DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

アドベンチャーダイビング

岩ボート!トライアングルツアー(*^-^*)

岩のグルグルトライアングルツアー
天気も快晴!
海日和です。

前日は、近くの民宿さんで宿泊
美味しい日本の朝ご飯をいただきました。

DSC_0664


DSC_0662



カラフルなソフトコーラルやマクロ生物を堪能しました!


h3ECgCywew_8gARs5iCdioQj58G7bX4lz1i0E5DQp_weJxFPc



8n1Di7wa8RX6ZyfilCCf5pRyW3yG1HAnmaqrFE8dmMMeJxFPc


Dy9iELBe38RbZTt78Ymr9LZXzMUnfCPYsC4eNy986IAeJxFPc



O-Q0oM1fEnjBlbX0syEyYh5V3AwWq_xKU0W8_po8_jEeJxFPc



SEHElfwIgRCz5mOx2xVYQBlOsOAGN_V4kEekGsm7cAweJxFPc






PHOTO BY:Sanoさん

水温:18℃
スタッフ:Watabe、Iwatani

福浦1ボート1ビーチ1ナイトダイビングツアー!!

今日は、福浦ツアー開催です。

朝出発をし、到着したのが、朝10:00!
春休みの良い天気だったので、すっかり渋滞にはまってしまいました。

到着し、早速ボートダイビングへ!



hukuura




















P3280133
















来る途中に見た赤潮も何のその!
透明度は、抜群です〜!
リトルシャークでは、ネコザメには会えなかったものの、
アオウミウシや、スズメダイ、浮上前にはイワシの群れに目の前を通過されました!



DSC08815


















午後は、ビーチダイブへ!
青い〜!!!!!


DSC08825


















お目当てのダンゴウオや、コケギンポにも会え、すっかりマクロダイブを堪能〜!


DSC08848





















P3280142















これから、ナイトダイビングにGO!!


P3280145




















すっかり夕暮れになって、初ナイトにワクワク!



DSC08833


















ナイトダイブでは、様々な生物が見られました。


P3280161




















DSC08837


























アメフラシの交接シーンにも遭遇〜
色々な大きさのアメフラシを見かけました。



P3280172





















DSC08838



















これからの暖かくなってくる季節のナイトダイビングは、楽しみです!
ご参加ありがとうございました!


明日は、海洋公園です!


1本目:リトルシャーク
水温:14℃、透明度:10m〜

2本目:ビーチ
水温:14℃、透明度:10m〜

3本目:ビーチ
水温:14℃、透明度:10m〜


スタッフ:Iwatani、Katsuya

熱海・ソーダイ根&コソガ洞窟

11月7日(水)熱海、コソガ洞窟解禁〜

平日の熱海は、ほぼ貸切〜

1本目は、ソーダイ根に潜りましたー。

水中の透明度も良くて、明るい〜

P2010020


P2010018

マクロもワイドも豊富

P2010007


P2010021

キンギョハナダイの群れ。



貸切ソーダイ根、最高です(*^^)v

P2010037

そして2本目は、11月にオープンしたてのコソガ洞窟へ。

P2010025

入っていくときは結構暗いので、ライトは必須です。




振り向いた時の光の感じがなんとも言えません。

P2010031


P2010030

ダイビングあとは、鍋で体を芯から温めます
醤油ベース、行けてましたよ〜

NEC_0001

締めはラーメンで 

NEC_0002


洞窟内で水面に顔が出せて水深も最大14mと、初心者でも
安心して潜ることが出来る洞窟です。
3月末まで解禁ですので、ぜひ1度は潜りに行ってみて
下さいね

ポイント:熱海ソーダイ根、コソガ洞窟
水温:21℃ 透明度:10〜15m
スタッフ:WATABE

AOWコース&FUNチーム2日間♪

10月13日(土)・14日(日)
2日間集中コース開催。
1日目、福浦で2ビーチ1ナイト

講習チーム。まずは中性浮力のコースから。

PPB講習中


FUNチーム。じっくりフォトダイビングです

梶原さん


ムレハタタテダイが・・・。
南国ムードになりますねー

ムレハタタテダオイ

2ダイブ潜ったあとは、少し遅めの昼食です。
無言で一気にたいらげました〜(^u^)

昼食


ナイトダイブは、就寝中の魚たちがいっぱい

アイゴ就寝中

ウミスズメも。

寝ぼけてます


のんびり潜れたナイトダイブでした〜。

ポイント:福浦ビーチ
水温:23℃ 透明度:10m前後。
フォト:KITOさん
スタッフ:WATABE

ヨロン島1日目!!ブルーウォ―ターダイブ!!

