DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

海外ツアー

マクタンビーチ

9月1日(木) 

昨日に引き続き、快晴べた凪
スズメダイ好きな人は、ずーーーーーーといても
飽きることがないのではと思えるくらいに
キャベツサンゴの中に沢山のスズメダイの種類が
生息しているんです

キャベツサンゴ

近づくと、サンゴの中に身を隠してしまうので
こちらの存在に慣れるまでじっと我慢です

ハウスリーフ

超接近!

ベストアングル

ミスジリュウキュウスズメダイはなかなか外に
出てきてくれず、出てきてもよく動き回ります。
顔がかわいい

ミスジリュウキュウスズメダイ

ダイビング終了後、町をのんびりと散策しながら
お買いもの

フルーツ屋さん

ここで購入したマンゴーはとても美味しかったです


またのんびりと過ごしに帰ってきますーーーっと
心の叫び声がしっかり聞こえました(^u^)

ポイント:ハウスリーフ
水温:30℃ 透明度:20m〜。
フォト:D・Tさん
スタッフ:WATABE

マクタンビーチ

8月31日(水)

快晴〜そして静かな海です
水底が透けてみえる良いコンディション

ビーチ

2日間、のんびりとビーチを満喫します
ビーチのほぼ中央にあるキャベツサンゴ。
ここは魚がとても豊富です

キャベツサンゴ

ドロップオフに行ってきまーす

いってきまーす

光が良く入って、とてもいい景観
ビーチ右のショベルカー。

ショベルカー

魚も凄くて動画がよかったんですが、上を通る
ボートやジェットの音がブンブン凄くて残念
ショベルカーはすっかり水中生物の生活の場所に
なっていますね

ダイビングあとはお買いもの&お食事

街の人と一緒に

周りには、家族連れなどがいっぱいでした

散策

しっかり動いて充実した1日でしたね〜
1日の疲れは、もちろんマッサージで翌日には
残しません
明日も楽しみですね〜

ポイント:ハウスリーフ
水温:29〜30℃ 透明度:20m〜。
スタッフ:WATABE

オランゴ島・タリマへ。

へへへ。
セブのタリマに潜りました〜。
いきなりであったのがこれ↓
DSC00217

あれ、ちょっとずれちゃいました。
これ↓
DSC00218

最初は岩が浮いているのか??と思った
巨大クラゲ〜。体長はなんと!1メートル?でした。

タリマというポイントは水深18mくらいに
木造船が沈んでいて、
その周りが漁礁となってたくさんの魚の群れが
見られるんです。
DSC00221

DSC00225

オニカサゴ、タイワンカマス、ホホスジタルミなどなど。
タイワンカマスは最初、バラクーダ????
と思っちゃいそうでした。
でも、よく見たらおいしそうだったので
違いました。

ホホスジタルミはかわいいですよ〜。
人の様子伺いをしている感じです。

セブですよ〜。

セブですよ〜。
今日も潜ってます〜。
行ったところは、マリゴンドンケーブ。
集合は棚の上、水深5メートルくらい。
そして、棚を降りていくと
水深約30mの所に洞窟の入口がありました〜。
中はどこまで続くんだ〜というくらいに奥がありそうです。
本格的な洞窟です。
洞窟の
中から入口を振り返ると真っ青な空間が広がっていて
すんごくきれいです。
洞窟の中に、光る魚がいたらしいんですが、
ちょっと発見ならず。。。。。。
これは、セブにきたら行ってみる価値ありです。

マクタンビーチダイブ

5月4日(火) 

今日はビーチ3本攻めです(*^_^*)
それにしてもすごーい透明度

PIC_0010














タンクについていたナイトロックスのマーク。
水中でマスクとっていきなり何をするのかと
思ったら・・・


IMGP4467













凄くうれしそうな2人でした

こんなことばかりをしているわけではなく、
ちゃんとダイビングしています。

12m前後に生息しているニチリンダテハゼ。
背鰭の大きな点模様が特徴。


PIC_0049













ニシキフウライウオです

IMGP4487













ビーチはクマノミの種類も豊富。


PIC_0062













文句あるかっていう顔をしているクマノミ。
実際行動的なんです。


IMGP4391












ビーチの潜水エリア側にあるショベルカーの
1部、位置取りも良い感じです。


PIC_0038


















案外、迫力あるかも・・・。


PIC_0087













サンゴも見事!!なんだかキャベツに
似ていませんか??


