DIVE HOUSE MISS TAHITI ツアーログ&コース開催報告! 

ミスタヒチが送る、気になる今の海情報やツアー&コースをご報告する現場ブログ♪

千葉・房総半島

房総半島・伊戸(いと)ボート

3月8日(土)  



シンガポールのシンボル、マーライオンです。
と、いうことは・・・


マーライオン




























今週は、シンガポール という気分で、房総半島サメサメ尽くしダイブにきました。
クエの絵をバックに、とりあえず、気合??の集合写真。


暴走ダイバー




























水中は、残念ながら春濁り
透明度は3〜5mというところ。水面近くは青く抜けていましたが、まあ、これも自然が
あいてということで。


ドチザメ (2)




























体長1m以上のアカエイ。このサイズがゴロゴロいます。


濁りの原因




























そして、このアカエイが見事に砂を巻き上げてくれるので、透明度はさらに悪化
にじり寄りをしながらサメの中に潜んでいくMさん。


にじり寄り




























ドチザメの群れはすごかった。形がかっこいいですね。ぐるぐると回ってくれていました。


ドチザメ (1)






























ドチザメ (3)






























ドチザメ (4)




























目の前でぐるぐるとサメが動いている様子
砂が激しく舞って視界不良にしているのは足元にいる巨大エイの仕業です。







これだけのサメが見られるのは、やはり圧巻です


窒素がたまりやすい深度なので、控えめに浮上開始&安全停止。


安全停止 (3)






























安全停止 (1)





























W.TAKASHIさんの新しいマスクのスカート部分が光ってます
新品はやわらかいので快適ですね。


リニューアル































安全停止 (2)




























ダイビングあと、近くの公園?に寄贈されたマーライオンを見に行きました。
TOMATOMA、そのポーズはプジョーです・・・



マーライオン風?





























明日、透明度復活してくれるといいですねー。


一足違い・・・





























ポイント:東ブイ
水温:12℃ 透明度:3〜5m
映像:UMIBON
スタッフ:WATABE

房総半島:西川名

5月9日(金)夜出発。 曇のち雨

週末2日間は
「半島横断!マグロの宿に泊まるぞ食べるぞ!」ツアー。
勿論ダイナミックな海が目的なのは言うまでもなく・・・。
房総半島:館山先にある現地の宿へ。

川口線から湾岸B〜海ほたる経由で千葉へ。
普段のルートとは違って景色が新鮮。お台場を横目に
羽田・海ほたると、夜景絶景コースを通ります。

海ほたる

 

 

 

 

風がびゅーびゅー。のんびり対岸の羽田の夜景を見て・・・
なんて雰囲気は皆無でした

10日(土)の状況はというと、雨・風は吹いています。が、
風向きのおかげで海は穏やか。そして蒼い!
100%の確率でヒゲダイとモロコに逢えるポイントAへ。

ポイント

 

 

 

 

比較的流れの入る場所なのでシグナルフロートを含む
安全グッズ必携で潜ります。
エントリー後の様子。群れ凄かったですよ。

群れ♪

 

 

 

 

いましたモロコ!!おっきい〜!!
人ひとりがいるのと同じ大きさ。

主「モロコ」

 

 

 

 

そしてアイドル「ヒゲダイ」。
同じ向きでいつも整列しているのが笑えます。

ヒゲダイ

 

 

 

 

水底にはクマノミも。ついついワイドになりがちですが、
マクロもじっくりさがすとおもしろいところなんです。

クマノミ

 

 

 

 

水面・水中ともによく流れました。
1本目は素でドリフト手順浮上になったり、2本目は
流れ対策用ガイドロープ(チェーンではなくロープの
部分)が戻り途中で無情にもプチンと切れて・・・

お初の経験が数多くあった西川名。
K林さん、30本記念おめでとうございます!!