朝出発 
羽田空港は、海の日ともあって、混雑してました

那覇空港から、こーんな飛行機に乗り換えします

DSC_0030

約30分程で、与論島に到着っ
13時くらいには、着いてしまいました


到着後に、ダイビングがある為、まずは腹ごしらえ

奄美大島料理の鶏飯(けいはん)です
だしに、御飯とこれからの具材を入れて食べるのですが、
このだしが、格別に美味しい〜


DSC_0035


そのままダイビングへ
まずは肩慣らしダイブ

DSC03349


エントリーした水中は・・・
あ、あおーい〜


青い〜〜〜


ビックリする青さに、感動〜
そして、白砂の景観が、地形が素晴らしい

透明度良いです


透明度30m以上の中、定番のウミガメや
地形を堪能した初日でした

DSC03369


DSC03375


夜は、宿のご飯で舌鼓

「たら」の夕飯♪

明日からのダイビングが楽しみですぅ〜


ポイント:与論島
水温:28℃
透明度:30m以上!!
スタッフ:Iwatani

利島改め、土肥2日間♪

利島でドリフト尽くしのはずが・・・
海況が良くないということで、急きょ土肥へ
変更になりました~

天気は良い感じです

3ae7f613.jpg



1日目はビーチダイブ。
ちょっとマクロな潜り方に。
カレイにアオリイカの卵にヒラタエイ。
ビーチマクロ


ビーチ


砂地に


そして優雅に泳いでいるマダイ
マダイ


みんな段取りがいいので、スムーズに2ダイブ
終了しましたー。
もちろん、そのあとは・・・
恒例の、プール遊び~
リラックスタイム


そして宿では海の幸尽くし
ゴージャス


もうたべられないーと悲鳴を上げながら???
しっかり睡眠をとって、2日目に備えましたZZZ


2日目はボートダイブ。飛島沖はびゅんびゅん流れ
水面ブイが水中に引き込まれる位の流れだったので
期間限定「鷹の巣」ポイントへ。
そこも水面はびゅんって感じが・・・
でもみんなの目はなぜか
やはり、ドリフトダイバーの血が騒いだのか!!!

2本目、穏やかな所がいいなーということで
お花畑に。
お花畑1


1mクラスのヒラメが2匹も
お花畑2


のんびり、じーっくりダイブになりました。が、
なんとなく物足りなく感じてしまったメンバー。
やはり、刺激型ダイバーなのか

昼食は久しぶりに「まると」へ。
追加オーダー


昼食


2日間、お疲れ様でした。
また利島リベンジしましょう~

ポイント:通り崎ビーチ、鷹の巣、お花畑
水温:19~22℃ 透明度:3~12m
フォト:TOMATOMA、HAYASHIさん
スタッフ:WATABE

お盆ツアー開始っ!!ヽ(^。^)ノ岩でレックダイビング!!

真夏のピーカンダイビングです!!(=^・・^=)

今日は、岩で、鉄骨番長&トライアングルでレックダイブしますよ〜(*^_^*)


DSC04525


DSC04526


DSC04528


DSC04538


DSC04544


DSC04546


スタッフ:Iwatani

今日は熱海でブルーウォ−ターダイブ!!

今日は、熱海に潜ります〜

海況も昨日から、良い状態なので、透明度も期待大

久々の熱海に潜るお二人なので、どこに潜ろうかご相談っ

沈船の後部まで、行きたいとことで、
綿密な計画を立て、いざGO DIVEっ

ボートから、水面へのエントリーをしてびっくり

沈船の前部と、下にいるダイバーがくっきりと見えるじゃありませんか〜

透明度25m
 
水面から、沈船丸見え

ワックワクな心を落ち着かせ、潜降〜!

