チュークダイブ2日目

スコールがありますが、それでもずっと降り続けることなく、陸上も快適な陽気です

これから潜る、沈船ダイブのプランニング中〜


DSC06043























1本目:伊号169

伊号169は、ミッドウェー海戦でも活躍した、数ある潜水艦の中でも有名です。
最大70mの深度まで、潜れたと言われている伊号は、アメリカ空軍の空爆を避ける為に、
潜航しようとしたところ、浸水してしまったと言われています。

ダイビングショップからも比較的に近い位置にある為、
船の移動時間も少なく、到着します。


IMG_0251























深度40mに眠っている伊号169は、潜水艦らしさを物語る、窓やハッチ、大きなスクリューも
そのままの姿で見ることができます。

また、深度がレクリエーションの範囲では深度が取れる場所にある為、
今回のようなディ―プSPの講習にも最適


2本目:富士川丸

透明度抜群の富士川丸


IMG_0270























船の中にある、艦上戦闘機を見ることができます

座席や操縦桿もそのまま残っています。


IMG_0278























倉庫の中なので、濁ってしまうとなかなかクリアにならず、
巻き上げないよう、注意しながら泳ぎます



3本目:平安丸

平安丸は、チュークに沈んでいる船の中でもかなりの大きさ
横倒しになっており、船体の右舷側には、平安丸の文字が残っています。

数多くの種類のスズメダイが船体についています

IMG_0294























当時の人々が通っていた通路も、横倒しとなっており、
そこを泳ぐことができます

外から見るのも、中を堪能するのも楽しい船の1つです


IMG_0363
























多くのダイバーが見に来る、船名は、今もそのまま残っています
このときも、外国のダイバーの方がたくさん来ていました


IMG_0385























最後の浮上の際、船の上部にいた、ギンガメアジのトルネード
名残惜しいシーンでしたね。。。

明日もまだまだ、続くレックダイブ
夜は、明日の潜る船のプランニングをたてていきますよ


PHOTO BY:SANO san

スタッフ:IWATANI
IMG_0251
























IMG_0278























IMG_0270























IMG_0294























IMG_0363























IMG_0385