そしてフェリーで車ごと三浦半島久里浜へ。
そう、今回の目的のひとつ「マグロの宿」へ移動です。

刺身にカマに煮付けにと、盛りだくさん過ぎて食べ
きれないほど。
夜は、グリーンマイルにはまって結局眠いながらも
最後まで見てしまった面メンバーでした(^_^;)

マグロ〜

 

 

 

 

ポイント:西川名ポイントA、B
水温:16-18℃ 透明度:10−15m
フォト:M室さん

スタッフ:WATABE

房総半島・波佐間で安全祈願ダイビング

強風の為、西川名からポイント変更し波佐間に潜りました!
ラッキーなことに、今日は水中神社にお参りをする日だったので、
安全祈願の絵馬奉納と神社にお参りをしてきました。
これで、1年間?は安全に楽しくダイビングすることができそう・・・

絵馬奉納

 

 

 

 

 

 

皆の安全ダイビングの願いが書かれています。
水中神社の主?コブダイ頼子さんの登場です!
頼朝くんだと思っていたら、違っていました。コブダイのヨリトモくん

 

 

 

 

 

 

大きなコブダイで、側にいると迫力満点!ゴツイですなぁ〜

移動途中にキビナゴの大群に遭遇
キビナゴの姿がいつまでも、いつまでも続きます。
いったい何千匹?何万匹?いるんだろう

岩陰にマツカサウオ発見!マツカサウオ

 

 

 

 

 

 

水中は少し濁りが入っていましたが、春を感じさせる様子
生物が豊富で、ハリセンボン、イラ、オルトマンワラエビなどなど・・・
強風の影響は波佐間にもあり、ミスタヒチチームは1ダイブで終了

その後は、さいたま店BLOGでもお知らせした様に
ビーチコーミング三昧です(*^_^*)

房総半島と三浦半島をつなぐ東京湾フェリーで
浜金谷から車ごと船に乗り込みます。東京湾フェリーに乗り込みます!

 

 

 

 

 

 

 

東京湾フェリーに乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

 

船に並べられたタヒチ号とは、ここで少しの間お別れ
ミスタヒチの一行は、客室に移動し・・・爆睡(^_^;)
唯一起きていたF井さんは、
皆、身動きひとつしていなかったと感心?笑ってました。船の中に並んでいるタヒチ号

 

 

 

 

 

 

あ〜っという間の30分。三浦半島久里浜に到着!三浦半島に到着!

 

 

 

 

 

 

昼寝をし、元気を取り戻した私達・・・ビーチコーミングする?と
今度は、三浦半島のビーチでコーミング♪ビーチコーミング中♪

 

 

 

 

 

 

PHOTO BY/YASUO FUJII

房総半島:波佐間
天気:晴れ・風強し
水温:14℃
透明度:7m

スタッフ:SHIMADA

房総の海!西川名2ボート

11月29日(木)

前日、21:00川口店集合。

そのまま、アクアラインを通って、
房総半島、西川名へ向かいます

時間帯の影響もあって、24:00前には到着!

とてもキレイで、設備も整っているお宿です(・◇・)ゞ

朝食も料亭のよう・・・

朝から風がビュービュー音立てていた状態なので、

「西川名は潜れるのだろうか・・・

と不安でしたが、ボートは大丈夫とのこと 

良かった。。。

1本目:V字谷
水温:20℃ 透明度:20m以上〜!!!!

西川名のポイントはとても広く、

1ダイブで回ることは結構厳しいポイントです。

地形は岩場が広がっており、周りの地形も

西伊豆を思わせるかのような豪快さ

今回は、V字谷というヒゲダイ、クエがいるポイントへ・・・

潜降後、真っ青な海の色と透明度にビックリです!

青ーい!!

 

 

 

 

完全ブルーウォーターダイブ

最大水深、20m程で、外海とあって流れが入っていました

下のほうはそこまでではありませんが、

水面近くは、ロープに捕まっていたら、

鯉のぼり状態になるほど

さすが、外海といった感じです!!

ただ、水底には、チェーンが引かれているので、

もし流れに体が持っていかれそうになっても、

そのチェーンをつかんで、進むことができます

群れ多し!