後部までくっきりと見えます

後部は、ソフトコーラルの数が見事なもので、泳いできた甲斐ありですy


PIC_0001

2本目は、小曽我洞窟へGO

1番のり〜でやはり期待に応えてくれた、透明度と海況です


PIC_0004

PIC_0009


PIC_0012


伊勢エビの子供が洞窟のあちらこちらで見られ、
マツカサウオも1匹、岩の隙間で泳いでました


PIC_0018

安全停止中〜


c96166a2


食事前に、ログ付け


PIC_0020



PIC_0021


ありがとうございました


1本目:沈船
水温:15℃ 透明度:文句なしっ!
 
2本目:小曽我洞窟
水温:15℃ 透明度:15〜20m!

スタッフIwatani

伊東はまたリベンジ!!岩でトライアングルづくしb

トライアングルの見事なソフトコーラル

カラフルでお花畑みたいです

ソフトコーラル


ソフトコーラル


ソフトコーラル


ヒラメ発見

ヒラメ♪


トライアングルは何度潜っても飽きません〜

鉄骨の間をぐるぐるしたり、ソフトコーラルを眺めたり、
鉄骨に住んでいる生物を観察したり、写真を撮ったりと、
色々な楽しみが満載しています


PIC_0111


トライアングルでの集合写真


PIC_0113

上がった後には、温泉(?)でしょう〜
頭かぶったら最後
ここから抜け出せません・・・・


PIC_0115


伊東は、残念でしたが、
トライアングルもなかなかでした
潜り足りない〜なんて声も




PIC_0119

最後は、やっぱり・・・・

せ〜っの


PIC_0122


年末年始ツアーにご参加いただきました皆様、
寒い中、ありがとうございました

改めまして、今年も宜しくお願い致します。


1本目:トライアングル
水温:15℃
透明度:15m〜!

2本目:トライアングル
水温:15℃
透明度:12m〜!

フォト:K.Miyauchi
スタッフ:Iwatani

サンケンオブジェクトSP2

10月24日(日)  

2日目。
チームに分かれてどう動くか打ち合わせ中。
バディ同士で動く際、効率よく動けるように
それぞれのバディの動きを話し合っています。


チームで打ち合わせ1














右舷側と左舷側でチーム分け。

チームで打ち合わせ2














バディ単位でも計画していきます。

バディ単位で打ち合わせ














サンケンオブジェクトの計測時のラインの
使用方法のシュミレーション。


練習中














お互い、合図などの練習をしていきます。

バディ同士で協力して計測














こんなところで自主練習中(*^_^*)
手に慣らすことが大切ですから


自主練習














しっかり計測してきます〜(^_^)ニコニコ

行ってきまーす














今日も穏やか&透明度の良い海

PIC_0296














それぞれのバディと、コンタクトを取りながら
ラインを伸ばして行きます。

リールを使って計測中


















ラインに付けた印の確認で、距離を測定して
いくんです。


絡まないように。














巻き取るときは、素早く、絡まず!!
先を担当しているバディは、フィン先まで
集中して、巻き上げないように意識集中!

バディへ合図














高さの計測も、そのときのリールワークも
安定したスキルで実施。

高さ計測














もちろん、バディとの連携が成功の鍵

バディ同士で














最後は、自分たちで立てた計画で、しっかり
潜ってきました(*^^)v

リールの使い方練習のツアーや、今回の
内容を他の場所でも役立てていけるような
ツアーも企画されてきますので、その時は
是非一緒に遊びに行きましょう〜
もちろん、グルメ&温泉宿企画も冬に向かって
盛りだくさん???の予定です。
楽しみにしていて下さい(^^)


修了〜














鍋ツアー〜締めはラーメンで〜は、11月3日の
祝日の開催です(^u^)


ポイント:土肥 通り崎ビーチ
水温:24℃ 透明度:8〜12m
スタッフ:IWATANI、WATABE

サンケンオブジクトSP1

10月23日(土) 

今日から2日間、西伊豆の土肥(とい)で
リールワークのコース開催です。
おだやかな良い海況なので、潜るのが
楽しみです〜(^u^)

1日目














みんなでエンリッチドエアを使って潜ります。
その酸素%チェック中。
20m前後に留まって作業をするので、
エンリッチドエアはとっても効果的なんです


酸素%チェック














準備万端!!行ってきまーす。


PIC_0254














ポイントまで、サービスさんに車で送ってもらい、
そこで準備をして潜っていきます。

PIC_0266














浮桟橋からジャイアントエントリー。


エントリー














水中では、打ち合わせ通りにバディ同士で
行動開始


ミッション開始














コンパスも久しぶり(>_<)
思い起こしのいい機会!