PIC_0046













ビーチといえども侮れない海です!(^^)

ポイント:KONTIKIビーチ
水温:28℃  透明度:20m以上。
フォト:MATSUURAさんMIYAUCHIさん
スタッフ:WATABE

セブの初日はボートにビーチに\(^O^)/

5月3日(月) 

ゴールデンウィークはセブでたっぷり
リゾートダイブ〜

IMGP4093

きたど〜!!!セブ〜!!!俺の海だぜ
あ、一人で来たんじゃないので〜。
ボートはヒルトゥガン島へ向かいます。

IMGP4096


おお〜いきなり、見事なサンゴ

IMGP4449

そして、魚のオンパレード
ガーデンイールの群生が見られる砂地です。
ひょこひょことしぐさが可愛い


IMGP4236

たくさんのツバメウオ

IMGP4220


そのころビーチは・・・。
ビーチマップ。ここに潜ります。


PIC_0001














どーーーーーんと行きました。
40M近いのに、深度を感じさせない明るい
海です。


PIC_0004














サンゴやソフトコーラルが生き生きとしている
生命力あふれる海です。


PIC_0007














ポイント:
ボート→ヒルトゥガン
ビーチ→kintikiビーチ
水温:28℃ 透明度:30M
フォト:miyaychi & matsuura

セブ便りvol.4

“セブのギンガメアジ”すごいです。
PIC_0076

セブ便りvol.3

タイトル
“動かざること、山の如し”
PIC_0071

セブ便りvol.2

ナルスアン島 のサンゴ上のデバスズメダイです
タイトル“セブの夏”
雪降ってるのにすみません。。。
PIC_0088

セブ便り

セブに来ています。
今日はヒルトゥガン島とオランゴ島でダイビングでした。
ヒルトゥガン島のツバメウオ、良く撮れました!
 
写真のタイトルは。。。
“銀座の蝶より、セブのツバメウオ ” です。
PIC_0033
すごいでしょ

セブ・マクタン報告!勝谷編 その2

12月29日

この日はボートです。
明日の搭乗時間から逆算して2時までに最終エキジットですが、
もちろん3本そしてロングダイブです。

KONTIKI BEACH














バンカーボートは一路ヒルトゥガン島へ
船の舳先に座って風と日光を浴びるのは最高に気持ちがいいです。

潜った場所はやはり浅場とドロップオフからなる地形ですが、
サンゴ類が豊富でとてもきれいです。

ツバメウオ














ガーデンイール














浅場に戻ってくると、ツバメウオの団体さんのお出迎え、砂地にはガーデンイール。
今日も被写体には不自由しません。


レックダイビング














ハマクマノミ














ラストダイブはマクタン島に戻りました。


いよいよ最後と感慨に耽りつつドロップオフエッジで安全停止をしていたら
上の方になにやら霞んだ雲のような物が。
近づいてきたそれはキビナゴのような小さな小魚の群れ、
自分の周りで群れがパッと割れる様は壮観です。
そしてこのような群れが浅い所に追い込まれてきたということは……。
現れました10匹前後のイソマグロ。果敢にアタックするイソマグロと
それを反射的に避ける群れがキラキラと輝く様は言葉を失うほどに綺麗でした。
でも……でも……このとき私のカメラはバッテリー切れ()
嗚呼……動画モードで撮りたかったなぁ。
でももしかしたら「また今度おいで」という神様の思し召し そう考えることにしましょう。

 