 

 

 

 

水底には岩場が広がっていて、

イソギンチャクの中にはクマノミやミツボシがいます。

勿論、大物は、1m級のクエや、60cm以上のヒゲダイなど、

バラエティに富んだ生物がたくさん!!

ブルーウォーターな海♪

 

 

 


根の上にヒゲダイが群れてます〜♪ 

ヒゲダイの群れ

 

 

 

 

大きい〜!

 

 

 

 

オレンジ色のキンギョハナダイがたくさん!!

スズメダイの群れ〜♪

 

 

 

 

2本目:V字谷
水温:18℃ 透明度:10〜15m

水面での風が強くなってきて、少々白波が見える感じです。

若干透明度は落ちましたが、それでも海は青〜い♪

30cmくらいのコロダイが群れています

房総の海は、大きい魚が本当に多いんです

少々流れはありましたが、1本目より収まってました。

V字谷という、岩場の間には、巨大なクエが!!

あの目で見られると、ちょっと恐いですね〜(*/д\*)

魚影が濃い濃い〜!あっという間のダイビングでした

2本目は、房総の海に慣れてきたのか、
少し余裕ができましね〜!!

潜ったあとは、西川名近辺の食事所へ

刺身、煮魚、焼き魚ありのお店ですが、

結構皆さん絶賛していたのが、磯風味のパスタ

サザエがたっぷりで美味しいらしい

久々の房総半島、西川名!!

伊豆とまた違った海が楽しめるところですょ(*⌒▽⌒*)

スタッフ:Shimada Tsurusaki  Iwatani 

PHOTO BY 藤井さん、若山さん

 

房総半島:西川名リベンジ

2月22日(木) 

前日夜に出発してサービスの近くの宿で宿泊。ここの宿の朝食は
いつ見ても凄いの一言・・・。朝のメニューに見えませんね。

*注:朝食です!

 

 

 

 

50本記念のT橋さん、前回出船というところまでいっていたのに
天気の急変で船が出せなくなったリベンジのS藤夫妻。北海道に
向けて肩慣らしのK津さん。海も貸切なのでのんびりと過ごせます。

いくぞー

 

 

 

 

波ひとつない西川名は穏やかで良いですねー(^v^)

おだやかー

 

 

 

 

西川名といえばヒゲダイ・モロコ。今回も健在でした。

ヒゲダイ★ヒゲダイ@

 

 

 

 

モロコでかっっ

 

 

 

 

安全停止中です。50ダイブ奇異年おめでとうございます 

記念ダイブ

 

 

 

 

1本目の流れも2本目はおさまって、地形&モロコをじっくり堪能しました。

リベンジOK

 

 

 

 

お昼もやっぱり盛りだくさん!!食はかかせませんね。

もちろんお昼も・・・

 

 

 

 

ポイント:西川名ボート
水温:16度
透明度:15−20m

前日夜発!房総 西川名へGo!

前日夜は新年会。。。
飲みたいのを我慢して??一路南房総へ。

朝はしっかりとおいしい民宿の朝食を頂き、元気もりもり!
ビシッと潜りましょう!

西川名は海況良好!
ここは潮の流れが速くなることが多々あり、ガイドチェーンが
海底に張ってあります。そしてダイビングボートもちょっと変わった造り。
黒潮の恩恵を受ける海ならではですね!

そして、ENすると。。
ぴやぁっとブルーウォーターです!!!
すっごい透明度!20mオーバーですね!
南の島のような透明度!







魚もびっちりいますよ〜
魚影も濃い!







大物も結構います!!
こんなのもいました!







そして、西川名と言えば、モロコとヒゲダイのオンパレード!
今日も大きな個体がウジャウジャいます!
ヒゲダイ&モロコの群れ群れ群れ〜!








どこもまでも抜ける青い海でした!
安全停止も楽しい♪







帰りは保田漁協直営の磯料理屋で食も満喫!
豪快な千葉の海でした!