角度確認中














サンケンオブジェクト(海に没したもの、という意味)
を細かくチェックして記入。

サンケンオブジェクトのチェック














お昼休憩中〜。
1本目で調べた内容をまとめていま〜す。

土肥でサンケンSP










2本目の計画もばっちりですよ

土肥でサンケンSP











2本目は水底に添ってラインを引いていく練習
です。
1本目に目標物までの個々の予想距離を
出していて、実際はどうなのか、正確な距離を
測って、自分の感覚との差をなくすことにも
役立てていけるんです。

リールワーク練習














要注意は・・・ラインの絡まり。
絡まると、こうなります (゚ロ゚;)エェッ!?

絡んだ例・・・














こうならないように、たるまない状態をキープ
していきます

水底に添って














もちろん、巻き取りも。
慎重になりすぎて腰が引けていますが(*'-'*)
きれいな巻き方でした。

絡まないように慎重に。














水中で実践。コツをつかむまで、何度も
練習あるのみですね(*^_^*)


リールワーク中














1日目が終了し、これから今回のお楽しみ
第2弾!!
24時間入れる温泉&グルメ宿での
宿泊でーす

宿で













おしゃれな感じ♪ そして、上品な味付け。
いつもガツンと食べる食事処と違う雰囲気
が新鮮な感じです。

食〜♪














ぷりっぷりのお刺身
エビおいしそう〜

ぷりぷり














釜めしは・・・
ゴメンナサイ(@_@;)
アツアツ過ぎて、曇っちゃいました

熱々すぎて・・・














ゆっくり休んで、明日も頑張りまーす!

ポイント:土肥 通り崎ビーチ
水温:24℃ 透明度:8〜10m
スタッフ:IWATANI、WATABE

北海道ツアー後半 自然散策編1

3月6日〜8日 

世界遺産知床半島に来たならばやはり
大自然もじっくり堪能しなれば・・・(*^^)v


NEC_0042











エゾジカのペア。といっても2匹ともオス。
しかも立派な大人の角が生えています。


IMG_0173














持っていたアイテムをかぶるM成さん。
ん〜〜微妙な反応。


PIC_1135











 


枝の上にいたオジロ鷲。


IMG_0014














飛び立つ姿も見れました。


IMG_0034











 

今年はちょっとサービスしすぎでしょーと
思うくらいに遭遇したキタキツネ。
人里に近いところにいたこのキツネは首の
後ろに大きな傷がありました。


IMG_0060

 

 

 

 

 

 



このキタキツネは一番愛想が良かった


IMG_0140













みんなでシカに夢中になっていると視界に
わざわざ入ってきて、目の前で座ったり
していました フフフ〜


IMG_0204













オスのシカがカチカチと角を合わせて
力の優劣を決めています。
何気に近いところなので、迫力満点!!


CIMG4694















最初は様子見なのか、ちょこちょこと
合わせる程度。


IMG_0227









 


だんだんと激しくなって


IMG_0229













凄い・・・超〜ガン見です・・・


IMG_0223













2匹の鼻息や唸り声がリアルでした。


IMG_0236













何度も何頭も見てきたエゾジカですが、こんな
シーンは貴重。
ここまで近くてじっくり見れたのは初めてで、
感動でした

スタッフ:WATABE

北海道ツアー 食編

2月26日(金)〜3月1日(月)
お待ちかねの食。

まずは・・・
カニが隅々までつまったお弁当。
女満別空港到着後のお昼です。


DVC00097














ホテルの夕食で新しく出来た「流氷カレー」。
ホウレンソウカレーをベースに作られたカレー
です。味は甘口ですが、最後にピリッと唐さが
きます。
辛いのが苦手な方にもお勧めです。

DVC00104














知床ラーメン。出汁が良い味出しています。


PIC_0152














岩ガキ。食べた感想は「絶品」だそうです。

PIC_0156














流氷ビール。地ビールの中でも季節感が
でていて見た目にもきれいなビール。


PIC_0019














そしてチョコフォンデュ
おもわず具を流してしまったり、いろいろ
あって面白い(^u^)

DVC00106














部屋へ持ち帰れる綿飴。
でも部屋まで残っていたことはありません。。。

PIC_0169














BBQは・・・。
北海道といえばジンギスカン。
とくにサービスさんで用意してくれる肉は
臭みがなく、柔らかい。


PIC_0056














一番人気メニューホタテバターご飯


PIC_0175














PIC_0185














たらば蟹あり!

