沈船ダイブ3日目の朝です

今日もみんなの体調もバッチリということで、1本目はどーんとディ―プダイブに行ってきます

1本目:日豊丸

多くの沈船の中でも、人気の高い船で、
大空襲の際、アメリカの空母によって撃沈された特設給水艦です


IMG_0404























左舷側に傾いており、甲板上には戦車や、機関銃等も残っています。
ブリッジ内には、舵輪もそのままの姿なので、当時の姿が想像できるようです。。。


IMG_0407
























DSC06270


































戦車は、2人程が乗れるような小型の大きさです。

IMG_0395























今回、よくウミガメが見られるような・・・

DSC06256























2本目:山鬼山丸

海軍の運送船として使用されていた山鬼山丸(さんきさんまる)は、
進水から沈没まで約2年という短い生涯の船でした


IMG_0440























零式の戦闘機のエンジンやタイヤ、トラック等も見られ、
比較的目につきやすい倉庫内には、数多くの銃弾が残っています

DSC06255
























DSC06245























この船のマストについている、ソフトコーラルがとにかくキレイ〜
水深が浅いので、光が入れば、色鮮やかな姿で見ることができます。


IMG_0454























トラックのハンドル部分

DSC06201























ほぼ、直立した姿で海底ー45mのところに沈んでいます

IMG_0447























3本目:べティ(一式陸攻)&エミリー(弐式大艇)

IMG_0463























べティは、陸上攻撃機、エミリーは、大型飛行艇です


IMG_0508























飛行機内は、小魚の群れでたくさん

IMG_0490
























IMG_0479























ダイバーが入れる大きさです

IMG_0496
























DSC06316























透明度も良く、全景を見るのには、良い条件でした

周囲には、飛行機の積荷も散乱しており、動かさないように、周りから撮影

ご参加の方からは、飛行機が好きだという方も

なかなか当時のものをこうして見る機会は少ないので、
貴重なダイビングとなりました。


PHOTO BY:SANO san

スタッフ:IWATANI