D-downに戻った後は再びトライシクルで街中へ
道端でヤギや牛が草を食んでいるすぐそばにある近代的な
ショッピングモールでお土産を買ったり、
じっくりとオイルマッサージを受けたり、心も、お腹も、窒素も、
カメラのデーターもすべて満腹になった4日間でした。

 

追記 セブのパイナップルは芯まで甘くておいしいです



ポイント:ヒルトゥガン島マリンサンクチュアリ
透明度:15〜20m 
気温&水温:いずれも27℃

ポイント:マクタン島タンブリ
透明度:18m 
気温&水温:いずれも27℃
スタッフ:Shimada Katsuya

セブ・マクタン報告!勝谷編 その1 

12月27日

空路5時間で真冬の東京から常夏のセブ島へ
温度差のある冬は文字通りその恩恵を肌で感じます。
降機するとき、小脇に抱えたフリースがとても場違い。


到着便が重なり、入管はゴッタ返し。
真ん中より前に並んでいたはずなのに、気がついたら後ろにほとんど人がいない……。
どうやら横入りされまくっていたのに気がつかなかったみたい。
ターミナルを出ると島田とアルフィーが待ちくたびれていました。

この日はとりあえず食事をして就寝。翌日からに備えます。

12月28日

宿泊した部屋のすぐ前が、D-downと海。
ギリギリまで寝ていられるけど、気持ちが高ぶって早起きです。
(決して年寄りだからではありません)

D-DOWN














この日の予定はビーチで昼間3本ナイトで1本。

今回はじっくりと写真を撮って、カメラワークのスキルアップをはかるのも目的の1つ。

メインは沖にあるドロップオフですが、その手前の浅場もとてもきれいです。
白い砂に丈の低い緑の藻場が続きます。
水深も2〜5メートルぐらいと浅いので日も充分差込み、水中にいることを忘れます。

KONTIKI BEACH














子供の頃にバッタやカマキリを追いかけていた野原を思い出すような光景です。

そしてドロップオフ。ニチリンダテハゼ、ネッタイミノカサゴ、
クマノミも普通種からスパインチークまで種類豊富で被写体には困りません。

ネッタイミノカサゴ














スパインチーク?














そして、1本目の後半に発見、ニシキフウライウオ
ウミシダの影に潜りこんでなかなか大変。


ニシキフウライウオ














という訳で2本目はエントリーしたらまずはニシキフウライウオ直行です。

写真上達の近道はとにかく枚数を撮るべし、撮るべし……
とにかくいろいろな物にシャッター切りまくり。
気がつくと1本1本のダイビングが全部60〜70分コース。

電池もすぐなくなるので充電のためD-downの変圧器も大活躍。


そしてナイトダイビング。
狙いはもちろん日没前後に活発に動き出すあいつです。そうニシキテグリ。
初めての対面で感動したけど、サンゴの枝下の方にばかりいて、写真に撮るのは大変。
ある意味カメラ修行には好教材。

ニシキテグリ














1日の4ダイブはあっという間に終わってしまいました。


窒素で満腹になった後は、フィリピン名物のトライシクルに乗ってフィリピン料理店へ。
これまた名物のシネガンスープに、エビの照り焼きなどでお腹の方も充電完了。


ポイント:KONTIKI BEACH
透明度:15〜20m 
気温&水温:いずれも27℃
スタッフ:Shimada Katsuya

出発で〜す\(^o^)/

勝谷がセブへ出発しました

すでにここまでいろいろなハプニングもありましたが
今やっと搭乗口です。あと20分ぐらいで搭乗開始。
楽しんできます。(^_^)/~

行ってきます〜














楽しんで来てくださ〜い。
セブ報告待ってます

常夏セブで無制限ダイブ!

11/7(土)
先に到着のK子さんと1日だけ同日程参加のU田さんが到着!
とりあえず、ホテルへ直行し、ログ付けに参加。。。(笑)
一緒に乾杯です
,セブ1


そして翌日からのダイビングの計画を立てました。
とりあえず、ハウスリーフ3ビーチ1ナイト
有り余る?パワーをマクタンダイビングで放出します!