PIC_0064














ごっこ汁。「ホテイウオ」の汁だそうです。
姿を考えるとちょっと・・・でも味は絶品です。
アンコウ鍋に似ている食感でした。

PIC_0059














BBQ、しっかり食べつくしましたぁ〜

PIC_0187














帰りは、空港にむかっている途中に
ジェラートやさん『りすの森』に寄りました。
一番人気は網走牛乳で作ったフレッシュミルク味!
おいしい

201003011145000


そして、ご当地限定のハマナスのビールで〜す。
色がきれい。あまいビールでトロピカルな印象。

201003011229001


北海道の締めは北海道カレー。
見た目よりも辛くないので食べやすい。
ごろっと入った大きな肉とジャガイモが
特徴です。


PIC_0212














海だけでなく、食も楽しみのひとつ。
食の北海道もぜひ堪能してみてね〜

スタッフ:WATABE

北海道ツアー 自然散策編

2月27日(土)〜28日(日) 
知床世界遺産散策。

その前に・・・知識を入れるべく、ホテルにある
映像で知床の勉強会。

NEC_0217











斜里を一望。普段は海の見えているところ
一面が氷で覆われてるのですが。


IMG_2660












山に入ってしばらくすると山の斜面にエゾジカ
の群れが見られます。
車や人に慣れているようで、まったく動じる気配
がありません。


PIC_0197














そんな中、立派な角を持ったオスのシカに
遭遇。縄張りをめぐって喧嘩するかとじっと
観察していましたが、力関係がはっきりして
いるようで、左のシカが近づくと右のシカは
一定の間隔を開けてよけていきます。


IMG_2827












一匹でいたオスのシカ。
迫力あるはずなのに、お尻の白いハート柄
がなんとも愛嬌たっぷり。

IMG_2678












羅臼岳。
雄大な景観は圧巻です。


IMG_2814












目的のひとつ、キタキツネさがし。
「コンコン」「ルールルルー」って、真顔で
言いながらさがしているんです。


NEC_0205











もう会えないかなーと思った時、サービスの
スタッフさんが「もう少し探してみましょう」の
一言。
その時、出ました!!キタキツネ〜!!


IMG_2696













そう、ひょこっと出てきたんです。
そしてこのためにズームレンズを用意してきた
Sさんは一番いい場所で激写


NEC_0201











その映像がこれです(*^^)v


IMG_2714












かわいいーりりしいー
そしてなぜかみんな「ルールルルー」・・・


IMG_2737













ちょっとむりくりな感じですが、一緒に
記念撮影まで出来ちゃいました


PIC_0146














大自然を感じて満足のポーズ!

PIC_0200














すごいところだなーってかみしめて、
そんな場所でダイビングもできて、
贅沢な時間を過ごすことが出来ました。


IMG_2846












フォト:SANOさん
スタッフ:WATABE

北海道ツアー その3

2月26日(金)〜3月1日(月)

2月28日(日) 
今日は港でも違う場所からエントリー。
一つ一つの氷の塊の重さが増しているような。
なだらかな水底に添って移動です。


IMG_2764













堤防の先端は氷が割れている場所があり、
そこからロープを使用。


PIC_0173














しっかり陸上チームの役割もできますよー。
でもなんだか釣りしているように見えるのは
なぜ??(*_*)


