本日は網代。
先々週のドリフトSPトレーニングの屈辱?を果たすべく、
今日もモンキーロック2ダイブです♪

ぱらついていた小雨もやみ、超高速ボートは私達3名のダイバーのみを
乗せてビュンビュン走ります!
あっという間にモンキーロック到着!

.皀鵐ーロック 
水温20〜22℃ 透明度:表層2〜3m 下は8〜10m

潜降後、ルートを沖へ取り、Max26mくらいまで進みます。
表層のにごりがウソのように開ける視界・・・。夏特有の海です。
続くゴロタを抜け、砂地を沖へ沖へ進むと、砂紋がとってもキレイ!
そんな砂地の上を一匹の小型のトビエイがゆうゆうと横切ります。
そろそろ浮上開始の時間。バディはお互いに確認し、浮上の合図。
そして砂地上から水面を目指したとたんにサプライズは起こった!

ブリ100匹トルネード〜!!

画像が無いのが残念です・・・
水面を目指した私達は、あっという間に若いブリの集団に囲まれました。
100匹というのは推定。それ以上は有にいるかんじ。
しかも私たち3名のダイバーが、トルネードの中心にいます。
当然、視界360度どこ見てもブリの壁です〜^_^;
これは浮上を開始して−10m付近まで続きました。
ブリも一緒に浮上??
いえいえ。浮上中、水底はたしかに遠くなっているが、ブリの壁は
今離れたばかりの水底付近にも残っています。。。
このブリの壁、高さ15mほど\(◎o◎)/!
浮上中、水面までこのままだったらどうしよう?とか、
これじゃブリが私達を鑑賞する逆水族館?とか、
もしかして食われる?とか・・・
いろいろ考えてしまいましたが、ブリに心奪われすぎず、とにかく
全員無事浮上。
ものすごい大迫力な1ダイブ目トレーニング、完了です

▲皀鵐ーロック
水温:20〜22℃ 透明度:表層2〜3m 下は10m

マイナス浮力潜降後、2ダイブ目のルートは砂地際のゴロタ上を
北へ北へ進みます。
途中、どでかいヒラメが砂地に潜り擬態。
停まることなくススムススム。。。
1ダイブ目の余韻が残る中、また登場か?ブリの壁、などと
期待しながらでしたが、根待ちなどのシュミレーションを含めた
トレーニングダイブは静かに無事終了。

長い長いドリフトSPトレーニングも無事完結し、それぞれ
ドリフトダイブのツボはおさえました!
次の目標に向かってがんばってください!!
今日のようなサプライズが起こるのが、ドリフトダイブの最大の
楽しみですね!!

STAFF:Y