。峪谷 ▲汽畄
水温:16℃
透明度:20mオーバー

PHPTO BY/
KATSUHIDE MIYAUCHI
kOJI INOUE

 

平日ツアー房総半島 勝浦2ボート

9月21日(木) 勝浦2ボート 天気:晴れ

20日、南浦和駅に集合し千葉県外房の勝浦へ向けて出発!
渋滞もそんなになく、車で約3時間位で勝浦に到着です。 

来ましたー!外房勝浦。 
勝浦は豪快な地形で、さすが外房といったところ!
何かでるといいな〜なんて期待を胸に。。。

朝食は、お宿でしっかり海の幸を食べて満腹。
H.Sさんのご飯は山になっていて、思わず目がテン。。。
まるで、マンガのような盛りでした(笑)

さ〜1ダイブ目!ボートに乗ってポイント:イソムラに到着
凄くうねっていてビックリでした!!
マスクしてないと、波しぶきが顔にかかるくらいですっ(><)

休憩中

 

 

 

 

昼寝はいいね〜

 

 

 



海中の地形は豪快でした。
流れも豪快・・・流れが激しいところは、
岩につかまってないと厳しい状態です。
いや〜、ドリフトのようですね〜笑”
みなさん、上手〜く流れに乗っていました(`∀´)v

途中に大きなヒラマサに遭遇!60センチはあったようです!!
群れはいっぱ〜い♪
もうちょい、透明度が欲しかったかな。。。(ゞmゞ)

安全停止中も流れがすごくてすごくて、鯉のぼり状態・・・
やっとの思いでエキジット。
次の日筋肉痛かも〜なんて話もでてたり…(´Д`;)笑
あのボートの揺れは、本当にすごかった。

海は流れて凄かった〜(>_<)

 

 

 

 

 

 


帰りに東京湾アクアラインを通って、”海ほたる”に寄りました。
海の中から見る外の景色は、海中とはまた違っていて、格別ですね。

イルカに乗ってます〜

 

 

 



外房ならではの豪快な勝浦は、地形&ドリフトを満喫しましたっ
楽しい〜♪ぜひ、またトライしたいですね!!

1本目→ポイント:イソムラ
     透明度:8〜10メートル
     水温:23℃

2本目→ポイント:イソムラ
     透明度:3〜5メートル
     水温:24℃

波佐間でドボン

巨大モロコに会うぞ!房総半島:西川名(にしかわな)ツアー

夜のうちに出発して現地の宿でお世話になります。
途中、レインボーブリッジ〜お台場〜羽田空港の夜景を
楽しみながら移動。
翌日は朝食の量にびっくり。朝からすごいです。
今度は夕食もお世話になりにきます!

宿の朝食

 

 

 

 

現地に着くと風がだんだん強くなってくる予報が。急いで準備
開始。いままでで一番のスピードでした。
港についていよいよというそのとき。
「大島で風速13mが観測されたってー」サービスさんの声・・・。
西川名は大島での気象情報が重要で、1時間しないうちに
西川名の天気も同じ状態に変化してしまうんです。
潜っている間に状況が変わることが予想されるため、急遽中止
なりました。
強風にて・・・

 

 

 

沖の様子にも変化が・・・。

西川名残念

 

 

 


西川名のボート前で記念撮影。いやー残念
またリベンジを誓って波佐間(はざま)に移動しまーす。

ここは海中公園のある場所。水中にある鳥居と祠は有名で
年末年始には初詣??で人気スポット。

波佐間に移動

 

 

 


段取りOK.出船でーすっっっ

準備万端

 

 

 


水深15−18mに広がる砂地に根が点在していてその1箇所に
祠発見。

みんなそろって

 

 

 


地層が面白くてウミウシもたくさん見られましたよ。

お尻のふさふさ

 

 

 


いろいろあったけれど、帰りは温泉&てんこもりのイカ掻き揚げ丼♪
で満足満腹。

イカの掻き揚げ丼

 

 

 

 

イカの煮付け♪

 

 

 

 

帰りは海ほたるに立ち寄りました。イルカのオブジェをバックに
超〜強風の中の1枚です 

うみほたる

 

 

 

 

千葉といえば落花生。絶品です!!是非是非食べてみてください。

千葉県名産「落花生」

 

 

 

 

ポイント:波佐間ボート 天気:のちのち
水温:15度  透明度:〜9m??
PHOTO BY HIROTAKA・S

波佐間ボート改め西川名ボートへ!