PIC_0170














氷同士が固まって大きな一つの氷に。
ぼこぼこした感じがけっこう気に入って
います。


IMG_2786












マヒトデたち。
いろいろな色がいるのですが、淡い青や
濃紺が可愛い


IMG_2783












バフンウニ。白い棘なんだとちょっと感動。
ウニといったら黒良い棘、のイメージが
かわりました。

IMG_2781












キタオオイボイソギンチャク?に似ている様な。
正確に調べられなくてすみません。
たぶん、そうかと・・・。

IMG_2778












氷の下に、吐いた泡がたまって水まりの
ように見えます。海の中なのに不思議です。


IMG_2766












そして、またまたクリオネが見れました(^u^)
でも、興奮しすぎて今度は体が浮き始め、
写真には収められず・・・
でも、しっかりと見ることができましたよ。


IMG_2760













コースで参加された方も、FUNで参加された
方も、無事アイスダイブを終了となりました。

今回は流氷の下でのダイビングとはいきま
せんでしたが、また次に目標ができました!
5ダイブ、楽しんでいくことができてよかった
です。

水温:−0,4〜+0.3℃
透明度:10m
フォト:SANOさん
スタッフ:WATABE

北海道ツアー その2

2月26日(金)〜3月1日(月)

2月27日(土) →夜に
朝から風向きが変わり、凄い風が沖から
吹いています。  
海大荒れ。・゚・(ノД`)

ということで、港の中の風をよけられる場所
でパックアイス。真っ白な氷がきれいー
チェーンソーで氷にエントリーホールをあけて
準備万端


IMG_2587












その近くまでは通常に氷をよけて移動。

IMG_2588












いきなり移動開始はせず、器材チェック。


PIC_0025














ホールからロープをもらって陸上チームと
コンタクトを取ってダイビングスタートです。


IMG_2594












光と氷の具合が最高です(*^^)v
ゆっくり潜降。

IMG_2580













氷を通して入る光がほんわかしてなごみます。


IMG_2577












ロープでコンタクトは大丈夫?
1回はロープ出してぇ〜
2回は大丈夫ですよぉ〜
3回は緊急事態発生早く引いてぇ〜


IMG_2628


















氷の割れ方が流氷っぽくないですか?
良い感じですよねぇ〜って盛り上がりです


PIC_0042














ダイビング終了後は雪の上でごろごろと。
遊んでいるわけではなく、ドライスーツの
塩を落としているんですよ。


PIC_0053














今日は充実のダイビング\(^O^)/
これから待ちに待ったBBQで~す。


201002271235000


水温:ー0,5〜1℃
透明度:〜10m
フォト:SANOさん
スタッフ:WATABE

北海道ツアー その1

2月26日(金)〜3月1日(月)

2月26日(金)
いよいよ北海道に向けて出発です。
羽田空港は朝から凄い人!みんなどこに
出かけるのかと思う程です。

DVC00094


女満別空港に到着後、知床半島に移動。
海が見えています(>_<)

氷は・・・ありませんが普段と違う装備への
慣れのため、そして目的の一つ、クリオネ
に会いに行ってきます


PIC_0001














透明度いいです〜。

PIC_0005














途中、クリオネ発見!!!
あまりの感動に、写真を撮るのもすっかり
忘れて気づいた時にはどこかへ行って
しまいました


PIC_0002














気を取り直して。


IMG_2513












ヒダベリイソギンチャク。オレンジの幹が
鮮やか。

IMG_2520













コモチイソギンチャク。地味なイメージのある
北の海でもカラフルな印象を与えてくれます。


IMG_2523













今日はFUNダイビングになりましたが、
水温や装備のチェック完了。
明日、どんなダイビングになるのかが
楽しみです(●^o^●)


水温:ー0,5〜+0,5℃
透明度:5〜8m
フォト:SANOさん
スタッフ:WATABE

ダブルタンクツアー

2月20日(土)

ダブルタンクツアー開催。
器材の微調整や、新しく組み替えた器材の
チェック、自分なりに試したいことのチェック
と、それぞれ黙々と準備をしていました

ダブルタンクはもともと2つのタンクが1つに
バンドとマニホールドで繋がっているタイプと
普段使用しているタンクをインディペンデント
という道具を使って2つのタンクを一つにする
タイプがあり、それぞれがセットして準備して
潜っていきました。

この時期の海は本当にきれいで、潜る前から
楽しみになるような、わくわくした気持ちに
させられます。

1ダイブ潜った後、また地道に微調整。
この時間もいいんです(*^^)v

2ダイブ満喫して沼津方向で昼食。
沼津港で有名な「丸天」の、新規にオープン
した店舗に行きました。

うまい


201002201520000


またダブルタンクツアー開催しますので
やってみたいという方は体験もできますので
ぜひお声掛け下さい。
ごつい男性???だけでなく、女性でも
バランス良く潜っていけるものですよ


