ゴージャスな印象

ヤドカリ


薩摩カサゴ。真っ白で綺麗でした。


薩摩カサゴ


ドロップには、ムチヤギの群生。
カラフルで明るい色が多くて華やか。


ムチヤギ


浅瀬の岩はイソギンチャクの群生。
岩のいたるところがこんな感じ


イソギンチャク群生

陸上と水中のギャップにびっくりな錦江湾・桜島
ダイブでした。

ポイント:錦江湾・桜島
     [神(たてがみ)
     ▲櫂ぅ鵐肇▲ぅ蝓‘邁鵑
     ポイントアイリ 北回り

アカオビハナダイ・ネジリンボウ・サクランボウ・
ウミテング・シロ&アオウミウシ・コノハミドリガイ・
クマノミ・イセエビ・オルトマン・ホシゾラワラエビなど・・・。

水温:16〜18℃ 
水深:〜30mドロップ
フォト:MIYAUCHIさん、MIZUNARIさん
スタッフ:WATABE

2011年GW!!小笠原ツアー

ブレックファースト

トースターも用意されており、焼き立てが食べれます

DSC00973

父島、周辺で3DIVE予定っ

ははじま丸が、停泊中〜。

DSC00979

何度見ても思いますが、小笠原の地形は、とにかくダイナミック
かっこいいな〜

DSC00992

1本目のポイントは、赤岩です!

潜降後、ツバメウオの群れ群れが出迎えてくれます

DSC00996

ちょっと遠目でわかりにくいですが、
この中に、仲間違いなツバメウオがいます

答えは、ラストで

DSC00997

赤岩も、サンゴと砂地ポイントとなっています

砂地には、ハタタテハゼのペアなど見られます

DSC01008

ヨスジフエダイ、アカヒメジ、アカマツカサ、ユウゼン、
ヘラヤガラ、ハナゴイなど

DSC01022


DSC01036


テーブルサンゴの下に、発見
巨大アカイセエビが存在っ

とにかく、1個体が大きくてびっくりさせられます

DSC01048

DSC01043

パンダダルマハゼが隠れてます

DSC01047


DSC01058


DSC01060


DSC01070


DSC01073


DSC01076

ノコギリダイの群れ群れも青に映えて、キレイ

パイナップルウミウシや、コンガスリウミウシなども見られ、
マクロ派ダイバーにとっても嬉しい、小笠原の海

DSC01084


3本目は、黒根。
ここは、回遊魚の通り道とも言われるポイント

潜降して、少し移動した後、大きなアカエイが2匹ばっさばっさ

そして、1匹だけのイソマグロも通過

アーチをくぐったり、サンゴの中に入れたりと、アドベンチャーダイブを堪能
※写真が撮れず、すみません。。。。

DSC01108

DSC01110

潜ったぞー

3本潜った後は、夕食前にお買い物

DSC01116

島で有名と言われる、ドーナツ屋さんへ

DSC01119


DSC01123

母島は、南に50キロ

DSC01129

御夕食は、とんかつにお刺身でした

毎日出ていた果物がありますが、皆様お気づきでしょうか

DSC01139


夕食後に、島ドーナツをいただきました

沖縄のサ−タ―アンダギ―みたいで、美味しかったです

DSC01143

明日は、淋しい出港日

お買い物と、ビーチへの散策へと繰り出しま〜す

@ツバメウオの答えは、ミカヅキツバメウオでした


1本目:
ポイント:;赤岩
水温:21,4℃ 気温:27℃
透明度:20m

2本目
ポイント:西島北
水温:20,5℃ 気温:27℃
透明度:20m

3本目
ポイント:黒根
水温:20℃ 気温:27℃
透明度:20m

スタッフ:Iwatani

鹿児島ツアーその1

5月5日(木)〜8日(日)

