15日(日)に出発〜
ミクロネシアのチュークに行ってきました

グァムを経由し、現地時間夜にチュークに到着
沈船ダイブにテンションはアップアップです

翌朝のチュークは、快晴の夏日

これから、どんな船に入ろうか、迷いに迷った結果が下記

1本目:神国丸
此処に眠っている船の中でもベスト5に入る大きな特設給油艦です。


IMG_0087























船室は、朽ちてきており、外壁やタイル等はしっかり残っています。
また、甲板には、積荷が見られ、ソフトコーラルがびっしりついているので、魚も多いです

ここで、ディ―プSPも開催!
沈船という単一潜水の良い題材を使用してのSPですね


続いて、横倒しになっている多くの船の中でも、スノーケリングで見れる位置にある、
2本目:五星丸

左舷側を下にした状態で沈んでおり、浅瀬は水深2.5m程しかありません。
魚雷による大きなダメージを受け、大空襲時に沈みました。
海軍輸送船として、当時は活躍


IMG_0124























魚雷もそのまま残っています。
巨大なスクリューを見ることもでき、スクリュー周りにはカラフルなソフトコーラルがたくさんです。


IMG_0142























浅いので、光がしっかり入ってきます
ワイド写真には、最高です


IMG_0149
























IMG_0132
























3本目:富士川丸

映画‘タイタニック’の撮影でも使用された、海軍航空機運搬船です。
最大水深42m程の為、私たちダイバーにとって、潜りやすく、
世界中のレックダイバーが最も多く、訪れる沈船でもあります。


流れも穏やかなので、うねり等の影響もほとんど受けず、砲台もキレイに残っています

IMG_0196
























魚達にとっても、巨大漁礁となっており、このときも小魚で通路が埋まるくらいの数がおり、
サメや、ギンガメアジのトルネード、ウミガメ等も見れました


IMG_0220
























明日の計画も、前夜の楽しみ

沈船ダイブDAYスタートです


PHOTO BY:SANO san

スタッフ:IWATANI