11/8(日)
あいにくの曇り空でのスタートです
朝食前に1ダイブ〜

セブ10

各ダイブ1時間ほど。。。
ど〜んと深場へ向かいながらも、しっかりと浅場も満喫
ランチを挟んでしっかりと3ダイブした後に、
ナイトダイビングまで楽しんじゃいました〜

11/9(月)
この勢いはまだまだ止まりません!
今日は異例のAM7:00出航の3ボート!
ナルスアン島まで向かいます。

道中の海況は、驚くほどの無風
波一つ立っていない海面を、バンカーボートが進み超穏やか!
あっという間にナルスアン島まで着いちゃいました

このナルスアン島もサンクチュアリに指定されていて、
浅場のサンゴエリアは足を着く場所場ないほどのサンゴで
埋め尽くされています。

本当にキレイですね〜
セブ11

1m級のラプラプやヤッコエイがうじゃうじゃ!
盛りだくさんのダイビングでした


セブ12
バンカーボートは揺れないし、広いし、快適快適
もちろん貸切です

セブ13
南国フルーツはアフターダイブに欠かせません
マンゴーもパイナップルも甘くておいしいです


セブ14
2日間7ダイブ潜り倒したU田さん、ご満悦


セブ15
あっという間でしたが、濃厚な3泊4日
ぜひぜひまたお待ちしております


現地特派員 島田がお送りしました〜
セブ16


マクタン島
KONTIKIビーチ

ナルスアン島
スティングレイポイント
コーラルポイント

PHOTO BY / KAORI UEDA

STAFF / SHIMADA

セブに出発!

セブツアーに出発!
これから搭乗です。
いってらっしゃ〜い\(^O^)/。
DVC00005
明日のダイビング楽しみですね。

常夏セブへ♪

11/5(木)
マクタン島到着です
直行便だと、とっても近いですよね〜!
飛行機も遅れることなく到着しました


11/6(金) 
さっそくダイビング開始
今日はハウスリーフKONTIKIビーチを潜ります!
まったりと朝ごはんを食べて、のんびりスタート
なんと言っても、ビーチエリアはホテルの部屋の目の前ですからね

セブ2

時々こんな風に、頭上が暗くなるくらいのマイワシの群れが入ります!




前方視界不良です。。。

コンチキ
マクロ生物が豊富なビーチなので、撮影も楽しいです

ランチを挟んで2ビーチ、じっくりと1時間ほどダイビングを楽しみました!

マンゴー!
やっぱりダイビングのあとはこれ!
美味しいマンゴーですよね〜
甘くておいしい〜

夜はローカルフードレストランへ!
たらふく食べて、翌日のボートダイビングに備えます

11/7(土)
海況良好!
風波もなく、このままヒルトゥガン島まで出かけます
ここはサンクチュアリに指定されている、
サンゴのとてもきれいなポイント!

サンゴ畑

太陽の光をいっぱい浴びて、サンゴはすくすくと成長中です


ツバメウオも群れで泳いでいます!
すごく近くまで寄れる!
ツバメウオ


ほんのちょっとした砂だまりに、ガーデンイールのコロニーが!
けっこう長〜く体を水底から出していました!
ガーデンイール



ヒルトゥガン島にはカクレクマノミもたくさんいます
カクレ

ロウニンアジもしっかりと近くで満喫!
盛りだくさんの2ボートダイビングでした

今日はトコトコとトライスクルで観光です!
(運転しているわけではありません。)

休息
これに乗って、マクタン島内のラプラプ記念像と教会、
マーケットに行ってきました
教会では、ローカルの結婚式が実際に行われている最中でした


セブ1

3泊4日はあっという間です!
ダイビングに食に遊びに豪遊です!

またお待ちしていま〜す!