ダイビング万歳











ポイント:獅子浜ビーチ
水温:14℃ 透明度:15m前後
スタッフ:WATABE

高所&淡水ダイビング

5月12日(火) 

平日本栖湖ツアー

本栖湖に逆さ富士がきれいに映っています。
富士五湖の中で、一番水深が深く、湧水が
ある湖です。

本栖湖

 

 

 

 

 

 

 

ブラックバスが群れでいました。これから
求愛の時期。だからなのか、同じところで
ぐるぐるまわっていました。

ビーチ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手を振っていると何気に近づいてきて、
警戒心なし??

ビーチ2

 

 

 

 

 

 

 

2本目はボートで湧水ポイントへ。
湧水ポイントは深度がビーチよりも浅いので
2本目に潜ります。
鏡のような湖面を滑るように進みます。

ボート

 

 

 

 

 

 

 

下から水が湧き出て砂を押し上げているの
ですが、写真より動画でとったほうがわかり
やすかったですね。

湧水

 

 

 

 

 

 

 

こんな穴がたくさん開いています。
深いものも浅いものも大きさもまちまち。
不思議な光景です。

湧水2

 

 

 

 

 

 

 

青い湖の色と抜けている透明度。
今度の日曜日の本栖湖も同じ状況だと
いいのですが。

山梨名物「ほうとう」で体の中から温まり、
満喫の1日でした。

ほうとう

 

 

 

 

 

 

 

ポイント:.咫璽繊´▲棔璽函湧水
水温:12−14℃ 透明度:20m
スタッフ:IWATANI、WATABE

北海道アイスダイビングPART2

3月6日(火)ー9日(金)  

アイスダイブ第2陣到着。朝は電車が止まっていたりとハプニングが
ありましたが、みんな無事着きました〜。
前日の5日は、低気圧の影響で風がすこぶる強く、海が荒れていました。
心配された状態も穏やかなになりひと安心。

6日は風向きが沖に向かって吹いていたため流氷がすっかり沖に出て
しまい、この日は初使用のフードやグローブ、水温への「慣れ」のダイビ
ングになりました。

さあ 潜るぞー

 

 

 

 

水はとてもキレイです  北の海って感じしませんね (*^o^*)

初 北海道ダイブ

 

 

 

 

初日はいままでで一番と言うくらいミジンウキマイマイが大量でした。

大量なんてレア??

 

 

 

 

バーべQの準備が出来るまで、そりで遊ぶ男性2名・・・
おおはしゃぎです。

休憩中

 

 

 

 

カニ〜♪イカの一夜干し♪牡蠣♪いくらご飯♪ジンギスカン♪ etc・・・
この旅行のもうひとつの目的「食」。 おいしいものづくしで満腹&満足。

海の幸いっぱい

 

 

 

 

特製一夜干し

 

 

 

 

高台から見た景色です。岸にぎっしりと流氷が漂着している様子が
一望できます。

来た来た 

 

 

 

 

いよいよ流氷の下に潜ります。人がいなくてのびのびと潜れるのは
やっぱり平日の特権??

準備

 

 

 

 

エントリー。いままでで一番ダイナミックな景観の氷が多かったように
思います。水中にぼこぼこ突出している氷は圧巻!!

ペネトレーション

 

 

 



光と海の青さと流氷のダイナミックさに言葉がでません・・・

水中から見た流氷

 

 

 

 

アイスSPも無事終了〜 おめでとうございます
来年も食べに・・・ではなく、潜りにくるぞーと誓っていました。

全員で

 

 

 

 

ダイビング後に世界遺産:知床半島羅臼岳を見に行きました。
真っ白な雪をかぶった山脈と空の青さがすばらしかったです。

世界遺産:羅臼岳

 

 

 

 

オホーツク海に広がる夕焼け。

オホーツク海に沈む夕陽

 

 

 

 

ポイント:北海道知床半島ウトロ(オホーツク海)

気温:−4〜+6度  水温:−2〜0度
透明度:5−10m

 

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