5日(木)
鹿児島に向けて移動開始〜。
明らかにダイバーだとわかる後姿です。


201105051302000


お弁当買い込んで移動中に食事


到着しました。ラーメン、食べちゃいます。
201105051857000


明日からのダイビングの為に、エネルギー充填です。


スタッフ:WATABE

2011年GW!!小笠原ツアー

今日は、いよいよケータに行きます〜

ケータ列島とは・・・
東京都、小笠原村にある、聟島(むこじま)列島のことを言います。

小笠原諸島の最北に位置する列島で、
父島からは、船で2時間程かかります。

ケータ列島は、嫁島、媒島、鳥島、畳岩、眼鏡岩、前島、後島など、
多くの島で形成されています

そんな、ケータの媒島、マグロ穴へ行きまーす

潜る前の、順番待ちをしている時に、なんとバンドウイルカが
船の周囲を泳ぎにきました

こんなにイルカが見れて、幸せだ〜な〜

マグロ穴は、その名の通りの、イソマグロポイントですが、
母島の四本岩と、また違った地形の場所に、
マグロが回遊しています。

DSC00681

マグロを見るときのルールは一緒

マグロの群れに突っ込んでいかないこと


DSC00682


マグロを見て、移動するダイバー達。
青い光が差し込む中に、浮かぶダイバーのシルエットがキレイでした

DSC00660

DSC00664

マグロ見たぞー

DSC00688

日本の固有種、ユウゼンも健在

DSC00648


DSC00641


DSC00690

根上には、サンゴがびっしり

DSC00693


小笠原のクマノミは、先にもお伝えしましたが、ガングロちゃんです
水深20mのイソギンチャクの中で、ゆらゆらうねりにまかれながら、
頑張っていました

DSC00704

DSC00709

何よ〜って感じでしょうか。。。。

DSC00711


DSC00715

岩場の地形も見事ですよ〜

DSC00698


2本目は、嫁島へ移動

コーラルガーデンです

その名の通り、サンゴが敷き詰められているようなポイントです


DSC00717

DSC00722

目の前をぐるぐるついてくるキイロハギ
可愛いもんです〜

DSC00782

見事なテーブルサンゴ

DSC00725

サンゴを蹴らないように、注意注意 

DSC00847


DSC00885

ホウセキキントキ、アカヒメジ、アジアコショウダイ、コガネヤッコ、
クマザサハナムロ、コクハンアラ、カッポレ、ミナミイスズミなど、
魚影も濃かった〜です

あっという間のケータも、潜った後は、さようなら〜

まだまだ、潜り足りないポイントがたくさんなので、
またいつの日か潜りに来るぞ〜

DSC00898

戻ってきた後は・・・・

今度は、ナイトダイビングへGO

潜るのは、沈船、日吉丸です

DSC00904

エントリー後、何に感動したかというと、
総勢30名近くのダイバーが照らす、原色のケミカルライトが、
超!超!超!幻想的でした

そして、ライトに浮かび上がる沈船
楽しすぎるぅ〜

DSC00906

皆で、生物観察

DSC00912


DSC00918


非日常的な、世界に、思わずうっとりしてしまいます

DSC00946

DSC00951

上がった後の、ケミカルは、ちゃんと回収〜

DSC00959

今日も、小笠原の海を潜りました

DSC00969

明日は、いよいよラストダイビングDAY
楽しんできま〜す


1本目
ポイント:媒島(なこうどじま)、マグロ穴
水温:20,8℃ 気温:27℃
透明度:20m

2本目
ポイント:嫁島、コーラルガーデン
水温:20,8℃ 気温:27℃
透明度:20m

3本目:ナイトダイブ
ポイント:日吉丸
水温:20,7℃ 気温:22℃
透明度:−m

スタッフ:Iwatani

端午の節句は福浦で

福浦で潜ってます。
OWの講習とファンダイビングです。
魚の群れがワサワサとしてます。

昨日と比べて一気ににぎやかになりました。

セッティングやスーツの着脱も、ごくごく
自然にこなせます。



PIC_0148


そして、一生懸命、擬態しています。
どこにいるかわかりますか〜。
PIC_0152


これも魚です。
いつもは砂の中に隠れて目だけキョロキョロしてます。
シマウシノシタです。
黄色いシッポがピロピロしてかわいいです。
PIC_0157

そして、忘れちゃいけない!
今日はこいのぼり、端午の節句です。
福浦漁港の上で気持ち良さそうに泳いでいます。
PIC_0164

海の中も鯉のぼりに負けないように
魚が泳いでいました。
PIC_0166


無事にコースをすべて終了。
Yさんおめでとうございます。
これからたくさんの海を楽しんでくださいね。  

 


福浦ビーチ

水温14

透明度67m


photo by Mr.HAYASHI.
スタッフ:TSURUSAKI、KATSUYA

 

 

これから海です

5月4日(水)岩ビーチで海デビュー。

今日はいよいよ海デビュー。
天気にも恵まれ海の中も期待できそうです。

de3b1843.jpg








 プールよりも長い潜降距離にちょっとドキドキ
でしたが、ビシッと前傾姿勢がきまっています。

 昨日は周囲に沢山いたダイバー、今日はその
代わりにたくさんの魚たち
 カワハギ、キュウセン、チャガラ、ダテハゼ・・・。

深度の制限があるので産卵床までは行けませんが、
浅場のフロート周りに小型ながら一匹のアオリイカ
の姿も。産卵シーズンもいよいよ秒読みかな。

頑張ってかなりたくさんのスキルを終わらせました。
夕飯は明日ファンダイブでご一緒するお二人と合流
して湯河原のカレー屋さんへ。

夕食


 いよいよ明日は最終日です。

岩ビーチ
水温15℃
透明度4〜5m
スタッフ:katsuya
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