マクタン島
KONTIKIビーチ

ヒルトゥガン島
マリンサンクチュアリ

PHOTO BY / KEISUKE KANEKO

STAFF SHIMADA








海況GOODです!

今日はボートでヒルトゥガン島まで行ってきました〜
ここ1週間くらいの中で、一番いい海況です
風もなく、ボートも揺れずに快適な移動でした。

23b7006e.JPG














流れもなく、水もいい!
OWコースも順調に進み、無事に修了です!

7bece159.JPG














GTが頭上をぐるぐる回る中での緊急スイミングアセント
日焼けいっぱいで楽しんで頂けたようでよかったです。

d73fd9d7.JPG














またぜひお越しください
お待ちしておりま〜す!

25a81ccd.JPG














今日はビーチもべたなぎです。
日曜日なので、ローカルの海水浴でとってもにぎわっていた
KONTIKIビーチでした。。。

98b91c37.JPG














ヒルトゥガン島
マリンサンクチュアリ

気温:30℃
水温:29℃
透明度:15〜18m
流れ:PM中流

〜18m

水きれい!

3c708a22.jpg














今日は風も収まり、ビーチの海況も良好でした。
特に潮が上がる前の午前中は、透明度もとても良くて、
浅場は太陽がサンサン

0450f25a.jpg














夕方は夕焼けも出て、オレンジの空がきれいでした〜!
OWコースも順調に進み、いよいよ大詰め

明日はボートダイビングです

KONTIKIビーチ

気温:28℃
水温:29℃
透明度:10〜15m
流れ:PM強

今日はこれにて。。

晴天ののちスコール

c70b30e8.jpg














今日の太陽は朝からガンガン
とても強くて、少し外にいただけでも肌が赤くなり。。。

日々の風の影響で、ビーチの水面はちょっと風波あり。
浅瀬を使用して始まったOWコースでしたが、
立てる水深だと、どうしても揺らされてしまいました。

が、そんな風波をもろともせず、どんどん進むトレーニング〜

51031012.jpg














無事に海洋1ダイブ、修了です
まだまだ続くので、海況が良い状態が何とか続くといいのですが


df67a3b5.jpg














今日の実習中撮影班はアルフィー。
ダイバーの撮影のどさくさに紛れて?撮ったブチウミウシ
ここのところ、急に増えて来たように思います。
3センチくらいのものが多かったのですが、これは5センチ強。
ちょっと大きめで撮りやすかったらしいです。
白黒の柄なのですが、コントラストがはっきりしていて
被写体にはちょうど良い
ぜひ100mmで狙ってみようと思います

KONTIKIビーチ

気温:29℃
水温:29℃
透明度:10〜12m
流れ:なし→強

海況復活!

1da2fc04.jpg














朝、ビーチを見てみるとやや風波が残り、浅場はちょっと
ザブザブしていましたチェックダイブのアルフィーも
眉間に皺を寄せて帰って来たくらい、透明度も無くなって。。。
昨日の夜吹いた風がかなり効いてました。

今日はリフレッシュFANダイブやOWコースを
予定していたのですが、ちょっと厳しいかと判断。
ボートで他の島へ渡るのも断念し、様子を見ることに。

お昼過ぎて皆さんが到着された頃には、なんと海況も
透明度も復活
よかった〜

とりあえず無事にリフレッシュダイブを修了

db4d8186.jpg














水中も明るく、デバスズメダイやヤマブキスズメダイに囲まれ、
なんと1時間越えダイビングでした〜


e676a73c.jpg














ビーチのエンドウモクエリアに擬態している、
オビテンスモドキの幼魚です。
その姿も、泳ぎ方もかなり特徴的なのですぐわかるのですが、
同じような色形をしたエンドウモクの周りをずーっと泳いでいます。
その安住の地を誰が教えたのか。。。?
自分の居場所を分かっている感じです


KONTIKIビーチ

気温:28℃
水温:28℃
透明度:AM2〜3m PM13〜15m
流れ:なし

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