房総半島ツアー2日目。前日の雪がうそのように快晴〜(^о^)/
強風はおさまらずポイントは再び西川名へ。
前日にいけなかったポイントとヒゲダイにリベンジです。
今日は快晴

 

 

 


太陽はありがたいですねー。移動も幸せです。

移動もあったか

 

 

 


AポイントはV字谷といって水深20m以深から切り立った2つの
大きな根があり、その間を抜けていくと周辺にアゴにひげが生え
ているヒゲダイとコロダイとモロコがうじゃうじゃ群れていました。
小魚の群れじゃなくて大物の群れですよ!
地形いいです

 

 



谷を抜けるとヒゲダイの群れ。でもうしろ向かれちゃいました。

ヒゲダイ 群れ

 

 

 


ヒゲダイ正面です。結構へんな顔ですねー。
ヒゲダイ 正面

 

 



そしてモロコにも遭遇。1mから1,5mクラスの巨体がうろうろ。

モロコ再び

 

 

 


マウスクリーニング中。人の頭がまるまる入ってしまうくらい
大きな口です。
吸い込まれる〜

 

 

 

波佐間は残念でしたがヒゲダイ&モロコ堪能の2ダイブ。
船で2−5分の移動で、しかも水深20m前後で1m以上の
大物に確実に遭遇できるのはすごい海です!
黒潮当たる房総半島の海の豊かさを実感した2日間でした。

ポイント:Aポイント〜V字谷 水温:14度 透明度:15−20m

雪だ吹雪だ西川名(にしかわな)だ!

週末の房総半島ツアーは雪で始まりました。
深々と雪が降り始めた朝に房総半島に向かって出発。
道に積もる前に出来るだけ移動です。
途中うみほたるで休憩を入れた時は強風で吹雪き〜に
なり、木更津では雪が積もり始めていました。
吹雪の海ほたる

 

 


 

この日は内房の西川名に潜ります。
ヒゲダイ&巨大モロコが見所のポイントで、ビックサイズの
魚達が群れているのは見ごたえがあるポイントです。
現地に着くと強い風とともにみぞれが降っていました。
雪ではないところが暖かい証拠ですね。
船が出せると聞いて準備開始ですが、こんな日は段取りの
素早さが暖かい状態を維持するコツです。

セッティング〜

 

 

 



出船。

 

 

 



陸上はさておき、水中はびっくりするくらい青い海&暖かい♪
みんなの動きも一変、とっても活動的です。
水深15mを5分ほど移動して根に着くと、いきなり来ました!
超〜超〜超〜巨大モロコ♪です!!
巨大モロコ

 

 




大きさ比較

 

 

 

 



1ダイブ終了


 

 

 

寒さもどこへ。「1,5mはあったよねー」と興奮気味。
お昼〜

 

 

 


冷えた体もお昼をはさんでゆっくりと暖めます。
2本目は波が大きくなってきたので近場の漁礁に潜ります。
水深は10m前後と浅瀬ですが地形もなかなかのところです。
漁礁

 

 


 

イシガキフグ

 

 

 


体調30−50cmのイシガキフグが群れていました。
かわいいですねー。

温泉

 

 


 

ダイビングポイントから5分ほど走った所の温泉へ立ち寄りです。
晴れていると大島から三宅島まで一望できるんですよ。
ミスタヒチグルメ番付上位に位置する食の宿へ。
食べきれないくらいの海の幸を堪能して翌日の波佐間に備えて
栄養補給も万全です。

ご馳走

 

 

 



宿の前で

 

 

 

 

ポイント:Bポイント 漁礁  水温:15度 透明度:20m 

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
最新トラックバック
Archives
  • ライブドアブログ